画像: ドラマ化で話題! マンガ『凪のお暇』とのコラボカフェ/7月21日(日)の東京イベント

ドラマ化で話題! マンガ『凪のお暇』とのコラボカフェ/7月21日(日)の東京イベント

7月から放送が始まったTBS「金曜ドラマ」の原作漫画『凪のお暇』(コナリミサト著)が、期間限定でコラボカフェをオープン。代官山駅徒歩10秒のカフェ「SIGN ALLDAY」にて、作中でも活躍する「豆苗」をテーマにメニューを展開する。
『凪のお暇』の主人公・大島凪は必要以上に空気を読んでしまう引っ込み思案な女性。過呼吸で倒れたことをきっかけに仕事も恋もリセットし、都会のOL生活を捨てて郊外の安アパートでの新しい暮らしをスタートする。
そんな凪ちゃんが日々の暮らしに愛用しているのが、カフェのテーマになっている豆苗。豆苗は栄養バランスに優れており、アクが少なくて調理もカンタン。再生栽培できるので節約にも一役買ってくれる、まさに頑張る女子のための野菜。
原作にも登場する「豆苗すいとん」は凪ちゃんのレシピをしっかり再現している。なんと豆苗カフェ限定の豆苗栽培容器までついてきて、お値段なんと300円(税別/1日限定20食)という破格の安さ。その他、豆苗が盛り放題の女の子らしい彩り鮮やかな「豚しゃぶと彩り野菜の豆苗サラダ」(税別800円/1日限定100食)や、凪ちゃんの隣人のふわふわバンドマン・ゴンさんの特製ドリンク「チョコミントハイボール」(税別650円/1日限定100食)も提供。
ドリンクにはここでだけの限定コースターがついてくる。コラボカフェランチョンマットやコースターなどは持ち帰ることができるのでファンにはうれしいおみやげだ。店内は天井まで凪ちゃんづくし。壁にも1巻表紙になっている、豆苗を眺める凪ちゃんの印象的なイラストを始め、カラーイラストなども飾られている。
豆苗はえんどう豆の若菜で、ほのかな豆の香りと甘さ、シャキシャキとした食感が特徴の緑黄色野菜。炒めものやお鍋、スープやサラダなど幅広く料理に活用できる。栄養バランスにも優れており、βカロテンはチンゲン菜の約1.5倍、ビタミンEは小松菜の約1.8倍、食物繊維はじゃがいもの約1.7倍と女子にうれしい栄養が豊富だ。
ドラマ、原作と合わせて楽しみながら、豆苗たっぷりな凪ちゃんの食卓を体験してみては。
「豆苗カフェ」
【期間】2019年7月19日(金)~28日(日)
【時間】月~金:11~21時(LO20時30分) 土日9~21時(LO 20時30分)
【場所】SIGN ALLDAY(渋谷区代官山町19-4代官山駅ビル1F)
【URL】http://murakamifarm.com/toumyocafe/
【『凪のお暇』公式サイト】https://www.akitashoten.co.jp/works/nagi/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.