画像: 石渡伸太郎が「RIZIN.17」の佐々木戦を生セルフ解説【髙田横粂の世相談義】

石渡伸太郎が「RIZIN.17」の佐々木戦を生セルフ解説【髙田横粂の世相談義】

「最初の飛び蹴りとその後の距離感で倒せると思った」
「RIZIN.17」(7月28日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で佐々木憂流迦に一本勝ちした石渡伸太郎が一夜明けた29日、改めて試合を振り返った。
この日、石渡は RIZINで解説を務める髙田延彦と弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏によるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演した。
同番組ではこれまでも堀口恭司、那須川天心、浜崎朱加、RENAらRIZINファイターがゲスト出演。石渡も高田らとともに試合映像を見ながら生セルフ解説した。
映像が始まると1R開始とともに佐々木が放った飛び蹴りについて「やってくるのは分かってました」とさらり。「この最初に飛び込んできたのとその後の距離感を見て、“これは倒せる”と思った。そこから(自分のパンチが)でかくなってしまって、修正するのに時間がかかった。自分でも“でかいな”と思いながらパンチを打っていた」とまずは反省。
ゲームプランについては「打撃でダメージを与えて、テイクダウンをまぜていくつもりだった」という。
佐々木が堀口恭司を思わせる伝統派空手のようなステップを見せていたことについては「真似してんじゃねえよと思いました(笑)。真似しても違うからね、と」ちくり。
「なにが元UFCファイターだ」と反発心もちらり
佐々木の印象については「リーチの長さは気になった。最初は届かないかと思った」「極めが強い。バックチョークがあるということと、キックボクシングをNYで作り込んでいるので、その2つでした。あとはレスリングのバックボーンがあるからレスリング力があるとは思っていました」と評価しつつも「僕はUFCに行っていないので、“なにが元UFCファイターだ”と(笑)」と強烈な反発心も見せた。
1R中盤の左ストレートが当たった時には「体の力が抜けたのが分かった。手ごたえがあった」、終盤に佐々木が上になった場面では「寝かされた時は一つ何かを許したらフィニッシュにつながるかと思って丁寧にいった」などと試合中の心境について語った。
髙田が「憂流迦はバックチョークが代名詞だが、試合中はバックを取らせる取らせないに関して高い意識をもっていた?」と聞くと、石渡は「バックにつながる動作に対して警戒していました」と答えた。
1R終了後のインターバルではセコンドから「コントロールしているし上回っているが、(パンチが)でかい。大振りになっている」と指摘され「僕もそう思うと答えました(笑)」などとそのやり取りを明かした。
勝負が決した2Rについては「2Rが始まると(佐々木が)1Rの僕にアジャストしてきて、1Rと違う嫌さを感じたので“これがNYの作り込みか”と思いました」
2分を経過したあたりに佐々木にコーナーでバックを取られそうになった場面では「一番危なかった場面。ここ切り返せなかったら結構危なかった。結構圧力があった」と話し、この展開を脱して立ち上がったところで「このへんで2Rは佐々木選手優位に見えそうなので一段ギアをあげないと、と思った」という。
フィニッシュは左のフックを見せてから右のフックが炸裂。ヒザをついたうるかにヒザを叩き込み、最後はノースサウスチョークで一本を取った。このヒザも強烈だったのだが、石渡は「ヒザを打っている間に力がちょっとずつ戻っている感じがあったので“展開を変えないと”と思った。ヒザでは仕留められないと思った」とノースサウスチョークに移行した流れを説明した。
髙田は石渡の冷静な戦いっぷりと爆発力に「クレバーな野獣」
試合後の歓喜の表情については「“うれしい”と“ほっとした”と“ほらみろ!”みたいな気持ちとか感情が爆発した」
この冷静な戦いっぷりと爆発力に髙田は「クレバーな野獣」と石渡を評した。
そして対戦アピールがあった扇久保博正との対戦については改めて「やります。はい」とうなずいた。
また今後の目標としては「一戦一戦与えられた相手ををクリアして、この階級で世界で一番強いのが堀口恭司だと思うので、次の餌みたいにポンと出されるような相手ではなくて、本当にどっちが勝つのかとみんなが思ってもらえるくらいまでしっかりと勝ち続けなければいけないと思っている」と改めて堀口戦への思いを語った。
リング上の「扇久保選手と僕の見分けがつきますか?」という発言については「僕はコールされた時に右足を2回かいているんだけど、あれは友達とか廣田先輩とかに“マキバオーの騎手に似ている”と言われて“じゃあマキバオーで負けないのねー”という気持ちでやっている。その騎手に扇久保選手も似ているということなんです」と話した。
同番組は、元総合格闘家の体育会系・髙田と、トークバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターを務める東京大学法学部出身の横粂氏が「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論するワイドショー番組。
次回は「RIZIN.18」の翌日となる8月19日に生配信の予定となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.