画像: RIZIN初参戦の水垣「日本のMMA史上過去最高の選手」と堀口を絶賛【8・18 RIZIN.18】

RIZIN初参戦の水垣「日本のMMA史上過去最高の選手」と堀口を絶賛【8・18 RIZIN.18】

「RIZIN.18」でマネル・ケイプと対戦
「RIZIN.18」(8月18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)に出場する水垣偉弥が8月12日、神奈川県・横須賀で公開練習を行った。
水垣は2012〜2016年の長期にわたりUFCで活躍。14戦8勝6敗の成績を残し、途中、5連勝も記録。これは日本人では水垣だけの快挙で、文字通り世界に誇る日本のMMAファイターだ。。
UFCを離れてからはロシアのACBを経て、今年5月に「DEEP 89 IMPACT」に参戦。判定ではあったが昇侍を完封し、存在感を示した。
今回のRIZIN初参戦ではマネル・ケイプと対戦する。
この日は1分間のシャドーの後、2分間のミット打ちと2分間のマススパーを行った。マススパーではスタンドの打撃の攻防はもちろん、グラウンドでのパウンド。そこからポジションが変わってからのグラウンドのパンチ、タックルからグラウンドへ移行する際の動きなどまんべんなくチェックした。
練習後の会見では現在のコンディションについて「ここまでくると試合についてはやるだけ。今はどちらかというと計量のプレッシャーのほうがある。毎回そうなんですが、練習のほうは切り上がっているので、1回試合のことは忘れて体重を何とかすることに集中しています」とこの間、試合に向けては満足した練習ができているよう。
ケイプの「クレバーな部分」を警戒
水垣はかつては激しい打ち合いでファンを魅了してきたのだが「年齢のための劣化と必死の工夫の末、ファイトスタイルは変わっています。昔は打ち合いが自分の長所で、そこで勝つための戦い方をするための練習をしてきたんですが、最近はそこでやられてきて(笑)、コーディ(ガーブラント)とかとやって、世界のトップと真っ向からやっても自分の強みの部分では勝てないと分かった。もう一度上を目指すためには変えなきゃいけない部分が多くて、今は昔のように打ち合いには固執していない。相手の弱いところを攻めるというか、どこで戦うか、いろいろな選択肢を持って相手に考えさせたいなという思いが強い」などと最近のファイトスタイルの変化について語った。
そのうえでケイプについては「基本的には特別な対策というのは今までしたことがない。相手の試合を見て、それを普段の練習の中にどう落とし込んでいくか。ケイプが身体能力が高いのは見て分かるが、めっちゃ頭がいいなと思う。前回の試合を見ても、1Rと2Rでリズムを変えてきたり、使う手を変えてきたりとかしている。そういうところは本当に気をつけなきゃいけない。身体能力については実際にやってみないと、どんなスピードなのかといったところは分からないので、そこは考えすぎてもしようがない。どっちかというとクレバーな部分を気を付けている」などと警戒した。
現在モデルチェンジ中ではあるが、その段階については「50%くらい」としたうえで「年齢的にも残された時間はそうないので、やりながら変えていって、それがダメならそこまでの選手だったのかなって自分で納得がいく(笑)。やれることをやってどんどん強い選手にぶつかっていって、うまくいったら“やったー”だし、うまくいかなくても“やれることはやったし、しようがない”と思えるようにしたい」などと話した。
早期の堀口戦実現へ「圧倒していい勝ち方をしたい」
その状況でもケイプに勝てるという自信の表れかと思うと「格闘技に対する自信はもう全然なくて“弱いな”って思っている(笑)。ドミニク・クルーズにやられたあたりから、自分が強い選手だとは思えなくなった。だから成績もいまいち良くないのかもしれないんですけど、現実を受け止めて前に進むしかない。自分の格闘技に対する自信はとっくの昔にないですね(笑)」などとベテランらしい達観した考えを見せた。
初参戦となるRIZINについては「MMAファンがたくさん見ているのと同時に、RIZINのファンという人もいると思う。そういうファンは僕のことは知らないと思うので、そういうファンにまずアピールする試合ができれば。ちょうどケイプというRIZINでも何試合もしている目立っている選手の1人とやれるので」と今回の試合はRIZINファンへの名刺代わりの一戦といったところ。しかし「まあツイッターで絡まれて、こっちも絡み返せればいいんですけど、ちょっと苦手でそういうことができなかったんで(笑)。“ごめん、ケイプ”と思いながらやってるんですけど(笑)」と変わらぬ自然体で続けた。
RIZINへは堀口恭司との対戦を見据えての参戦となる。ケイプ戦は今後に向けての物差しとなる試合となるのだが「いい勝ち方ができればいいかなと思うんですが、まず勝つということが一番大事。まずRIZINで自分の強さを示さないとな、という思いがある。そのうえでいい勝ち方ができれば。でも堀口選手との試合をなるべく早く実現させるために、圧倒していい勝ち方をしたいという気持ちはある」と話した。
「バンタム級四天王とはあまり絡まずに堀口戦をさらっていきたい(笑)」
その堀口については「UFCではタイトルに挑戦してDJ(デメトリアス・ジョンソン)とほぼフルラウンド戦った。その時は負けちゃたんですけど、これから全然チャンスがあるなって思っていた。UFCのころは階級が違うんで安心していたところはあったんですけど(笑)。RIZINに出るようになって階級が一緒になったので、そこからは“ああ、同じ階級の敵になったのか”という緊張感を持ちつつ注目していた(笑)。今、RIZINとBellatorのチャンピオンで、すさまじいなという印象しかない。自分が北米でやってきたのでBellatorのベルトの価値がとどれくらい大変なことなのかということは肌身で分かっているので尊敬しかない。日本のMMA史上、過去最高の選手じゃないですか」などと語った。
自らが堀口に上回っているところについては「どうなんですかね? 上回っているところがあるかどうかは怪しいところですけど、リングで向かい合ってしまえば何が起こるか分からないというところにかけたい。とりあえず前に立つまでが最初の勝負だと思っている。あとは前に立つことが決まってから考えればいいかなと思ってます」などとここでもベテランらしく淡々と話す。
7月大会では「バンタム級四天王」と呼ばれる石渡伸太郎、佐々木憂流迦、元谷友貴、扇久保博正による直接対決2試合が組まれたのだが「この階級は日本人が強い階級だなという印象。その中でもあの4人は日本のトップ。そういう意味でいい試合を見せてもらった。緊張感がやばかった。なるべくあのへんとはあまり絡まずに堀口戦をさらっていきたいなっていう思いはあるんですが(笑)、絡むことになったら結構やばいですね。怖いですね。憂流迦君は向こうに拠点を置く前にうちのジムに来て、結構一緒に練習をしていたんで肌でも強さは分かっている。いや~嫌な階級ですね(笑)」と最後はまさかの弱気発言でけむに巻いた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.