画像: 扇久保が元谷に2-1の判定勝利。修斗世界王者の底力見せる【7・28 RIZIN.17】

扇久保が元谷に2-1の判定勝利。修斗世界王者の底力見せる【7・28 RIZIN.17】

扇久保が1Rからテイクダウンを重ねる
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で「バンタム級四天王」といわれる4人の試合が行われた。
元谷友貴と扇久保博正の一戦は2-1の判定で扇久保が勝利を収めた。
1R、元谷の左フックに合わせ、扇久保がタックルからテイクダウン。元谷は首を抱えるが、扇久保は首を抜いてトップを取る。右足を抜いてハーフガードの体勢からパンチとヒジを放っていく。
扇久保はサイドを取るとパンチ。バックを取りに行くが、このすきをついて元谷がハーフに戻す。しかし扇久保は再度バックを奪うとリフトしてテイクダウン。スリーパーを取りかけるが元谷がしのぐ。一度は立ち上がった元谷だが、扇久保はまたもタックルからテイクダウン。上を取るが、今度は元谷はきっちりとガードの中に入れ、逆にバックを取り返す。
しかし扇久保は追撃を許さず、脱出。立ち上がると踏みつけを狙うがゴング。
元谷は打撃で勝負も...
2Rは開始早々、扇久保がタックルを仕掛ける。首を抱えしのぐ元谷だが、扇久保はテイクダウンを取り切りトップを奪う。ハーフからマウントを狙うが元谷は許さない。
スタンドに戻って、打撃戦となるが、扇久保は両足タックルからリフトしてテイクダウン。元谷は体を起こし、ヒジを打つ。
立ち上がった元谷だが、扇久保はバックについて逃がさない。再度グラウンドに持ち込むも元谷が立ち上がる。
ここから打撃戦となるが、扇久保はパンチをかわし組み付くと二本差しから足をかけてテイクダウン。ここは元谷がすぐに立ち、打撃戦へ。
元谷の左ミドルに扇久保はパンチで応戦。しかし互いになかなかクリーンヒットを放つことができないままゴングとなる。
3Rは死力を振り絞っての殴り合い
3R、元谷のキックをかいくぐり扇久保が組み付くとテイクダウン。しかし元谷はすぐに立つ。
ここからともに打ち合いに臨むが、元谷がパンチの連打で扇久保をとらえる。
しかし扇久保はここでタックルからテイクダウン。元谷も下から巧みに体を使い抜け出すと、またもスタンドでの打撃戦。
今度は元谷のキック、パンチの連打が扇久保の顔面をとらえる場面が増えてくる。
扇久保もパンチを出すがなかなかクリーンヒットさせることができない。しかし扇久保はまたもタックルでテイクダウン。上を取ったところで試合終了のゴングが鳴った。
判定は1人目は元谷、2人目は扇久保と割れたが3人目が扇久保で2-1で扇久保が激闘を制した。
扇久保は試合後のリングで「榊原さん、次、憂流迦選手と石渡選手、勝ったほうとやらせてください。お願いします。皆さん、楽しかったですか? これからも、日本のRIZINという舞台を盛り上げていくので、堀口、天心だけじゃなくて、僕らにも注目してください!」とアピールした。
扇久保は修斗の現世界フライ級王者、元谷はDEEPの元フライ&バンタム級王者と互いの団体の威信をかけた戦いでもあったが、今回は扇久保が修斗の面目を保った。
元谷「テイクダウンディフェンスが全然」
扇久保は試合後の会見では「(元谷は)強かったすね。最後は自分も疲れて雑になってしまい、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。すごい強かったです。テイクダウンを自分がとっていたので、そこかなと思う」と試合を振り返った。
対戦を希望した石渡vs佐々木の勝者、石渡については「仕留める能力が強くて気持ちも強い、すごい強い選手だと思います」と話しつつも、自分のテイクダウン能力については「行けると思う」と自信を見せた。
一方、元谷は「負けたんで、悔しい。テイクダウンがやっぱりうまかった。テイクダウンから寝かせることが強かった」などと扇久保を評した。判定が割れたようにどちらが勝ってもおかしくない展開だったのだが「テイクダウンディフェンスが全然で、寝かされてからのエスケープが全然良くなかった」と自らの敗因を語った。
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第12試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(70.0kg)※肘あり
●矢地祐介(KRAZY BEE)(判定0-3)朝倉未来(トライフォース赤坂)○
◆第11試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
○石渡伸太郎(CAVE)(2R3分58秒、ノースサウスチョーク)佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team)●
◆第10試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
●元谷友貴(フリー)(判定1-2)扇久保博正(パラエストラ松戸)○
◆第9試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○イヴァン・シュトルコフ(ロシア/ARCHANGEL MICHAEL CLUB) (2R4分10秒、TKO=レフェリーストップ)キム・フン(韓国/Team Fighter)
◆第8試合/スペシャルワンマッチ RIZIN
キックボクシングルール:3分3R(62.0kg)
〇大雅(TRY HARD GYM)(判定3-0)町田光(橋本道場)●
◆第7試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
●北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)(1R終了TKO=コーナーストップ)ジョニー・ケース(アメリカ/MMA LAB)〇
◆第6試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
○川尻達也(T-BLOOD)(判定3-0)アリ・アブドゥルカリコフ(ロシア/ Golden Team)●
◆第5試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)(1R3分5秒、TKO=グラウンドパンチ)廣田瑞人(CAVE)●
◆第4試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○ジェイク・ヒューン(アメリカ/Unit 27)(3R2分19秒、TKO=レフェリーストップ)ビタリー・シュメトフ(ロシア/USSR FIGHTERS)●
◆第3試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(49.0kg)※肘あり]
○ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA TEAM MAD)(1R3分14秒、TKOレフェリーストップ)前澤智(リバーサルジム立川ALPHA)●
◆第2試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(63.0kg)※肘あり]
●KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)(判定0-3)ステファニー・エッガー(スイス/BUDDY GYM)○
◆第1試合/スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(67.0kg)
●渡部太基(TEPPEN GYM)(判定0-2=28-29、28-28、28-29)Hideki(ボリビア/RISE / Team gloria)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.