画像: 謝罪会見の宮迫博之が「僕からコンビを続けてくれとは言えません」

謝罪会見の宮迫博之が「僕からコンビを続けてくれとは言えません」

反社会的勢力の会合に出席した“闇営業”問題などについて「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が7月20日、都内で謝罪会見を開いた。この日の午前中に2人がツイッターで会見の開催を報告。会場には150人近くの報道陣が詰めかけた。
吉本興業は前日の19日に宮迫とのマネジメント契約解消を発表。田村についてはこの会見中に同じくマネジメント契約の解消を発表した。
亮の相方・淳は「俺個人的にはコンビ解散とは思ってない」
2人は会見では反社会的勢力の会合に出席するに至った経緯と謝罪会見がここまで開催されなかった理由などを説明したうえで、詐欺の被害に遭った被害者やその関係者、自らを擁護してくれていた人たちを裏切ったことなどを謝罪した。
気になるのは今後の2人の活動。ともにグループとして活動していたが、今後のグループ活動については宮迫は「30年、誰よりも一緒にいて、親よりも子供よりも長く時間を過ごしてきた。こんな奴のためにあいつ(蛍原徹)は何回も何回も頭を下げてくれている。こんなダメ人間のために何回も頭を下げてくれているんです。なのに今回の騒動で電話をかけたら、“大丈夫やから。俺は大丈夫やから。こっちは大丈夫やから”しか言わないんです。だから申し訳ないじゃすまないです。蛍原さんはこれだけ迷惑をかけているにもかかわらず、いつも僕の意見を立ててくれる方なんですけど、今は僕からコンビを続けてくれとは言えません。あの人の...蛍原さんの意見に従います」と涙を流した。
田村は「今回この会見をするということを11時くらいにツイッターをした。その前に淳と話をしようとずっと電話をしていたんですが、なかなか連絡がつかず。ツイッターを上げた後に電話で話すことができた。その前々日にも話せて、僕が引退をするか契約解除かという話もしていたんですが、僕は契約解除を選ぶか正直迷っていました。吉本をやめるということはずっとやってきた淳と一緒にできないという判断もしなければいけないし、一緒にやってきた番組のスタッフとも離れなければいけない。でも僕はずっと同じことしか言っていなくて、ちゃんと自分の口で謝りたい、ちゃんとお金のことも言いたい、ちゃんと本当のことを伝えたいということをさせてくれないということがどうしても引っかかって、それでなかなか答えは出せなかった。それで淳には、申し訳ないんだけど、宮迫さんと会見をするということで僕の腹も決まり、“淳とコンビができなくなる。すまない。けど本当のことをやっぱり言いたい”と言うと淳は“相談はしてほしかった。けどお前が正直なことを言うのは応援する。俺個人的にはコンビ解散とは思ってないからな”と言ってくれました」とそれぞれ相方とのやり取りを明かした。
「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫と言われた」
吉本興業については宮迫は黙考の末「事実ではあるにしても、こんなことを言う会見がしたかったわけではないんです。僕たちは詐欺被害に遭われた方々だったり、僕たちを信用して笑ってくれていた人たちにただ謝罪をしたかっただけ。こんなつもりではなかった。ただ事実を事細かく喋るとこの形になってしまっているのは不本意。大阪に生まれ、子供のころからたくさん笑わせてもらっている吉本興業に18歳で入らせてもらって、こんなアホを30年間育ててくれた吉本興業に対しては、感謝しかないですよ。こんな、こんなことしたいわけないじゃないですか...すいません」と号泣。
田村は「僕も一緒です。会社を攻撃するなんて1ミリも考えていなかったです。自分たちを育ててくれた会社に対してそんなことを思っていない気持ちすら伝わっていない。途中で僕らが弁護士を立てた理由もそういう理由じゃない。吉本の弁護士さんはどうしても吉本の目線になってしまうと思っていたので、第三者という形で弁護士さんを入れたいと言った時に、いいやんとおっしゃっていたのが、実際に弁護士さんが来ると急に態度が変わったように感じました。そこから吉本の弁護士さんとしかお話ができなくなった。僕たちも一方的に言われたり記者会見の話が進まなくて不信感が出てきました。もともと謝罪会見をしたい。世間の皆様に謝りたいというのがどこからか話が代わっていき、ネットとかで全部見られるようにしてくれませんかと伝えると、そんなことはこっちで決めるからと。僕がすごく不審に思ったのが、“在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから”と言われました。僕らからすると何が大丈夫なのかよく分からないんですが、僕たちが言うことが、本当の気持ちが伝わるかどうかが不安になったり、ネットのこととかを止めようとしたように感じてしまいまして、それで不安になったり、もともと好きだった会社だったのにこういうふうに変わっていくんだというふうにどんどん思いが募っていきました。吉本に対してどうというより、ファミリーだと言ってくれていた方がこういうふうに変わっていくんだということにビックリしている」などと話した。
視聴者からの好意的なコメントに田村は「生きるにあたって糧になる言葉」と感謝
この日の会見はAbema TVで生中継され、視聴者からの好意的なコメントが多く寄せられたのだが宮迫は「僕のせいでこんな大騒動にしてしまって、みなさんが応援している後輩たちも巻き込んでしまって。応援される資格なんてない自分にそういう温かい言葉をかけてくれるのがうれしすぎますし、今後、テレビに出る資格はないと思っていますが、何年かかろうが、認めてもらえるような人間になって、何かを皆さんにお届けできたらなと。今はどういう方法があるのか分かりませんが、いろいろなことを償っていきたい」
田村は「今回謝罪させてもらって、正直なことを言うと吉本の曝露みたいに捕らえられるのが嫌だったが、謝罪がしたいだけで出てきた。このあと自分がどうなるとかは本当にどうでもいい。それを見てくれた方が応援していると言ってくれたことは、今後どんな活動をしていくとか考えていないですが、生きるにあたって糧になる言葉だと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を返した。
今後については当初は謝罪会見が実現した折には「この件に関わったみんなで啓もう活動として詐欺被害に遭われるかもしれない方々、特にお年寄りとかの元に赴いて、分かりやすく、こういう事例があるということを、お笑い芸人なので劇のようにやろうと、みんなで会って、ある程度の形には作っていた」という。しかし「現状僕らは契約を解除されているので、その活動を残ったみんなとできるかということは恐らく無理だと思う。残りのメンバーでできることを作れたと思っているので、それはぜひやっていただきたいと思う。僕たち2人はできることを模索していきたい」などと話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.