画像: ハム・ソヒが前澤に壮絶TKO勝ち。山本美憂に対戦アピール【7・28 RIZIN.17】

ハム・ソヒが前澤に壮絶TKO勝ち。山本美憂に対戦アピール【7・28 RIZIN.17】

強烈なひざ蹴りのラッシュ
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)でRIZIN初参戦を果たしたROAD FC女子アトム級王者のハム・ソヒがDEEP JEWELSアトム級王者の前澤智を相手に戦慄のKO勝ちで初陣を飾った。
サウスポーのソヒのプレッシャーに対し、的を絞らせないように動き回る前澤。ソヒがプレッシャーをかけコーナーに追い込むが体を入れ替え逃げる前澤。
ソヒがパンチからヒザでコーナーに追い込み、組み付くと首と腕を固めヒザを打ち込んでいく。ここは腕を抜いて脱出した前澤だったが、ソヒのプレッシャーは止まらない。
ラウンド終盤、ソヒの左のパンチからの右ヒザがボディーに入ると前澤の動きがガクッと落ちる。コーナーを背に座り込んだ前澤の顔面にソヒがヒザのラッシュ。前澤の動きが止まったところでレフェリーが試合を止めた。
ソヒは試合後のマイクで「チャンピオンに挑戦したい気持ちも強いですが、まず山本美憂選手と試合がしたいです。お願いします」と美憂との対戦をアピール。リングサイドで試合を観戦していた美憂は促されてリングに上がると「私もハム選手の試合を見て、試合がしたいと思いました。よろしくお願いします」と応じた。
この対戦が実現すればスーパー・アトム級王者・浜崎朱加への挑戦権をかけた戦いとなる。
「一人一人勝って最終的にチャンピオンに挑戦できたら」
ソヒは試合後の会見で「また再び日本のリングに立つことができてとてもうれしい。久しぶりの日本のリングということもあり、とても大きな舞台で、お客さんもたくさんいて、緊張しました。対戦相手の前澤選手は私にとっては、やりにくいスタイルの選手なので、それも緊張した要因だと思います」と試合を振り返った。
前澤については「合前の姿も非常に明るくてエネルギー溢れる、とてもエネルギッシュな選手。試合をしながらも彼女のそういう明るさやエネルギーを感じた。すごくエネルギッシュでよく動く選手なので、“扱いにくい、やりにくい”という感じがありました。その準備は十分にしていましたが、思ったより序盤は動かなくて自分の集中力が途絶えてしまったのですが、ニーキックはタイミングが合いました」などと話した。
試合後に美憂との対戦をアピールしたことについては「RIZINのリングに立つからには最終目標はチャンピオンになることですが、たかだか1回勝ったくらいで挑戦するのは、自分にとってもリスキーですし、そう簡単にはいかないと思っています。RIZINの、特に日本の選手は素晴らしいので、一人一人勝って着実にレベルアップを図り、最終的にチャンピオンに挑戦できたらと思っていますが、中でも美憂選手は強い選手なので挑戦したいと思いました」などと説明。美憂については「何といってもレスリングの経験が大変長い。MMAはレスリングの技が非常に有効に効果的に活用できる種目でもありますから、今まで彼女が培ってきたレスリングの技や、経験にプラスされて打撃が磨かれているので、いろんな意味でバランスのとれた素晴らしい選手ではないかと思います」と評した。
前澤は「根性が足りなかった。でも絶対超えてみせる」
敗れた前澤は試合後の会見で「根性が足りませんでした。膝が、お腹に入って、ちょっときかされてしまって、でもそれまでは自分の、自分のジムでの練習が出せたなっと思ったんですけど、打撃の厳しさというか怖さを改めて思い知らされたという感じ」と試合を振り返った。
ソヒについては「経験の差が...、実力もそうですけど経験値が高いということを、うまく言えないんですけど、空気で感じたというか。自分も打撃をかいくぐって当てられたかなと思うんですけど、もう少しこう...、もう少しリングに立っていたかったです」などと話した。そして「打つ、投げる、極めるという一個一個が、東京に出てきてから伸びてきてるかな、という感触はあったのですが、間をつなぐ接着部分がまだまだだなと思った。それを課題としてクリアしていきたい。またこの大舞台に立たせてもらえる資格が自分にあるんだったら、絶対に(ソヒを)超えてみせます」とも話した。
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第12試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(70.0kg)※肘あり
●矢地祐介(KRAZY BEE)(判定0-3)朝倉未来(トライフォース赤坂)○
◆第11試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
○石渡伸太郎(CAVE)(2R3分58秒、ノースサウスチョーク)佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team)●
◆第10試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
●元谷友貴(フリー)(判定1-2)扇久保博正(パラエストラ松戸)○
◆第9試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○イヴァン・シュトルコフ(ロシア/ARCHANGEL MICHAEL CLUB) (2R4分10秒、TKO=レフェリーストップ)キム・フン(韓国/Team Fighter)
◆第8試合/スペシャルワンマッチ RIZIN
キックボクシングルール:3分3R(62.0kg)
〇大雅(TRY HARD GYM)(判定3-0)町田光(橋本道場)●
◆第7試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
●北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)(1R終了TKO=コーナーストップ)ジョニー・ケース(アメリカ/MMA LAB)〇
◆第6試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)※肘あり
○川尻達也(T-BLOOD)(判定3-0)アリ・アブドゥルカリコフ(ロシア/ Golden Team)●
◆第5試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)(1R3分5秒、TKO=グラウンドパンチ)廣田瑞人(CAVE)●
◆第4試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(93.0kg)※肘あり
○ジェイク・ヒューン(アメリカ/Unit 27)(3R2分19秒、TKO=レフェリーストップ)
ビタリー・シュメトフ(ロシア/USSR FIGHTERS)●
◆第3試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(49.0kg)※肘あり]
○ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA TEAM MAD)(1R3分14秒、TKOレフェリーストップ)前澤智(リバーサルジム立川ALPHA)●
◆第2試合/スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分3R(63.0kg)※肘あり]
●KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)(判定0-3)ステファニー・エッガー(スイス/BUDDY GYM)○
◆第1試合/スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(67.0kg)
●渡部太基(TEPPEN GYM)(判定0-2=28-29、28-28、28-29)Hideki(ボリビア/RISE / Team gloria)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.