画像: 「現代お墓事情」タテからヨコへ。デザイン墓派の約1割は多いか少ないか

「現代お墓事情」タテからヨコへ。デザイン墓派の約1割は多いか少ないか

伝統的な和型からシンプルな洋型へ
全国約300社の石材店からなる「一般社団法人 全国優良石材店の会」(全優石)が7月30日、今年3月1日から5月31日にかけて行った「2019年度版 お墓購入者アンケート調査」の結果を発表した。
アンケートでは「建てたお墓の形」「購入価格」といったお墓の購入者の意識や実態というものが報告された。
それによると日本の伝統的なお墓の形であるタテ型の「和型」が32.4%、ヨコ型の「洋型」が48.6%、特注の「デザイン墓」が12.9%という結果となった。
和型はこの10年で17.1ポイント減少し、洋型は15.6ポイント増加と和型の下降傾向に一層の拍車がかかった。デザイン墓はこの10年間ほぼ12%強で推移している。
ヨコ型が増えたのは2011年の東日本大震災などでお墓が倒壊しているニュース映像を見る機会が増えたことから「より安定性を」ということでヨコ型を選ぶ人が増えている可能性があるという。
もっとも現在はお墓も耐震技術が開発され、タテ型だからといって必ずしも地震に弱いということはなくなっているよう。長さによっても異なるが約5万~10万円で免震施工が可能となっている。
デザイン墓というのは既製品の墓ではなく、デザインや大きさ、彫り込む文字など含め石材店と相談の上作成するもの。
この日合わせて発表された「第25回 想いを込めたお墓デザインコンテスト」の特賞を受賞したのは静岡県の新開さんが亡き母のために建立した富士山型のお墓。
同コンテストはお墓のデザインはもちろんだが、お墓づくりへの想いやエピソードも審査対象となっているもの。
今回の新開さんのお墓は亡き母と家族全員が大好きだった「自宅から見える富士山」の再現にチャレンジしたもので、家族の想いが形になったものという。
「建てた後にお墓参りにたくさん人が来るお墓がいいお墓」
この富士山型のお墓は静岡県ということもあり奇抜さは感じないが、中にはロボットを模したような奇抜なお墓もあるよう。もっともこういった特に奇抜なものは個人や夫婦、家族のお墓の場合が多く、いわゆる先祖代々の「家」のお墓の場合はまだまだ伝統的な形のものが多いようだ。
また気になる価格については平均購入価格は和型が171.1万円、洋型が154.1万円、デザイン墓が170.4万円となっている。これはヨコ型だと使う石の量が少ないからという物理的な問題が大きいよう。またアンケートでは最近はお墓を購入するにあたってのイニシアチブを女性が握ることが多く、低価格志向が高まっているようでヨコ型を希望するケースに拍車がかかっているという。とはいうものの、その一方で「シンプルでもオーソドックスなものは嫌」というデザイン重視の傾向も見られるという。
ここで気になるのがデザイン墓の170.4万円という数字。デザイン料や技能的にも通常のお墓より高い価格となりそうなのだが、これはあくまで平均値。デザイン料や技術料といったものは各石材店でばらばらで、なおかつお墓の大小も千差万別。小さくて石の量が少なく、簡素なデザインであれば低価格ですむが大きくて高度な技術が求められるようなものであればやはり高い価格帯になってしまうようだ。
全優石の吉田岳会長曰く「30年ほど前は和型がほとんど。徐々に洋型が増えてきて、デザイン墓は出た時は飛躍的に伸びたが、今は約10%に推移している。お墓なので“あまり奇抜なのはちょっと”と保守的に考える人が多いよう。デザイン墓を望むのはある一定のニーズなのかなと思う」とのこと。またデザイン墓というのは「形の前に誰のためにどういうものを建てたいか。思いを込めるとオリジナル性が強くなる」という側面もあることから、「世の中が変わって、形より気持ちを重視するような風潮が強くなれば、デザイン墓が増える可能性はある」とも話した。
また吉田氏は「いい墓」について「建てた後にお墓参りにたくさん人が来るお墓がいいお墓」と話している。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.