画像: タランティーノ&ディカプリオが初の2ショット来日決定!

タランティーノ&ディカプリオが初の2ショット来日決定!

ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、4年ぶりとなる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をひっさげて主演レオナルド・ディカプリオとともに緊急来日することが決定!
同作は、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターの初共演でも話題の1本。タランティーノ監督が執筆に5年の歳月を費やし、2人が演じる映画界で生きる男たちの友情と絆を軸に1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫った意欲作となっている。
2人は8月26日に都内にて行われるジャパン・プレミアや記者会見に登場し、日本のファンに初”タラレオ”2ショットをお披露目するとのこと。ディカプリオは、映画のプロモーションとしては『レヴェナント:蘇えりし者』での2016年3月以来、3年5カ月ぶり11度目の来日。そしてタランティーノ監督は2013年2月の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来、6年半ぶりの来日。その『ジャンゴ』ではかなわなかった、タランティーノ監督×レオナルド・ディカプリオの名コンビそろっての初来日がこの度、実現する。
カンヌでのお披露目からスタートし、作品の舞台にもなっているLA、そしてヨーロッパに渡り、UK、ベルリン、ローマ、モスクワとプロモーションツアーに回ってきたタランティーノ監督の「ツアーの最後は日本で締めたい!」という、たっての希望で今回の2ショット日本初上陸が決定。
大の日本通で知られるタランティーノ監督に、たびたび日本でプライベートタイムを楽しむ姿も目撃されているディカプリオ。そんな2人がそろっての来日で、日本のファンにどんなメッセージを届けてくれるのか楽しみ!
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.