画像: 初来日のタロン・エガートン、日本のファンのサプライズに大興奮

初来日のタロン・エガートン、日本のファンのサプライズに大興奮

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア舞台挨拶が15日、都内にて行われエルトン・ジョンを演じた主演タロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が登場した。
イギリスが生んだ天才シンガーソングライター、エルトン・ジョンの半生を珠玉の名曲とともにつづる感動作。エルトン・ジョン自ら製作総指揮を務め『キングスマン』シリーズでブレイクしたタロン・エガートンがエルトンを演じ、日本でも大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』で最終監督を務めたフレッチャー監督がメガホンを取った。
ブルーカーペットイベントに続いて行われた舞台挨拶でも、大歓声で迎えられたタロンとフレッチャー監督。フレッチャー監督は「日本でクイーンが人気なのは知っていたので『ボヘミアンー』が当たったのはよく分かります。今回の映画が『ボヘミアンー』と違うのは、これは純粋なミュージカルで、タロンがアフレコなしで全曲歌っているんです。彼は演技が素晴らしいだけでなく歌唱力も並外れたものを持っている。撮影現場で歌った生歌を使っているので感情がストレートに伝わるはず」と胸を張った。
エルトンを演じたタロンは「あれだけ有名な人を存命中に演じるなんて俳優人生でもそうは無いことだと思う。しかも今回、彼は製作にも携わっていたので、作品作りを通して僕とエルトンとの間に深いつながりが生まれました。その友情は今でも続いていて、実際、数週間前まで僕は彼の南仏の家で、彼と彼の家族と一緒に過ごしていたんです」と、エルトンとの交流を明かした。
そんなタロンは「黒澤明監督が“多くの映画監督は映画を作るときに心ではなく頭を使っている”と言っていたという話を思い出したんですけど、この映画も、悲しいエピソードが描かれたりやエルトンの素晴らしい音楽を称える内容を盛り込みつつ、とにかくこの映画を撮っているとき僕らは喜びや愛に満ちた最高の時間を過ごしていたんです。関わった人みんなの心がこもった作品になっています」と本作への思いを語り「この映画は人間の、人間らしい、人間くさい作品なので世界中の人に共感してもらえているんだと思います。エルトンは成功した人だけど僕らと同じような苦しみを抱えていました。彼のような成功者だったり薬物依存である必要もなく、人間らしさに共感してもらえれば」とアピールした。
さらにこの日は、観客から2人にサプライズのプレゼントが。会場を埋め尽くすファンが、エルトン・ジョンの代表曲の1つ『Saturday Night’s Alright』に合わせて歌いながらサイリウムを振るパフォーマンスに、タロンと監督も大興奮。「素晴らしい! 」「アリガト!」と感激しきり。日本のファンのサプライズに大喜びしながら会場を後にした。
映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.