画像: 激勝の川尻が「40代なめんな」20代に宣戦布告【7・28 RIZIN.17】

激勝の川尻が「40代なめんな」20代に宣戦布告【7・28 RIZIN.17】

川尻がアリに判定勝ち
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で10月から開催される「ライト級GP」の査定試合が組まれ、ホベルト・サトシ・ソウザ、川尻達也、ジョニー・ケースが勝利を収めた。
川尻はアリ・アブドゥルカリコフと3R互いに攻め手を緩めない総力戦を繰り広げた。
川尻はタックルでテイクダウンを狙うが、アリはこらえテイクダウンは許さない。それでも右足を離さない川尻。
アリが振りほどいても川尻はなおもタックル。川尻が足をかけて強引に引きずり倒し、サイドポジションを取るがマウントへ移行する間のスキをついてアリが立ち上がる。
2Rも川尻がタックルからのテイクダウンに成功し上を取るがアリも逆にバックを奪うなどめまぐるしく展開が動く。川尻はこの動きの中で左腕を取ってアームロックを狙う。極めきることはできなかったが、上を取る。アリが上を取り返すと川尻はフロントチョークと攻め手を緩めない。
試合後「格闘技最高ー!」と絶叫
3Rも死闘は続く。川尻がコーナーに押し込んで引き倒すとアリが体を入れ替えバック取る。川尻はバックを取られながら立ち上がるとコーナーに頭をつけ、左腕をアームロックにとらえる。そのままグラウンドに移行し、なおも左腕を絞り上げる。一瞬極まりかけるもアリは懸命に防御。ここで川尻はマウントに移行し肩固め。極まらないとみるや、川尻は技をとくとマウントに移行しパウンドの連打。アリも懸命なガードを見せ、このままゴングとなった。
判定は終始攻め続け、3Rに何度もあわやの場面を作った川尻が3-0で勝利を収めた。
川尻は試合後のリングであぐらをかいて座り込むと「アリ選手ありがとう。最後に一言だけ言わせてください。格闘技最高ー!ありがとう!」と絶叫した。
「メーンの勝者と戦いたいかな。一番弱いから」
試合後の会見では「久々に、自分らしい試合ができたというか、自分以上の試合ができた。接戦でいつも取りこぼして、3Rでやられるのが今までの俺だったんだけど、3Rで攻められたので、昔の自分より強くなれた。一歩乗り越えられた」「41歳になって、だいぶなめられている。ファイターにもRIZINの上の人にも、みんなになめられてると思うので、“40代、なめんな”って気持ちで、なめてる奴らの思いを覆したいという思いで、必死で戦いました」と激闘を振り返った。
ライト級GPについては「アリの前蹴りであごが痛い。あれだけ強い選手なんで五体満足でリングを下りられなかったけど、出られるなら出たいし、メーンの勝者と戦いたいかな」と話し、その理由について「一番弱いから。優勝したいから弱い奴と戦いたい」と強烈な宣戦布告。そして「20代 vs 40代は戦争だからね。絶対負けねー。40代なめんなっていうのは俺のテーマ。技術でも若さでも負けててもね、気持ちは絶対負けないから。全部ぶっ飛ばす。今日で自信持てた」と続けた。
ソウザが廣田にKO勝ち
ソウザは廣田瑞人と対戦し、右フックでTKO勝ちを収めた。
ソウザはいきなりタックルでテイクダウンを奪い、上のポジションから強烈なパンチを落とすなど主導権を握る。
なんとか蹴り上げで脱出する廣田だが、ソウザはなおもタックルにいくが廣田はここは切って距離を取る。
スタンドでの展開に活路を見出そうとした廣田に、ソウザの右のロングフックが炸裂。廣田がダウンしたところでソウザが追撃のパウンドを落とすとレフェリーが試合を止めた。
ケースは北岡を病院送り
ケースは北岡悟と対戦。1R終了後に北岡陣営からタオルが投げられ、TKOで勝利を収めた。
タックルを仕掛ける北岡だったが、ケースはこらえると顔面が空いた北岡にヒジと鉄槌を落とし続ける。それでも足を離さない北岡。ケースが立っても北岡はタックルのままコーナーに押し込む。
しかしケースが逆にテイクダウンに成功。上を取ってパウンドを連打する。北岡はケースの右足にからみつくが、ケースはパウンドの連打に鉄槌。なんとかしのぐ北岡だったがケースは上を取るとハーフガードの状態でパンチを連打。ここはゴングで救われた北岡だったが立ち上がることができず、セコンドの肩を借りて自コーナーへ。インターバル中に北岡の状態を確認したセコンドが続行は不可能と判断し、タオルを投入。北岡は担架に乗せられリングを降りた。
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第12試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(70.0kg)※肘あり
●矢地祐介(KRAZY BEE)(判定0-3)朝倉未来(トライフォース赤坂)○
◆第11試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
○石渡伸太郎(CAVE)(2R3分58秒、ノースサウスチョーク)佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team)●
◆第10試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
●元谷友貴(フリー)(判定1-2)扇久保博正(パラエストラ松戸)○
◆第9試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○イヴァン・シュトルコフ(ロシア/ARCHANGEL MICHAEL CLUB) (2R4分10秒、TKO=レフェリーストップ)キム・フン(韓国/Team Fighter)
◆第8試合/スペシャルワンマッチ RIZIN
キックボクシングルール:3分3R(62.0kg)
〇大雅(TRY HARD GYM)(判定3-0)町田光(橋本道場)●
◆第7試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
●北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)(1R終了TKO=コーナーストップ)ジョニー・ケース(アメリカ/MMA LAB)〇
◆第6試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
○川尻達也(T-BLOOD)(判定3-0)アリ・アブドゥルカリコフ(ロシア/ Golden Team)●
◆第5試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)(1R3分5秒、TKO=グラウンドパンチ)廣田瑞人(CAVE)●
◆第4試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○ジェイク・ヒューン(アメリカ/Unit 27)(3R2分19秒、TKO=レフェリーストップ)ビタリー・シュメトフ(ロシア/USSR FIGHTERS)●
◆第3試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(49.0kg)※肘あり]
○ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA TEAM MAD)(1R3分14秒、TKOレフェリーストップ)前澤智(リバーサルジム立川ALPHA)●
◆第2試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(63.0kg)※肘あり]
●KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)(判定0-3)ステファニー・エッガー(スイス/BUDDY GYM)○
◆第1試合/スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(67.0kg)
●渡部太基(TEPPEN GYM)(判定0-2=28-29、28-28、28-29)Hideki(ボリビア/RISE / Team gloria)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.