画像: メーンの皇治が必勝宣言「俺が大岩龍矢に負けたらK-1は終わる」【8・24 K-1大阪】

メーンの皇治が必勝宣言「俺が大岩龍矢に負けたらK-1は終わる」【8・24 K-1大阪】

「さらに上を目指すには今までやったことがないことをやらないといけない」
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のメーンを務める皇治が都内にあるK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフで公開練習を行った。
皇治は2年連続でK-1大阪大会のメインイベンターを務め、今年は“スペシャル・スーパーファイトin大阪”として大岩龍矢を迎え撃つ。
3月の「K'FESTA.2」以降、アメリカでの長期合宿を経て、大岩戦決定後は走り込みだけの合宿も行い、自らのレベルアップに努めてきた。
2つの合宿の目的について皇治は「さらに上を目指すには今までやったことがないことをやらないといけない」と話し「人としても成長したし、前回よりもさらに強くなってんちゃいますかね」とも。その言葉通り、公開練習でのミット打ちではパンチと蹴りを織り交ぜた力強いコンビネーションを繰り出した。
「今回は相手じゃなくてお客さんとの勝負」と大岩に対する態度は変わらず
練習後の会見では「今回は試合が決まってから初めて走り込みだけの合宿をやって、その辺のフルマラソンランナーに勝てるんちゃうか?くらい走ってきましたよ。K-1大阪大会じゃなくてオリンピックを目指そうかな、と」と半端ない走り込みをしてきたよう。
その目的については「大宮司さんと更なる上を目指してやっていて、土居先生とも一緒にやらせてもらっていて、今までやってなかったことをやらないと今より上にはいけない、と。走り込み合宿の前にはアメリカにも行ったし、さらに強くなってんちゃいますかね」などと話した。
そのアメリカ合宿については「大宮司さんと一緒に行かせてもらって、精神面からすべて鍛えられました。アメリカではビクトー・サラビアがいるジムに行ったんですけど、向こうのジムはヘッドギアせんと思いっきり殴ってくるんですよ。だから俺も意地でド突き合いしてきて、試合よりもフルで殴り合ってきましたね。外国の選手は身体も強いんで、勉強になったし、ええ経験になりました。大宮司さんと一緒に生活させてもらって、人としても成長したかなと思います」という。
対戦相手の大岩については「興味がない」と一貫している皇治。この日も「興味は全くないですよ。対戦相手としても全くない。俺は女も興味あるやつしか相手しないんですけど、今回は初めて興味ないやつを相手せないかんなって感じです」とキッパリ。「今までは相手を怒らそうと思って発言してたけど、それは俺と相手の2人で試合を盛り上げてきたという気持ちがあったから。だから俺は相手をリスペクトして煽って、食ってやろうと思ってたけど、今回はそれが全くない。だから(大岩には)リスペクトも何もないし、本当に興味がない。俺が一人で盛り上げたろうと思っています」と痛烈な言葉を投げ、「今回は相手じゃなくてお客さんとの勝負。どれだけお客さんを魅せられるか。そことの勝負です。チャンピオンでもない俺がメーンイベントの赤コーナーで試合できるのは俺にしかできんことやから。それが俺の価値で、そこには誇りを持っている。それに恥じない試合をせなあかんし、その部分には気合が入っています」と敵は大岩ではなく観客だと言い切った。
「相手として舐めているわけじゃない」とも
しかし「俺も調子乗りなんで、今まで何回も痛い目に遭っている(苦笑)。相手として舐めているわけじゃないし、ちゃんとやることはやって、映像も見ています。そのうえで普通にやれば大丈夫かなって感じ」としっかりと対策は練っているよう。
そのうえで「俺はこの試合がゴールじゃない。今回は自分が望むカードじゃなかっただけで、これからもっともっと盛り上げるためには、今回しっかりメーンの仕事をして発言権をデカくして、皆が望むことをやる。俺は去年より暴れるし、ぶっ飛びますよ。でも今回メーンの仕事をできなくて、しょうもない試合をしているようやったら、俺の仕事がなくなる。だから気合が入っているし、それこそ俺がアイツに負けたらK-1終わりますよ。俺とアイツは器が違うと思っているし、K-1を盛り上げている奴とそうじゃない奴の差を見せます」と改めて必勝を宣言した。
そして最後に皇治はファン、そして愛する皇治軍団に「いつもきれいごとじゃなく、俺はファンのために戦うことがすべて。もっとファンを盛り上げるためにしっかりメインを締めます。俺のカッコよさを見せるんで、皇治軍団は俺についてきてください」とメッセージを送った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.