画像: 福澤朗アナ、小池百合子都知事と噛み合わず!?大塚「ping-pong ba」オープン

福澤朗アナ、小池百合子都知事と噛み合わず!?大塚「ping-pong ba」オープン

東京・JR大塚駅前の「星野リゾート OMO5 東京大塚」地下スペースに26日、卓球を通じて“大塚の街”と“人”をつなぐコミュニティスペース「ping-pong ba(ピン・ポン・バ)」がオープンした。
オープンに先駆けて行われたオープニングセレモニーにはMCの福澤朗アナウンサーをはじめ、高野之夫(ゆきお)豊島区長、デザイナーのコシノジュンコ、日本卓球協会より星野一朗専務理事、宮﨑義仁常務理事、Tリーグの松下浩二チェアマン、卓球男子・世界ランク12位の丹羽孝希(にわ・こうき)選手、JOCエリートアカデミー所属の木原美悠選手、さらにスペシャルゲストとして小池百合子都知事などそうそうたるメンバーが登場。
主催者を代表して山口不動産の武藤浩司代表取締役CEOが「本日はお忙しい中、ここ地味な街・大塚にお越しいただき本当にありがとうございます(笑)」と挨拶し、「OMO5」の開業前後の5年間で大塚駅の乗降客数が11%増と躍進したことを説明した。
オリジナルユニフォームをデザインしたコシノは「ロゴマークは卓球のラケットに豊島区とテーブルテニスの頭文字『T』を組み合わせ、黒にオレンジとインパクトのある色で卓球ブームを表現しました。卓球はコミュニケーションで、打って返ってくるというのは仕事でも一緒。こういった場を作って街ぐるみで楽しめると素晴らしい大塚になるんじゃないですか」。
スペシャルゲストの小池都知事は「卓球はとても日本で愛され、(東京2020で)メダルも大変期待されているスポーツです。大塚という街で卓球を通じて皆さんの交流が図れる場が確保されて、ここからスタートした卓球選手が(将来的には)オリンピックやTリーグで活躍するのが楽しみだと思います」と挨拶。
その後、丹羽選手、コシノ、高野区長、小池都知事、福澤、木原選手で卓球による始球式が行われたが、6人のサービスのタイミングがまったく揃わないという珍事が発生して会場は笑いに包まれた。
「ping-pong ba」は5台の卓球台とDJスペースが設置された空間で、「ガストロパブ」×「卓球」をテーマに本場イギリスのパブ文化を感じさせるフードやドリンクを楽しむことができる。26日はオープニングパーティーとして営業し、27日より通常営業となる。
「ping-pong ba」
【住所】東京都渋豊島区北大塚2-26-1 ba01 B1F
【時間】11時30分~23時30分(L.O.23時)
【定休日】火曜日(年末年始を除く)
【URL】https://ppba.t-4.jp

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.