画像: 横浜流星、飯豊まりえら「実は高校の同級生」。映画イベントで和気あいあい

横浜流星、飯豊まりえら「実は高校の同級生」。映画イベントで和気あいあい

映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会が12日、都内にて行われ、俳優の横浜流星、飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督と音楽を担当した神前暁が登壇した。
原作は河野裕によるシリーズ累計100万部の青春ファンタジー小説。この日は、実は高校の同級生だったという横浜と飯豊らが、和気あいあいとしたトークを繰り広げた。
悲観的な主人公・七草を演じた横浜と、理想主義的な幼なじみ真辺を演じた飯豊。司会から自分自身はどちらの人物に近いかと質問されると、横浜は「どちらの要素も持っていますけど、近いのは七草かな。僕も感情をあまり表に出すタイプではないので」。すると飯豊も「私はどちらかというと真辺に似ていて、横浜さんは七草に似ていると思う。私たちは根本的に正反対(笑)」と笑い、さらに「変な例えかもしれないけど、何を投げてもきれいにポーンと返ってくる感じ」と横浜のイメージを語ると、横浜は「僕は壁ですか(笑)」。今日の衣装にちなみ「白い壁?」とまぜっ返した飯豊に、すかさず横浜は作品のタイトルにかけて「青い壁です」。そんな横浜に、飯豊は「七草と同じで、どこか絶対的に受け入れてくれる感じがある。何を迷っても正しい道に導いてくれると感じて、まさに真辺と七草にシンクロしているというか、私はすごく共感していました」と信頼を語った。
他の共演者たちからも「陰と陽を持ってる」「振り幅がある」と言われた横浜は「はい、僕は二面性を持っていると思います」と涼しい顔で肯定。すると松岡が「流星くんは温泉に入るとすごい笑顔になるんですよ。一緒に入ったので」と明かし、飯豊は「何ですか、その情報(笑)」と苦笑していた。
『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.