画像: 石渡が憂流迦戦に全身全霊「28日以降の人生は考えていない」【7・28 RIZIN.17】

石渡が憂流迦戦に全身全霊「28日以降の人生は考えていない」【7・28 RIZIN.17】

1年7カ月ぶりの復帰戦で佐々木憂流迦と対戦
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する石渡伸太郎が7月19日、都内で公開練習を行った。
石渡は2017年の大晦日に堀口恭司に敗れて以来、1年7カ月ぶりの試合で佐々木憂流迦と対戦する。
2人の間には修斗の環太平洋バンタム級王者時代の佐々木が2014年にパンクラス王者の石渡に対戦を迫ったという過去がある。
その後、佐々木がUFCに参戦し、2人の対戦は幻に終わったのだが、5年半の時を経てRIZINで実現することとなった。
石渡はこの日は現DEEPストロー級王者の越智晴雄を相手に2分間のミット打ちと2分間のマススパーを行った。マススパーは越智が長い棒を持ち、リーチの長い佐々木を想定して遠めから越智が棒で石渡を攻撃するというもの。
佐々木vsケイプ戦を見て「思っていたより“させない”何かをしている」と警戒
このトレーニングについて石渡は「ちょうどあれが佐々木憂流迦のリーチだろうという想定でやってます(笑)。今日は入るところまでは見せないようにしました」とその意図を説明する。
首を痛め長期欠場していたのだが、仕上がりについては「いいですね。コンディションもいいですし。楽しみです」と話し、1年7カ月というブランクについては「そのへんはやってみないと分からないなという感じ。今まで1年2カ月くらい空いたことはある。まあ、大丈夫だと思います。昨日今日始めたわけではないので(笑)」と慎重な言い回し。
この日は佐々木も公開練習を行い石渡について「穴は見つけた」と発言。これについて石渡は「教えてほしいですね(笑)。なるべく穴がばれないように今日も公開しない公開練習を心がけてやりました」と百戦錬磨のベテランらしい切り返しを見せた。
佐々木については5年半前の対戦アピールについては「このやろうぶっ飛ばしてやろうかなと思った。内心はむかついていた。畜生と思ってました(笑)」と当時を振り返るが、佐々木のUFC時代には一緒に練習をしたことも。現在は「彼もリスペクトしてくれているし、僕も彼の試合を見てガッツのあるし強い選手だと思ってリスペクトしている」と最初の印象とは大きく変わっているよう。そして「当時よりいろいろなことをやるんじゃないかなという印象。当時は一芸だけという感じに見えた。今は打撃も含めトータルでやる選手になったのかな。まあそれはUFCでやればそうなるのかなと思っている」と話し、佐々木の前戦のマネル・ケイプ戦については「ケイプの粗さという印象。でもあれだけケイプ相手にコントロールして完勝したので試合になると強いんだなという印象はあります。思っていたより、“させない”何かをしているんだと思う」などと評した。また一緒に練習した時は「全然手の内見せないじゃんという印象。いつかやるかもしれないって意識したいたんですかね。僕は気にしてなかったんですけど」などと話した。
堀口vsコールドウェル戦については「すげえしかない」
石渡、佐々木ともにRIZINとベラトールのバンタム級2冠王である堀口恭司との対戦を狙う同士ではあるのだが、石渡は「本当に今回の試合次第。2人でぐっだぐだの試合をしてりゃ、何も発言できないだろうし、突き抜けるような試合をすればある程度の発言権もあるかもしれない。僕も今回の試合のことしか考えていない。28日以降の人生は考えていないです。憂流迦に勝つまでは静かにしています」と佐々木戦に全身全霊をかけて臨むつもり。
その堀口のダリオン・コールドウェルから王座を奪取した試合については「すげえしかない。“あれに勝つか?”という感じ。勝ったこともすごいし、2人の動きもすごい」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.