画像: 東京2020大会の観戦チケット、セカンドチャンスは8月8日から

東京2020大会の観戦チケット、セカンドチャンスは8月8日から

「東京2020オリンピック観戦チケット第一次抽選販売の追加抽選販売」に関する記者会見が30日、都内で行われ、追加抽選の枚数やスケジュールが発表された。
第一次抽選販売では、ID登録約750万人に対し、購入チケット総数が322万枚。このなかで、申し込みを行ったが1枚も当たらなかった応募者に対し、追加の抽選発売を8月に実施する予定。枚数は68万枚を予定している。
抽選の受付期間は、8月8日未明〜8月19日11時59分まで。抽選結果の発表は、9月11日。購入手続き期間は9月11日〜9月24日23時59分まで。
対象は、水泳、陸上、野球、バスケットボールなど20競技、170セッション。開会式や閉会式は含まれない。くわしい競技一覧は、公式販売ウェブサイトに掲載予定。申込可能な上限セッションは、1セッションのみで、2セッション以上の申し込みは、自動的に落選となる。ただし、第二希望選択サービスの利用などで、別のセッションの申込が可能。申込可能な上限枚数は、予選は6枚、メダルのかかった決勝などは4枚までとなる。
対象者は、第一次抽選販売に申込をした512万人のうち、当選者約96万人をのぞいた約416万人。5月の第一次抽選販売に申込をしていない人や、第一次抽選販売の当選者、追加抽選販売で2セッション以上の申込をした者などは、無効となる。
オリンピック観戦チケットは今後、2019年秋に第二次抽選販売、2020年春に公式チケット販売サイトや、街なかのチケット販売所、公式リセールなどでの販売が予定されている。パラリンピックは、2019年8月に第一次抽選販売がスタート。2019年冬には、第二次抽選販売が予定されている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.