画像: 野杁がムエタイのシンスリヤーに「K-1はそんなに甘くねえぞ」【8・24 K-1大阪】

野杁がムエタイのシンスリヤーに「K-1はそんなに甘くねえぞ」【8・24 K-1大阪】

「K'FESTA.2」でピケオーに敗れて以来の復帰戦
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する野杁正明が神奈川県内の所属ジムで公開練習を行った。
野杁は「日本vs世界・5対5」でシンスリヤー・サクチャイチョートと対戦。3月の「K'FESTA.2」でジョーダン・ピケオーに敗れて以来の復帰戦となる。
野杁は1分半のミット打ちを行い、シャープなパンチを次々と打ち込み順調な仕上がりを見せた。
練習後の会見では「コンディションはいつもと変わらない。今は普段から節制もしていて、体重が増えすぎないようにキープしているので体調はいい」などと話した。
3月のピケオー戦については「ただ単に自分の力が足りなくて、ピケオーのほうが強かったから負けたんだと思う」と振り返る。そして「今は自分でどうすればいいかを考えたり、トレーナーにもいろいろと相談したり、選手同士で意見交換したり、レベルアップするための練習をしているので、次の試合ではさらにレベルアップした姿を見せられると思う」と続ける。野杁は今年から「K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST」に移籍。KREST勢は野杁の移籍にあたり「学ぶことが多い」と口を揃えていたのだが、野杁にとってもプロ選手の多いKRESTへの移籍は大きなプラスとなっているよう。
「見ている人が引くようなKO劇を見せる」
今回対戦するシンスリヤーはムエタイの殿堂ルンピニー・ラジャダムナン両スタジアムのランキング1位に名を連ねたこともある超強豪。野杁はシンスリヤーの印象を「ムエタイ選手だけどK-1ルールに対応できる選手」とする一方「僕もムエタイルールで試合をしたこともあるし、タイ人のトレーナーに教えてもらっていたこともある。もし相手がムエタイのリズムで来ても問題ない。もし相手が苦しくなって組み付いてきても対処法は分かっているし、組まれて攻撃が遮断されるようなことはない。むしろ組まれる前に倒します」とシンスリヤー攻略に自信を見せた。
そして「(3月のK'FESTA.2で)武尊くんがK-1最強を証明してくれたんで、自分も負けるわけにはいかない。タイの選手は格闘技に生活をかけているし、タイの選手の強さも知っています。でも僕もK-1に憧れて格闘技を始めて、K-1がなかったら今の自分はいない。簡単にK-1のトップの座を譲る気はないし、K-1はそんなに甘くねえぞ、と。しっかりシンスリヤーを倒して、僕もK-1の強さを証明します」と力強く語った。
最後に野杁は「大阪大会はいろいろなカードが組まれていて“日本vs世界・5対5”もあるけど、僕が一番印象に残る試合をする。見ている人が引くようなKO劇を見せるので楽しみにしていてください」と締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.