画像: フィギュア経験者ライターが見た! アイスショー「氷艶 hyoen」がすごいわけ

フィギュア経験者ライターが見た! アイスショー「氷艶 hyoen」がすごいわけ

7月26~28日まで横浜アリーナで開催されたアイスショー「氷艶 hyoen 2019 ―月光かりの如く―」が今年も盛況のうちに幕を下ろした。華やかなショーは数多くあれど「氷艶 hyoen」はその域を超えた、総合エンターテインメントとしての新たなジャンルを切り開きそうだ。
「氷艶 hyoen」シリーズは2017年に始まり、今年で2回目。第一弾の「氷艶 hyoen2017 ―破沙羅―」では、日本の伝統芸能・歌舞伎とコラボレーションし、歌舞伎の世界を氷上で表現。第二弾は、日本を代表する演出家・宮本亜門を迎え、世界最古の長編小説「源氏物語」をベースに、平安貴族の光と影を描いた。
ジャンルを超えたエンターテインメント
数あるアイスショーの中でも、個性的な演出で一線を画す「氷艶 hyoen」シリーズ。その秘密は、まず表現の幅広さにある。トップスケーターが織りなす優美なスケーティングは、平安貴族の華麗さそのもの。鬼気迫る疾走シーンの流れるようなスピードや、ドラマティックなスケーティングは、氷上の舞台・フィギュアスケートならではだ。荒川静香のイナバウアーや、ユリア・リプニツカヤのキャンドルスピンなど、おなじみの技の数々に、スポーツ競技としての魅力も凝縮されている。
筆者はかつてフィギュア競技者であったが、競技中の選手たちは、1g単位で衣装の軽量化を図る。今作に登場する十二単などの重い衣装を身にまとっての演技は、想像を絶するが、それを感じさせない高いクオリティーとみやびな舞に、スケーターたちの実力と作品にかける根気を感じた。
それだけではない。今回、主演を務める髙橋は、セリフや生歌に初挑戦した。第二幕の重要な場面、光源氏が仲間と再起を誓って、船の上で高らかに歌い上げるシーンでは、髙橋が迫力の歌唱を披露。髙橋自身も「スケートを通じこのようなエンターテインメントにかかわるとは思ってもみませんでした。新しい挑戦にやりがいを感じます」と、手応えを語る。
さらに、柚希礼音や平原綾香、西岡徳馬ら実力派俳優の演技や歌声は、作品に圧倒的な重厚感を与えた。和太鼓演奏、アクロバティックパフォーマンスの数々も見逃せない。まさに、スケーター、俳優陣、パフォーマーそれぞれの化学反応によって、現代版「源氏物語」が展開されていた。
アート×テクノロジーの映像演出
氷上を鮮やかに彩るデジタルテクノロジーにも目を奪われた。第一回公演に引き続き、映像演出は「チームラボ」が担当。今作では前回からさらに進化し、人々の動きによって映像が変化するインタラクティブ プロジェクションに挑戦。真っ白な氷上が、緑豊かな森や、荒波揺れる大海に大変身し、迫力と臨場感あふれる世界観を創り上げていた。日本らしい四季折々の景色とともに展開される映像美は、最新テクノロジーが成せる技だった。
アイスショーであり、音楽劇であり、アクロバティックパフォーマンスでもあった「氷艶 hyoen」。想像をはるかに超えた総合芸術は、国内外に新たな可能性を生み出すかもしれない。令和の時代にふさわしいニュージャンルとして、日本のエンターテインメント界に歴史を刻みそうだ。
(取材・文:丸山裕理)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.