画像: 【インタビュー】奥野壮&押田岳が仮面ライダーへの思いを語る

【インタビュー】奥野壮&押田岳が仮面ライダーへの思いを語る

平成仮面ライダーシリーズ「第20作」記念にして、「平成」最後の作品として、子供から歴代シリーズの大人ファンにまで人気を博した『仮面ライダージオウ』がこの夏、ついに劇場版で完結! 1年の間、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウを演じてきた奥野壮と、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツを演じてきた押田岳が、シリーズへの思いを語る!
未来のスターを続々排出している〈ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト〉受賞者でもある2人。奥野は2017年にフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をダブル受賞。押田はその前年にグランプリを受賞している。そんな2人の“初対決”は『仮面ライダージオウ』オーディションのとき。
奥野壮(以下:奥野)「すごくよく覚えています(笑)」
押田岳(以下:押田)「“ジュノンボーイ”から仮面ライダーになる人ってけっこういるので、会場で壮くんがいるのを見かけたときは“うわ、ライバルがいる”と思いました(笑)」
奥野「でも僕は“ジュノンボーイ”のグランプリを取っていないんです。岳くんはグランプリ取っていますからね。僕のほうこそプレッシャーというかライバル意識をすごく感じていました(笑)」
そんな好敵手として対面した2人は、仮面ライダージオウ、仮面ライダーゲイツとしてぶつかり合い、やがて信頼し合っていく。
奥野「最初からお互いがお互いを知ろうとしたし歩み寄ろうとしていましたよね。僕も、1年間一緒にやる仲間だし、僕のほうが後輩だけど同世代の役者仲間ができるのがすごくうれしかったから岳くんとは仲良くしたかった。けっしてライバル意識が無くなったわけじゃないんですけどね(笑)」
押田「僕も同じでした。芝居のことについても話し合える関係を作りたかったから。クランクインしてすぐ2人で遊びに行ったよね(笑)」
奥野「行きましたね、カラオケ(笑)」
1年の撮影を経て、大きな経験を積むことができたと振り返る。
押田「壮は最初から18歳とは思えないくらい大人だなと思ったけど、やっているうちにますます成長してきて、今は本当に同じラインに立って一緒に戦えていると実感しています。人の意見も聞くようになったし(笑)」
奥野「岳くんは会ったときから真っすぐで1つのことに集中できる人だなと思ったけど、やっぱりそういう人だった。この人と一緒にやれてよかったとすごく思いました。でも意外とポンコツというかお茶目なところもあって、先日も減量中だって言っていたのに昼食のときに“トンカツ...アブラ...ま、いっか”って(笑)」
押田「壮は意外とまっすぐで、そういうときにダメでしょって止めてくれる(笑)。でも1つ言うなら...変身を1回くらい合わせてくれ(笑)!」
奥野「そうですよね(笑)。いつも岳くんと(仮面ライダーウォズ役の)渡邊圭祐さんが、僕の動きのタイミングで変身を合わせてくれるんですけど、この間、僕が2人に動きを合わせることになったとき、まったくできなかったんですよね(笑)」
『仮面ライダージオウ』は“平成最後の仮面ライダー”である記念的作品とあって、数々のレジェンドたちとも接することができた。
押田「毎回、僕らはゲストで来てくれる先輩方の力を受け継ぐわけですが、僕らはその重みを分かっていなければいけない、という話を(仮面ライダー鎧武の)佐野岳さんがしてくれたり、そんなふうに現場では先輩たちがたどってきた道を話してくれる機会をたくさんいただいたんです。記念作品ということで、そういう機会も他の仮面ライダーたちより多く頂いていると思う。だから僕らもその道をたどってもっと大きくなることが恩返しなのかな、と思います」
奥野「毎回、来てくださるレジェンドライダーの方々って皆さんすごく気さくで、僕らがお声がけするタイミングを見計らっているとご自分から話しかけてくださるんですよね」
押田「自分たちもいつかそうなりたいなと思うよね」
かつては自分たちもライダーをあこがれのまなざしで見ていた。
奥野「僕は男3兄弟なので兄弟と一緒にシリーズは見ていたしおもちゃでも遊んでいて、今僕らを見てくれている子供たちとまったく同じようにテレビの前で“変身!”ってやっていました」
押田「僕も幼稚園の時は仮面ライダーごっこをやっていたし、父と映画館に劇場版を見に行っていましたね」
奥野「仮面ライダーって僕の周りでもみんなが通る道でしたからね」
押田「近年は女性ファンの方も楽しめる要素が多いし『仮面ライダージオウ』はとくに幅広い方々に共感してもらえる作品になっていると思います」
奥野「僕はいつまでも子供たちのあこがれでいたいし、今見ている子供たちが、大人になって“そういえば『仮面ライダージオウ』をやっていた人って今何をしているんだろう”って調べて “ジオウって奥野壮だったんだ、すごい!”と思ってもらえるような俳優に成長していたい。自分も、佐藤健さんや菅田将暉さんが自分が好きだった仮面ライダーだったことを知ってすごく感動したから、自分もそういうふうに言われる役者になれていたらいいな、と。歴史ある作品の1ページになれたことに、誇りをもって一生大事にしていきたいです」
押田「僕にとって『仮面ライダー』は学校でありバイブル。本当に多くのことを教えていただいた場所だから、恩返しをするためにも大きな俳優になりたい。そしていつか令和仮面ライダーの前に、レジェンドとして帰ってくるのが夢です」
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』
監督:田﨑竜太 出演:奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐他/東映配給/7月26日(金)より全国公開 http://zi-o-ryusoul.com/
同時上映『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.