画像: 唐沢寿明、竜星涼ら笑顔で鏡開き『トイ・ストーリー4』大ヒット!

唐沢寿明、竜星涼ら笑顔で鏡開き『トイ・ストーリー4』大ヒット!

TOHOシネマズ新宿にて24日、映画『トイ・ストーリー4』大ヒット記念舞台挨拶が行われ、日本版声優を務める唐沢寿明、竜星涼、新木優子、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が登場した。
おもちゃの世界を舞台に、おもちゃと人間の心の絆を描いた人気シリーズの最新作となる『トイ・ストーリー4』。7月12日の日本公開以来、洋画アニメーション史上歴代No.1のオープニング興行成績を記録し、23日までの観客動員数が約326万人、興行収入43億4000万円突破という驚異的な大ヒットを遂げている。
主人公・ウッディの声を務める唐沢が「ダッキー&バニーのダッキーの声をやらせていただいている......」とボケると、すかさずチョコプラの松尾が「僕です!」と突っ込むなど、キャスト陣の息はぴったり。
初日に劇場に足を運んだという竜星は「隣の方がエンドロールを観て(フォーキーの声が)『竜星涼だったの!?』とびっくりしていて、僕のイメージがないくらい溶け込んでいたのかな」と笑顔。公開後の反響を新木が「久しぶりに連絡がきた友だちからも『観たよ』、『よかった』と言われてすごくうれしい」と言うと、チョコプラの長田は「エゴサーチしまくってるんですけど(笑)、『声に違和感がない』という声が多くて」、松尾も「公開前はディズニーストアにグッズを買いに行く時に帽子を被っていたけど、いまはフルオープンです(笑)」と胸を張った。
唐沢は「長い時間をかけてシリーズをやってきて、子どもの時に観た人が大人になって......その連鎖がこういうこと(大ヒット)になっているんでしょうね。僕の周りにも『小さい時から観ています』という人が多くて、本当に皆さんに愛されている作品なんだなと思います」と噛み締めるように語った。
役作りについて、竜星は「2〜3歳の子どものイメージでやっていたんですけど、疲れてくるとどうしても26歳くらいの僕が出てきちゃう」と苦笑い。続いて新木が「(ギャビー・ギャビーは)アンティークの落ち着いたお人形なんですが、普段の私は早口なので『ゆっくり話して欲しい』という指摘が多くて苦労しました」、長田は「僕らはコンビで(アテレコを)やっていたんですけど、こいつ(松尾)が変なイントネーションになるんですね。ボールをずっと(野球のボールカウントの)ボールって言っていて、10〜15分ずっと横で『ボール』だけを練習する時間があった(笑)」とそれぞれ苦労した様子。唐沢が観客に「皆さんどうですか、(キャラクターに)合っていましたよね」と問いかけると、劇場は大きな拍手に包まれた。
トークの後には大きな樽が用意され、記録的なヒットを記念した鏡開きが行われた。映画『トイ・ストーリー4』は現在大ヒット公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.