画像: 初公開の五輪メダルがお披露目! 東京オリンピック1年前セレモニーが開催

初公開の五輪メダルがお披露目! 東京オリンピック1年前セレモニーが開催

東京2020オリンピック1年前を迎えた24日、「東京2020オリンピック1年前セレモニー」が東京国際フォーラムで行われ、大会関係者やアスリートらが出席。初公開のオリンピックメダルデザインも発表された。
「東京2020オリンピック1年前セレモニー」は、東京2020オリンピック1年前を迎える節目の日に、世界中のアスリートに東京2020オリンピックへの参加を呼びかけ、大会関係者と共に来年にせまった大会への決起を目的に開催。
セレモニーは、日本文化を感じさせるプロジェクションマッピングを背景に、津軽三味線奏者の吉田兄弟と元新体操選手の坪井保奈美のコラボパフォーマンスで華々しく開会し、小池都知事や安倍総理大臣、バッハ会長らが挨拶。東京2020オリンピック聖火ランナー公式アンバサダーの石原さとみや、サンドウィッチマンも駆けつけ、会場を盛り上げた。
セレモニーでは、東京2020オリンピックの金・銀・銅メダルのデザインが、デザイナーとともに発表された。入賞メダルデザインコンペティションによって選ばれたのは、川西純市氏のデザイン。幾重にも重なる線で「光の輪」を表現した上品で繊細な日本らしいデザインが完成した。
入賞メダルデザインコンペティション審査会の宮田涼平座長は、「日本が誇る金属の造詣の深さと、素晴らしいデザインが一体となって、最高のメダルに仕上がりました。早くアスリートの皆さんにかけられることを期待しています」と期待を寄せた。川西氏も「このメダルはオリンピックを目指し、挑戦するアスリートの努力と挑戦、そして世界と平和を輝く光の輪で表現したいという思いで作りました」と、デザインに込めた思いを語った。
ステージで発表を見届けたオリンピアンの澤穂希らは、「ぴかぴかですね。メダルにふさわしい」。「このメダルを目指して現役復帰したいくらいですね」などと感動した様子で、初対面のメダルに見入っていた。
最後は、東京スカパラダイスオーケストラと吉田兄弟のスペシャルライブでフィナーレ。会場が東京2020オリンピック1年前の熱気に包まれ、セレモニーは幕を閉じた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.