画像: 浅草でご当地食材が楽しめるイベント『ふるさと食堂』開店!/7月18日(木)の東京イベント

浅草でご当地食材が楽しめるイベント『ふるさと食堂』開店!/7月18日(木)の東京イベント

浅草の商業施設「まるごとにっぽん」3Fのカフェにて、ご当地食材を使ったメニューが登場する『ふるさと食堂』が開催中。
『ふるさと食堂』では、「おすすめふるさと博覧会」(15日に終了)に参加の12自治体および地域のご当地食材を使った定食、軽食、スイーツ、ドリンク12種類を期間限定で味わえる。高知県四万十町のポークと茨城県筑西市産の野菜のせいろ蒸しに、岩手県平泉町産のひとめぼれを組み合わせた定食など、地域食材のコラボレーションを楽しめるのも特長だ。
編集部のおすすめメニューは「上石高原こんにゃくラーメンとちりめんひじきおにぎり」の定食。ラーメンには岩手県上石高原町(備後圏域)の特産品である在来種のコンニャクイモを使用し、鶏チャーシュー、鶏だんご、つみれをトッピングしている。プチプチした不思議な歯ざわりのラーメンは、広島県呉市産のひじきを使用したおにぎりにベストマッチ!
そしておすすめスイーツは「西之表産安納芋かき氷」。鹿児島県西之表市(種子島)産の安納芋を使った濃厚なシロップと新鮮な牛乳のシロップがたっぷりかかったサラサラのかき氷に、お好みで黒糖が原料の自家製黒蜜を回しかける。食べ進めるとさらに小豆と白玉だんごが出てくるなど、ボリューム満点のうれしい一品だ。
そのほかにもご当地食材を使ったメニューが盛りだくさんで、期間中何度も通って全メニューを制覇したくなるかも? 『ふるさと食堂』は「まるごとにっぽん」3Fの「Café M/N」にて7月21日までの期間限定で行われている。
『ふるさと食堂』
【期間】2019年7月5日(金)~7月21日(日)
【時間】11時~21時(L.O.フード20時、ドリンク20時30分)
【会場】「まるごとにっぽん」3F「Café M/N」(東京都台東区浅草2-6-7)
【URL】https://marugotonippon.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.