画像: 高橋一生が初体験!新CMで女性を癒す精霊役

高橋一生が初体験!新CMで女性を癒す精霊役

高橋一生が30日、都内で行われた電子書籍配信サイト「コミックシーモア」の新CM発表会に出席した。
高橋演じるコミックシーモアの精が、一日頑張った女性たちに胸元の電子コミックを差し出すという内容。「役者人生で初めての精霊役」に高橋は「距離感が大事だと思った」といい、「傍にいれ寄り添うということを考えた」。また、「包容力......大事ですよねえ」と撮影を振り返った。
現在、漫画を原作とするドラマ『凪のお暇』(TBS系、金曜22時)に出演中。高橋は「原作のコナリさんがとてもかわいいらしい絵柄で描かれていて。実際にお芝居をさせていただくと結構ヘビーなシーンがあるんですけど、漫画で読むとそれがすごくライトに伝わってきたり。絵柄で左右されるなあ、と」。
マンガは「傍にいつも寄り添っていてくれた存在だと思います。元気をつけてくれたり、教訓めいたものを投げかけたりしてくれる」と、高橋。子どものころは、月曜日には『少年ジャンプ』を早く売っているところに走り、『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険 』を読んだという。
ターニングポイントとなった作品について聞かれると、『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険 』に加えて、『寄生獣』の岩明均による作品などをあげた。「勇気づけてくれた作品だったんだろうなと思います。今改めて読んでも哲学的な事がすごくたくさん盛り込まれているし、そうした一つひとつの漫画が自分の血肉になっていると思います」。さらに、俳優として活動するうえでも「(漫画は)多分に生きてくると思います。コマとコマの間に実際どういう動きをしているのかとか想像していく訳で、そういった想像力が培われていると思います」と、話した。
CMは31日からオンエア。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.