画像: ハヤカワ五味の新たな挑戦、モノを通じて課題を解決する 「生理用品という語られてこなかった文化に、光を照らしたい」

ハヤカワ五味の新たな挑戦、モノを通じて課題を解決する 「生理用品という語られてこなかった文化に、光を照らしたい」

“~になりたい”――。女性が思う“Be”の部分にフォーカスを当て、さまざまな立場の女性ゲストを招き、仕事や育児、ライフスタイルなどについてクロストークを展開するTBSラジオの新番組「Be Style(ビースタイル)」。
Nagatacho GRiD[永田町グリッド]にて公開収録された今回の放送は、MCを務める菊池亜希子さんとともに、株式会社ウツワ代表取締役、ファッションデザイナーのハヤカワ五味さんが登場。
ウツワという社名に込めた思い、そして新規事業として始動した“生理用品の開発”について展望を語った。
胸が小さい人向けのランジェリーブランド「feast」や、細身向けワンピースブランド「Double Chaca」などのアパレルブランドを、2015年、18歳の時に設立したハヤカワ五味さん。『Abema Prime』や『モーニングCROSS』といったメディアに登場するだけではなく、インフルエンサーとしても大きな注目を集める現代的な経営者の彼女だが、「ランジェリーブランドを起業をするつもりはなかったんですよ」と振り返る。
「ほしい人がいれば......くらいの気持ちで始めたんですね。それこそ友達くらいの距離感で広まればいいなくらい。ところがTwitterで告知をしたところ、ビックリするくらい反響があって。胸が小さいことで、下着に困っている人がこんなにいるんだと、私自身、とても驚いたくらいです」
もともと、「ゲームのグラフィックデザイナーになりたかった」だけに、「feast」を仕事にするべきか大学4年生の段階でも悩んでいたという。
「単にモノ自体を売るだけではなく、モノを通じて課題を解決したいという思いからランジェリーを作りました。下着を通じて、多くの女性が喜んでくれる姿を見て、“だったらモノを通じて、もっと何かできるんじゃないかな”と。ですから、企業すること自体に意味はなく、あくまでツールの一つに過ぎないと思っています。会社は、事業や人間を守る器であるべきだし、そうあり続けたいなって」
ウツワという社名に込めた思いを、彼女はそう語る。
「私自身、デザイナーではありますが、大学はグラフィックデザイン学科に在籍し、広告などを学んでいました。どうお客さんに伝えるか、発信するかといったことを設計することに関心がありました」
“キュ~トでクレバ~な経営者”と自ら名乗り、貧乳ではなく“品乳”と綴るなど、ハヤカワさんの伝える力は、若い世代を中心に多くの支持を集めている。「経営者だからこそできる発信もある」と微笑む。
「何も発信しないと“女子大生経営者”などなど、勝手に世間から呼び名をつけられてしまう。自分としては、容姿や条件的なことではなく、“ハヤカワ五味ってどんな人なの?”ということが分かるように伝えたいわけです。どうせなら自分から注目してほしい部分を発信した方がいいですよね」
生理は恥ずかしいことではないはずなのに......
今、ハヤカワさんは新しいモノを通じて、新たな課題を解決しようと奔走している。生理用品の新規事業――。「イルミネート(illuminate)」と名付けられたブランドを展開し、布ナプキンやタンポン、月経カップなどの新型生理用品の流通拡大を目指している。
「illuminateには、“照らす”、“明解にする”“(定義を)はっきりさせる”などの意味があります。生理を恥ずかしいと思ったり、話しづらく感じたりするカルチャーを変えていきたいんですよね。そのためには、今まで語られてこなかった生理用品という文化に、光を照らして、クリアにしなければいけない。もっと豊かな議論が交わされてもいいはず」
たしかにドラッグストアで生理用品を買う際に、どこか照れくさく、そそくさと会計を済ませてしまう人は少なくないはず。生理ってヘルスケアの話のはずなのに、なんでセクシャルな領域の話になりがちなんだろう? それってたしかにおかしいよね。「生理=恥ずかしいこと、という文化の背景がある」とハヤカワさんが指摘するように、知らず知らずに目を背けることが日常化している人も多いのでは?
「指を切ったら絆創膏を買いに行きますよね。本来、生理用品だってそれくらいフラットな感覚で買ってもいいと思うんですよ。“けがしても元気!”みたいなことって絆創膏には書いてないじゃないですか? なんで生理用品だけ主張の強い商品が多いんだろうって(笑)。デザインだって、もっとフラットでもいい」
血が出たから絆創膏を買う、咳が出るからマスクを買う。その際、自分が求めているものを選ぶはず......なのに、生理はそういう感覚からはほど遠い。「選択肢の幅を広げたい」。ハヤカワさんは声を弾ませる。
「女性の中でも生理痛が重い人とそうではない人がいます。女性同士でも理解が進んでいない部分もある。女性の場合、生理痛は働き方にも関わってくるテーマ。生理を取り巻く環境や用品に対して、関心や理解をアップデートさせる必要があると思うんですね。生理用品を自分の意思で選んで、「選ぶことって大切なんだな」って小さな発見になれば。「イルミネート(illuminate)」を通じて、主体的に選ぶことの大切さ......そういった気づきにつながってくれたらうれしいです」
現在、「イルミネート(illuminate)」は、青山ブックセンター本店内に、生理用品のショップ・イン・ショップを展開中(7月29日までの期間限定営業)。8月6日からは大阪の梅田大丸店でも限定出店の予定だ。
今回のポップアップショップでは、オーガニックコットンのナプキンや月経カップといった新型生理用品に加え、生理やフェミニズムを知るきっかけとなるような雑誌や文庫、絵本を同時にディスプレイしている。パートナーとともに話したり、意見を交換できたり、そういったきっかけになるような工夫が施されている。「モノを通じて課題を解決したい」、その思いは昔も今も変わらない。
「自分が大事にしていることを、折を見て見返すこと。最初の目的からずれていないか? 私はそういう思いを持って、どうしたかったんだっけ? と思い出すようにしています。目的と手段って入れ替わりやすいんです。Twitterのフォロワー数を増やすことって、目的のための手段であったはずなのに、いつの間にか増やすことが主になっている......なんて人は多い(笑)。きちんと目的を見直して、先に進んでいくことが大事ですよね」
『feast(フィースト)』は“品乳ブラ”として、女性の日常に革新的な一石を投じた。「イルミネート(illuminate)」もまた、再び私たちに考える機会を与えてくれる新しい光になりそうだ。
【番組INFO】
アクティブオーガニック「Be」presents「BeStyle」は、TBSラジオで、毎週土曜午前5時30分~6時にオンエア。radikoでも聴取可。詳しくはHPを参照。
https://www.tbsradio.jp/be/
また、当日の模様は、以下のYoutube「Be Style」チャンネルからも視聴可能。
あなたの「なりたい」が見つかるかも――。
https://www.youtube.com/watch?v=ROpgQOhWFs4

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.