画像: カリミアンが愛鷹の顔面破壊を予告【8・24 K-1大阪】

カリミアンが愛鷹の顔面破壊を予告【8・24 K-1大阪】

日本に滞在しみっちり練習。日にも焼け精悍さ増す
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場するK-1クルーザー級王者シナ・カリミアンが千葉にあるウィラサクレック・フェアテックスジム幕張で公開練習を行った。
カリミアンは「日本vs世界・5対5」で愛鷹亮と対戦する。
この日は2分×2Rのミット打ちを披露。ウィラサクレック・ウォンパサー会長が持つミットに重いパンチにキック、そしてヒザと多彩な打撃を放ち、会長が高く掲げたミットに何度もハイキックを叩き込んだ。
カリミアンは3月の「K'FESTA.2」で加藤久輝を相手にKO防衛を果たしたのだが、その時に比べやや日に焼け精悍さも増した姿。
練習後の会見では3月の試合後も日本で練習していたことを明かし、「ビーチで練習したのでその時に焼けました」と話した。
「試合前なら何とでも言える。試合後の彼の顔がどうなっているかを見てほしい」
この日の千葉県は最高気温33°Cを記録し、ジムも蒸し風呂のような暑さ。日本で夏に試合をするのは初めてとあってコンディション作りに苦労しているかと思いきや「去年のトーナメントは9月の終わりでまだ暑かったし、その前は日本と少し気候が似ているイラン北部で練習していた。多少暑さは厳しいけど大丈夫」と特に問題ではないよう。
会見などでは対戦相手に手厳しいコメントの多いカリミアンだが、この日も対戦相手の愛鷹については「特に言うことはない。自分の練習をしていくことが大事」とそっけない。
そして自らの試合について「リングに上がるごとにやり方を変えている」と話したうえで、愛鷹が「カリミアン選手とOD・KEN選手の試合を見て、十分戦えると思った」といった主旨の発言をしたことについては「試合前なら何とでも言える。試合後の彼の顔がどうなっているかを見てほしい」とKO予告した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.