画像: 宮迫博之と田村亮が会見「突然、引退会見か契約解除か選べと言われた」

宮迫博之と田村亮が会見「突然、引退会見か契約解除か選べと言われた」

反社会的勢力の会合に出席した“闇営業”問題などで7月19日に吉本興業にマネジメント契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が20日、都内で緊急会見を開いた。会見場には150人近くの報道陣が詰めかけた。
田村の処遇については謹慎の発表以降特に吉本興業から発表がなかったのだが、この会見中に吉本興業から田村のマネジメント契約解消の発表がされるという異例の展開となった。
宮迫「お金をもらっていないということで」と入江に指示
2人は会見場には黒のスーツ姿で現れた。
まず宮迫がマイクを握ると「詐欺の被害に遭われた被害者の方々、そのご家族、親族の方々にとんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした。そして、世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、とんでもない取り返しのつかないほど迷惑をかけてしまっている関係者の方々、そして不快な気持ちにさせてしまっているすべての皆様にお詫びさせてください。本当に申し訳ありませんでした。今回、このような大きな騒動にしてしまったのは、僕の保身から来る軽率な嘘から始まっています。そのせいで後輩たちも巻き込んでしまいました。今回の騒動の全責任は僕にあります。僕のせいです。本当にすいませんでした」
田村も「自分の口からもちゃんと謝罪を伝えたい。詐欺被害に遭われた方々、その親族の方々、友人の方々、本当に不快な気持ちにさせてしまい、嫌な気持ちにさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。僕の弱い部分、人としてダメな部分、そのせいで虚偽の説明をしてしまい、その行動・言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々、嫌な気持ちになった方々、全ての方々、本当に申し訳ございませんでした」などと謝罪した。
その後の質疑応答では今回の経緯について宮迫が説明。
フライデーの第1報については「直撃を受け、反社会勢力のパーティーに参加しましたか? そこで出演者全員100万円ずつギャラを受け取りましたか?と聞かれました。5年前ということもあり、全く記憶もなく、写真を見せられ自分を確認した。その時、記者には“全員が100万円もらえるような営業あるわけがない。そんなもろてへんよ。それに反社会勢力のなんて知り合いにおるわけがない。なんなのこの記事は”と言った。その時、僕はそんな記事は掲載されるはずがないと高をくくっていた」と取材時の状況を説明。その後、この会合への仲介をした入江に聞いたところ、入江も最初は思い出せなかったものの、メンバーを挙げると思いだしたという。そこで入江に反社会的勢力と付き合いがあるかどうかを確認。入江が「そんなのはないです」と答えたことから、記事が掲載されることはないと思ったという。その時に「被害者の方々から奪い取った金を僕たちが受け取ってしまっていたというとんでもない過ちのことを考えもしなかった」とその時を振り返った。
翌日に入江から「お金のこと言わなくていいですか?」という電話があったのだが、メンバーを見て車代程度だと思い大丈夫だと思ったという。そこで自分ももらっていたのかを入江に尋ねると「もらっていた」という返事があり、そのお金については年末に開催していた忘年会の支払いに「払っておいてくれ」と入江に渡したということは「なんとなく覚えていた」という。入江から「そうです」という返事をもらい「勝手な自分の解釈で、じゃあ自分はギャラはもらっていないんじゃないかと。そのほかの人間はお車代程度やろと思い込み、もらってないでいいんちゃうかと入江君に言ってしまいました。そして他のメンバーにももらってないということで言うといてくれと入江君に指示を出しました。会社にもそう言ってくれと指示を出しました」と話した。
田村の「謝罪会見をしたい」に岡本社長が「それなら連帯責任で全員首」
その2日後に入江から「解雇された」という電話が入り、こんなことでなぜ解雇になるのだと会社に詰め寄ったが、その3日後にフライデーが発売され、自分の想像をはるかに超える世間の反応の大きさに怖くなってしまったという。
その翌日に田村から「お金のことを言いましょう」という電話があったのだが、宮迫には「それでもまだ僕は、打ち上げ代を出してもらっただけだと、自分の中で思い込みたいという保身があったんだと思う。“亮君はいくらもらったんだ”と? “50万だ”と。“俺はいくらもらったんだ?”と聞いたら“100万円だ”と。それでもまだ僕は“打ち上げ代の金をそれで払っただけやろ”と亮君に言いました。でも“宮迫さんはそのお釣りを受け取っていました”と。それはもう、会社に言わないかんとなり、その足で2人で会社に行きました。そしてHG、ガリットチュウの福島君と合流し、吉本興業社員2人、吉本興業の弁護士さん2人の計8人で話した。それが6月8日のことです。金をもらったと会社が発表するのはそののちの24日です」と説明した。
この時の会話の中で吉本側から「静観で行きましょう」と言われたという。当初は納得していた2人だったが、詐欺被害者からのお金が宮迫たちに流れているのではないかという報道が流れ始め、宮迫らは「情けなく申し訳なく、自分のことが許せなくなり、吉本の社員に会見を開いて言ったほうがいいのではないかと何回も言ったが、会社としては静観です、と言われた」という。そして24日に急きょ全員が会社に呼ばれ「謹慎」を命じられたという。その時、宮迫は「僕と後輩たちの罪は全然違う」と主張。田村は「記者会見をやらせてほしい。全部自分たちの口で金額、経緯、事実を伝えさせてほしい」と訴えたのだが、会社の答えは「記者会見はさせるつもりはない」。
田村がなおも「やめてでも僕1人でも会見をさせてくれ」と訴えると、同席していた吉本興業の岡本昭彦社長に弁護士と社員を人払いし、宮迫らにテープを回していないか確認したうえで、「やめてお前1人で会見してもええわ。やってもええけど、そんなら連帯責任で全員首にするからな。それでもええんやったら記者会見をやれ。俺にはお前ら全員首にする力がある」と言われ、全員が何も言えなくなったという。この会話は岡本社長、宮迫、田村、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成の5人の時になされたという。
謹慎期間に入った宮迫らだったが、ワイドショーなどで同僚の芸人らがコメントを求められる姿を見て「やはりこのままではダメだ」と会社に「引退してでも記者会見をやらせてくれ」と何度も連絡したという。そして7月8日に宮迫と田村が出向き、宮迫が岡本社長に「僕が全責任を負い、引退するんで、引退会見でもいいので謝罪をさせてくれ」と嘆願したものの岡本社長の返事は「引退はさせない。させるわけにはいかない」というもの。その後、軟化し「謝罪会見はさせてやる」となったものの日時は吉本側が決める。いつになるかは明言できないという結論になったという。
宮迫はフライデーの第2報については否定
宮迫らは「1日でも早くやりたい。それは会社のためでもある」と主張したものの、会社側は「日時はこちらで決める」の一点張りだったという。
その時に宮迫が自分以外の謹慎期間を短くしてほしいとお願いしたのだが、こちらは認められた。
この時のやり取りについて、宮迫と田村の中では「1~2カ月引き延ばされてうやむやにされてしまうのでは。会見もさせてもらえないのでは」という疑念がわき弁護士をつけることになった。以降は弁護士を通じての話となり、近日中に会見が開かれそうな雰囲気となったらしいのだが、2日前(18日)に宮迫、田村と弁護士あてに「宮迫と田村の2人の引退会見」もしくは「2人との契約解除」のどちらかを選べという書面が送られてきたという。
引退ではなく謝罪会見をさせてもらえると思っていた2人は岡本社長と直接話をしたいということで、弁護士をいったん解任し、吉本の本社に話し合いに行ったものの岡本社長との直接会談はかなわず。そこでは吉本側の弁護士に改めて「2人の引退会見、それを拒むなら2人の契約解除、このどちらかの決定は揺るぎません」と通告された。そしてその引退会見も「やるなら明日(19日)の12時。2時間後からこちらで考えているQ&Aを練習してもらう。引退会見をするならば2時間後に戻ってきてください」と言われたという。
2人は会社主導の引退会見で、当初希望していた生放送での会見ということもかなわないことから、それなら会社を辞めて自分たちで会見を開こうということになり、この日の会見になった。
また宮迫はフライデーの第2報である2016年の大阪・北新地での反社会的勢力との記念撮影と金銭の授受については、その店に一緒に行った同級生が今はなくなったその店の当時の店長を探し出し、宮迫がトイレを出たところで囲まれたこと。止めに入ったが宮迫が「写真くらい、いいよ」といって写真を撮らせたこと。お金の授受がなかったことを証言してもいいと言ってくれているとして、潔白を主張した。この会見で自らの潔白は分かってもらえるとして今のところはフライデーに法的措置を取ることは考えていないという。
田村「子供が謝ろうとしているのを止めるのは親ではない」
会社側が会見を許可しなかったことについては宮迫は「その時は弁護士さんに“会見の成功などはない。ほぼ失敗だ。あなた方はそれを分かって言っているんですか? 傷口を広げるだけですよ”と言われた」と話した。
また田村は「会見をダメだということに関しては正直僕は納得いってなかった。僕はツイッターでもラジオでも嘘をついて、淳にも嘘をついた。僕のことを擁護してくれている人に対して辛かった。それでやっぱり会見をしたいと言ったが、弁護士さんたちが言っている理由が全く分からなかった。弁護士さんは、“我々が弁護士を付けたことを上層部は悲しがっている。ファミリーだ”と言っていました。でも僕に言わせれば、本当に僕たちがファミリーだとするなら、僕は子供。子供が正しいことを、本当に悪いと思っていることを謝ろうとしているのを止めるのは親ではないと思います。それ(会見をするな)と言われて僕は不信感しかなくなってしまった。会見をやらない理由は僕の中にはなく、背中を押してほしかった。どういうふうにしたらちゃんと謝れるのかを手伝ってほしかっただけ」などと号泣。そして「本当のことを言うのがどんどん遅れてしんどいということは伝えていた。会見したほうがいいというのは僕も同じですし、みんな同じ。だから弁護士さんを立てたのは、僕は正しいと思った。じゃないと動いてくれなかったのは事実ですし。ただ(謝罪会見のはずが)引退会見となっていった経緯は想像もつない。もとは自分たちがついた嘘のせいですからいろいろなことを待ったり我慢してきたが、僕は限界だったので、今回この会見を開かせてもらいました。本当にすいませんでした」と続けた。
この時点では契約解除は宮迫のみだったのだが、田村は「僕は2日前に宮迫さんと一緒にいて、2時間後に引退会見のQ&Aをやってくれと言われた。来なかったらどうなるんですかと聞いたら、契約解除ですと言われた。我々は行っていないので、公表はされていないが僕は契約解除されていると思っている。僕たちの会社というのは何かサインをするわけでもないので、個人的には契約解除をして頂きたいと思っています」と話した。この後の会見中に田村の契約解除が吉本から発表されたことが明らかになった。
今回、最初に「お金を受け取っていない」と嘘をついてしまったことについては宮迫はいったんは「まぎれもない、僕の保身」と話したが「それは後ですね。最初は本当に軽い気持ちだったと思う。あってはならないと思う。その時に、その奥にいる詐欺被害に遭った方々の苦しみや悲しみ、この年になってもそんなことに気づけないような浅はかな僕の軽率な考えです」と話した。
松本人志ら先輩芸人へも嘘をついてしまったことになるのだが、これについては宮迫は目をつむり、うつむき、長く黙考し、何度も躊躇しながら「返しようのない...返せるわけのない、たくさんの恩をいただいている先輩方に...軽い気持ちで勝手な自分の思い込みの解釈で、金をもらっていないと言ってしまった。もう取り返しのできないことですので...。もう...お会いすることができません...」と言葉を絞り出した。
松本には「お電話はさせていただきました。最初の段階で僕が勝手な解釈で“打ち上げ代を出してもらっただけ”といった時に、松本さんには“全員がいくらもらったかとか細かいことを全部言ったほうがいい”と言っていただいたんですが、僕は当初はとんでもなく甘く考えていたので、“そうですね”と、あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスを...ちゃんと受け止められませんでした。すいません」と続けた。
松本には謹慎処分が決まった時に再度電話をし謝罪をした宮迫に「休んでいる間、宮迫の出ている番組にノーギャラでも出たるから」という言葉をかけたという。
反社会的勢力は吉本を通じて入江のイベントをスポンサード?
田村は改めて「嘘をついてしまった場面というのが、僕は淳に対してとツイッター、ラジオの生放送。吉本興業にお金をもらったことを告げに行った日にラジオの生放送があった。静観という結論になってしまい、その足で生放送に行った。本当のことを言えばよかったんですが、嘘をついてしまい、それを信じてまた動いてくれる先輩方が増えたことを反省していますし、すいませんという言葉では足らないと思いますが、申し訳ないとしか言えません」と話した。
この日の会見では新たな事実がいくつか出てきたのだが、そもそもの反社会的勢力の誕生パーティーについては入江と3人で飲んでいる時に入江から持ち掛けられたもの。その時に宮迫に100万円、田村に50万円というギャラが提示され、この時に田村が「そんな大金を払えるところは大丈夫なのか?」と入江に尋ねたところ、入江が「僕がやる吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなんでそこは安心です」と答えたという。
宮迫はそのパーティーについて「反社会的勢力かどうかという判断については言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、断片的な記憶ではそのパーティーには普通の家族が何組もいて、子供たちもいたので、その場を反社会勢力のグループだという認識を持てなかった。それは全員の認識です」と話し「もちろん、僕たちが行ってしまったのはとんでもない認識の甘さなんですが、ただ入江君の主催ですが、吉本興業の社員もいて、一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕たちの行ったパーティーの同じスポンサー、いわゆる反社会的勢力グループだと気づかずに吉本興業もそこに自社のタレントを派遣し、そこから入ったスポンサー料でギャラを払っている。これは決して批判ではなく、構造的には僕らが行ったパーティーと同じことなので、吉本興業という大きな会社でも気づけなかったということは、反社会的勢力かどうかという判断を芸能人1個人ですることは難しいと思う」と訴えた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.