画像: 小栗旬「瑞々しさに当てられた!」新海誠監督最新作『天気の子』公開

小栗旬「瑞々しさに当てられた!」新海誠監督最新作『天気の子』公開

新海誠監督の最新作『天気の子』の初日舞台あいさつが19日、都内で行われ、新海監督始め、醍醐虎汰朗、森七菜、吉柳咲良、本田翼、小栗旬の主要キャストが登壇した。
天候の調和が狂って行く時代に、運命に翻弄される少年と“祈る”ことで空を晴れにできる不思議な力を持つ少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。
小栗は、物語の中心である主人公たちの行動を見守って思いを受け止めるという大人という役どころ。「参加させていただけて光栄です。いつアフレコに行っても、みんなが初々しくて。その瑞々しさに当てられて、日々を過ごしていました。今日も出番の前に、みんなが“緊張するね”“緊張してきちゃった”というのを聞いていて......取り戻さなきゃな、その気持ちと思って、今ここにいます」と、笑った。
一方、「初々しい」面々はどうたったのかというと、醍醐は「あこがれの俳優さんなので、1ファンとして観察してしまった」。小栗は笑って「まさか観察されているとは思っていなかった。僕が声をやらせていただいているときは、七菜ちゃんが僕の娘の声をやってくれて、非常に楽しい時間でした。すごい上手なんです」と、話した。
その流れで、新海監督は、醍醐が小栗が通り過ぎるたびに「いいにおいだ」といつも言ってたことをさらっと暴露。すると、醍醐は「すごい香りがするんですよ。実は小栗さんに何を使っているのか聞いて、ちょっと高いなあと思っていたら、小栗さんが次に会う時に買ってきてやるよと言ってくれて、今日、香水をいただいて、つけています!」。小栗は「ありがとうございます! 好感度が!」と照れた。
本作の魅力について聞かれた本田は、「監督のやり遂げる力とかが全部(主人公の)帆高くんに乗り移っている。帆高くんの真っ直ぐで、周りも見ず、周りの何を言われても聞かず、突っ込んでいく姿勢は、大人の自分たちから見るとすごく無謀に見えるんです。止めたくもなるんです。でも止めるその気持ちさえも変えてしまう、すごい力を感じた」
熱っぽく語る本田に小栗は、「......いやあ、すごいいいお答えですね。素敵だなあ」と一言。そして自分自身も「純粋さみたいなものは素晴らしいなと思いましたし、勇気をもらいますよね。監督が(この映画は)もしかしたらわがままな選択かもしれないと言ってましたが、そのわがままな選択することがなくなっていく瞬間が多くて。それを若いからできると言わずに、いつまでも選択できる自分でいたいなと思いました」
前作『君の名は。』は大ヒット。本作も15時点で対『君の名は。』で118%を記録した。新たな記録を作りそうだが、新海監督は「当たり前のことかもしれないし、大それたことかもしれないですが、年に何百本もある映画の1本にすぎないし、無数にあるエンターテインメントの1本にすぎないわけです。生きていればいろんなことがありますが、この映画を見て、楽しい気持ちに少しでもなっていただるのであれば」と、控えめだった。
映画は公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.