画像: 星野源、高橋一生、及川光博ら豪華キャストが浴衣姿で“城を引いて”登場

星野源、高橋一生、及川光博ら豪華キャストが浴衣姿で“城を引いて”登場

映画『引っ越し大名!』完成披露試写会が23日、都内にて行われ主演の星野源をはじめ豪華な顔ぶれが“城を引きながら”登場し会場を沸かせた。
『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋章宏による時代小説「引っ越し大名三千里」を原作に、実在した大名のエピソードを『のぼうの城』の犬童一心監督が映画化。江戸時代の姫路藩を舞台に、藩士の引っ越し(国替え)の総責任者である“引っ越し奉行”に任命された主人公の奮闘を描く。
藩士と家族全員で引っ越すという題材にちなみ、登壇者が全員で“城”のオブジェを引いて登場。書庫にこもりきりで人と話すのが苦手な主人公・春之介を演じた星野は「僕が演じる春之介は引きこもり侍なんですが、本が好きで、家じゃなくて職場の書庫に引きこもっているんです。本を読んでいる生活だけでよかったのに、引っ越し奉行を任されてしまうんですが、そこで大好きだった本の知識が生かされて、自分が好きなものを逃さずに大きく成長していくという、時代劇では見たことのないようなストーリー。こんな時代劇はなかなか無いなと思いました」と熱く語った。
この日は、冒頭の挨拶から、会場は爆笑の連続。春之介を助ける前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を演じる高畑充希、春之介の幼なじみ源右衛門を演じる高橋一生に続いて、藩主・松平直矩役の及川光博が「ミッチーです。せーの...」「ミッチー!」と観客とコールの掛け合いをし「バカ殿ならぬエロ殿です」と流し目で会場を沸かせると、小澤征悦も「ゆっきーです、せーの...」、正名僕蔵も「じゃ私もついでに、僕蔵なので“ぼっきー”で」、飯尾和樹は「斜め45度ー!」とそれぞれ、観客からコールをもらいご満悦。
役作りについて質問されると、実在した姫路藩主を演じた及川は「プレッシャーを感じるというより、お会いしたことがないので、エンターテイメント作品として役に向き合ったとい感じですかね。存在感の重さと軽さを意識して演じました。スイッチングというか」と指を鳴らし、またまたファンを盛り上げた。
タイムリーな雇用問題を思わせる話題も飛び出した。小澤が「僕が演じた一郎太は愚直な男で、本を通して春之介と信頼し合う。実は武士というのは口約束が一番大事なんです。当時の史実があるんですが。紙の契約より、口約束で、お殿様についていく、という...。別に、今(話題の)のことじゃないですけど...なんだ、この空気」と、とぼけて笑いを誘うと「このご時世にパワハラ上司を演じました」という正名僕蔵が「僕の役は基本、コミュニケーションがほぼどう喝だったので、今までの人生で私が受けたどう喝とか目の当たりにしたどう喝を参考にしようと現場に入ったんですけど、星野くんが演じる春之介が、人のどう喝ゴコロをくすぐる表情をしてくるので、まんまと乗せられて、気持ちよくどう喝できました」と、星野との芝居を振り返り、会場も大笑い。星野は「何ですか、どう喝ゴコロって」と苦笑しつつ「正名さんが演じる上司が本当にムカつくやつなんですけど、腹は立つけど今は我慢、と思って。その感じが、どう喝ゴコロをくすぐったのかも」。
4
昨年6月、猛暑の砂浜での殺陣シーンを振り返った登壇者たち。「殿様だからみんなより良い衣装だったんですが、それが暑かった(笑)」と振り返った及川が「一生くん(の殺陣が)メチャクチャかっこよかったよね」とたたえると、高橋は「3メートル強の槍を使っていたんですが重すぎて。先端に行くほど重みがあって、振り回してピタッと止めたところで砂にズサっと刺さって、ケガしないかとドキドキしながらやっていました」と振り返った。
すると高畑も撮影中のハプニングを告白。「源さんに、おまんじゅうを投げるシーンがあったんですが、1回投げたら右目にヒットして。ヤバっと思って」という高畑に星野が「マジ饅頭だったんだよね」と本物のまんじゅうを使ったことを補足。さらに高畑が「もう絶対に顔に当てないようにしなきゃ、と思ったら2回目は左目に当たってしまって。源さんがアンコまみれになってしまって、もう終わった、と思った」と反省。星野は「でもこういうときって遠慮されるより当ててほしいんですよね。だから、どんどんやって、と言うんですけどまさか両目に来るとは。痛くて面白かった。まんじゅうって痛いんですね」と振り返り、会場は大爆笑。
その後も、映画にちなみ、登壇者たちが無理難題を突きつけられたエピソードを明かし会場は大盛り上がり。及川は「高校時代にグラウンドホッケー部だったので、大学で先輩たちから当然のように入部するんだろうなと言われたんですが、僕はバンドや俳優を目指したくて。紅白試合でシュートを入れたら許してやると言われたんですけど、僕、ディフェンスなんです。でも...入れたのさ。あれでホッケー部に入っていたらデビューしていなかった」と明かし、観客も拍手。星野は「今やっている『いだてん』で、オリンピック招致のスピーチをする役なんですが、もともと英語セリフが“thank you”だけだったんですけど、3日前に8行くらいの長文になり丸暗記をしなきゃいけなくなったんです。英語を話せないので一生懸命覚えたんですが、前の日にセリフを半分にカットします、と言われてきつかった」。最後は司会者から飯尾和樹に、共演者にあだ名をつけて、という無理難題が。「有吉じゃなくて僕がですか」と驚きつつ、飯尾は「星野さんと高橋さんと及川さん、ちょっとぎゅっと詰めてもらって...この3人で国産ホワイトアスパラです」と色白で細身の3人をホワイトアスパラに例えて笑いを取ると、小澤に「その生産者」、高畑に「その生産者の三女」、監督は「アスパラ泥棒です」、正名には「老犬です、もしくはその土地の現職知事落選」と言い渡し、観客も登壇者も大笑い。
イベントの最後に、星野は「6年ぶりの主役でドキドキしていたんですが、まさかこれほど素晴らしい作品になるとは思わなくて。見ても分かるでしょう、本当に楽しい現場だったんです。ぜひ皆さんも楽しんで」と出来栄えに胸を張った。
『引っ越し大名!』は8月30日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.