画像: 関西ジャニーズJr.室龍太、仲間のデビューに「おめでとう!」

関西ジャニーズJr.室龍太、仲間のデビューに「おめでとう!」

舞台「オリエント急行殺人事件」の東京公演が9日開幕し、主演の小西遼生や関西ジャニーズJr.の室龍太、乃木坂46の伊藤純奈、演出の河原雅彦らが囲み取材に出席した。
これまで数々のクリエイターによって映画・ドラマ化されてきた人気長編推理小説「オリエント急行殺人事件」。2017年にアメリカで公演された舞台版が、この夏、河原雅彦の演出によって日本初演を飾った。7月26日の大阪公演を皮切りに、これまで大阪・名古屋で公演。8月9日からはサンシャイン劇場で、東京公演が開幕する。
演出を務めた河原は、「日本初演ということで、日本一面白いオリエント急行にしたいと思いました」と作品への意気込みを語った。人気作品の舞台化については、「これだけ有名な作品なので、犯人が分かった上で見る推理劇ってなかなかのハードル。ただ、クセの強い俳優さんが揃っていますので、それに関係なく楽しめる作品になっています」と見どころをアピールした。
気弱な秘書役を演じる関西ジャニーズJr.の室龍太は、「この作品で改めてお芝居の楽しさを感じました」と公演を振り返る。前日にジャニーズJr.の人気グループSixTONESとSnow Manが2020年にCDデビューすることが発表された点については、「おめでとう!頑張れよ、という気持ちです」とコメント。長年、関西ジャニーズJr.で一緒に活動してきた向井康二には電話で声を掛けたといい、「祝福の気持ちでいっぱいです」と仲間へエールを送った。
若く麗しい伯爵夫人を演じた乃木坂46の伊藤純奈は「すっとしているところと、可愛らしいところの二面性があるので、東京公演ではそれを濃く演じていきたいと思います」と意気込んだ。9月1日のコンサートで卒業するグループのキャプテン桜井玲香については、「(桜井)キャプもいま舞台中であまり話せていないので、現場が一緒になったら、たくさん思い出を作りたいです」と笑顔を浮かべた。
舞台「オリエント急行殺人事件」はサンシャイン劇場で8月18日まで。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.