画像: 王者カリミアンと対戦の愛鷹亮「勝って態度を改めさせたい」【8・24 K-1大阪】

王者カリミアンと対戦の愛鷹亮「勝って態度を改めさせたい」【8・24 K-1大阪】

「日本vs世界・5対5」の先鋒戦でカリミアンと対戦
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する愛鷹亮が7月24日、神奈川県内にある所属ジムで公開練習を行った。
愛鷹は「日本vs世界・5対5」の先鋒戦で現K-1 WORLD GPクルーザー級王者のシナ・カリミアンと対戦する。
カリミアンとは約20センチの身長差があることから、この日行った1分半のミット打ちでは打点の高いパンチを放つ場面が目立った。
愛鷹は今年2月に「初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント」1回戦でRuiに敗れた後、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに移籍したのだが、練習後の会見で「Krushのクルーザー級のベルトが取れなければ次はないなと前のジムでも話していた。でも負けた時に、“今やめたら後悔しかないかな”という気持ちが強くて、ステージを変えて、新たな挑戦をしていこうと思った」などと移籍の経緯を明かした。
前回敗戦後にジムを移籍。「精神的にも成長できている」
そして「いろんな選手がいるので、いろいろな技術を目の前で見ることができて、自分に取り入れることができるし、アドバイスをもらったりもする。前の道場はプロ選手が自分1人だったので、こうやってプロがたくさんいる環境でやって、精神的にも成長できている。毎日いい練習ができている」と話す。バンタム級の晃貴ともスパーリングをしているとのことで「技術がすごいし当て勘とかハンドスピードが速い。ジャブも速くて当たったりする。それに反応できれば重量級のパンチは見えるようになるんではないかと思う」などと移籍によるプラス効果を語った。
カリミアンについては「最初に話をいただいた時はびっくりしたが、“すごいチャンスがもらえたな”とうれしかった。初代クルーザー級王座決定トーナメントでOD・KEN選手がカリミアン選手といい試合をしていたのを見ていたので、自分も十分戦える相手だと思っている。身長が高くてリーチも長い。後半が粘り強い。スタミナも気持ちも強い選手。でもインファイターの印象が強くて打ち合ってくれる選手なので面白い試合になると思う」などと話した。
「正直、イラっとした」
気になる身長差については「20センチ違うので、高い打点に打つ練習はしている。それを意識したフィジカルトレーニングもしている。上に向かって打つのは難しい。打ち下ろすよりは若干不利だが、そこは超えて行かないといけない」としつつも「倒す一発は持っていると思うので、どう当てるかだと思う」と倒すイメージはできているよう。
またカリミアンは前戦の加藤久輝戦、今回の愛鷹戦と会見では高飛車な物言いが目立つのだが、愛鷹は「チャンピオンなのでああいうキャラは作っているのかなと思いました。正直、イラっとしましたが、チャンピオンですし、年も上ですし。次の試合でその態度を改めさせたいと思う」と語るにとどめた。
そして、この試合は「日本vs世界・5対5」の先鋒戦であることから「先鋒で勝って流れを作りたい」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.