画像: 【インタビュー】浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢の「カメ止め」クリエイター陣がトリプル共同監督『イソップの思うツボ』

【インタビュー】浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢の「カメ止め」クリエイター陣がトリプル共同監督『イソップの思うツボ』

異例の大ヒットを記録し2018年最大の話題作となった『カメラを止めるな!』のクリエイター陣がこの夏、またもや日本をダマす!? 映画『イソップの思うツボ』は、「カメ止め」監督・上田慎一郎のオリジナル脚本をトリプル監督で映画化。上田とともにメガホンをとったのは『カメ止め』で助監督を務め、「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」や『君がまた走り出すとき』を監督した新進気鋭の監督・中泉裕矢と、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017でグランプリを獲得し、『カメ止め』ではスチールを担当した浅沼直也。三者三様の特徴を生かしつつ情熱をぶつけ合い、二転三転のドラマが繰り広げられる予測不能のエンターテインメント!
本作の企画が始まったのは2017年のこと。オムニバス映画『4/猫 ねこぶんのよん』(2015年公開)で各話を担当した際に意気投合した彼らは、若手クリエイター支援プロジェクトに「3名の共同監督による長編映画の制作・商業公開」という案を応募。見事採用されたことから制作が決定した。
中泉裕矢(以下:中泉)「オムニバスをやった後、もっと一緒に作品を作りたいね、次は長編やりたいねと話していて。それじゃ、3人が共同監督として1本の長編を作ろうと、ごく自然な流れでそういうことに。当時はさして疑問も抱かずそういうことになったんですが...脚本がほぼできるまで2年かかりました(笑)」
上田慎一郎(以下:上田)「まず2年以上、どういう企画にするのかという段階ですったもんだしていましたからね(笑)」
浅沼直也(以下:浅沼)「ほぼ何も進まない2年だったね」
上田「最初は、1人の女性の10代、20代、30代をそれぞれ撮ってみたらどうかとか。春夏秋冬とかの季節で分けようか、という案もあったけど、でもそれだとオムニバスと変わらない、となって。各々が短いプロットを出し合ったりもしたけど、それでも固まらなくて」
浅沼「例えば中泉さんの意見を、僕がいいね、と賛成しても上田さんが、いやちょっとそれは...みたいになると、そこで止まっちゃう。そういうことが2年間続いていたという状況でしたよね」
中泉「というか、上田さんと浅沼さんの好みが合わないことが多々あったんですよ(笑)。僕は、2人のアイデアでもちょっとでもいいなと思えたら膨らませようとしていたけど、どちらかが納得しない。結局、3人ともが面白いと思えることが、見つからなかったんですよ(笑)」
上田「後戻りできなかったのは大きかったよね。自主映画でやろうとしていたら、これは無理なんじゃないか、となっていたかも(笑)」
中泉「僕は、この映画本当に完成するのかな、ってずっと思っていましたから」
浅沼「僕はこの3人ならやれる、と思っていましたよ。構想で3年かけて、最後の数カ月でほぼ脚本を完成させましたけど、それまでの2年半は長い夏休みだったんだ、と。みんなでお互い好きな映画のベスト10を出し合ったり、それぞれが作った作品を見せ合ったり。企画自体は進んでいなくても、お互いの理解は進んだし。そして8月31日が来たからみんなで本気で宿題にとりかかった、と」
中泉「でも結局、撮影直前で3分の1くらい脚本に変更が出ましたけどね。キャストも大迷惑ですよね、台本持ちづらいし(笑)」
上田「決定稿を出してから撮影日までに変えたところが3〜40ページ分ありましたね」
浅沼「まあ、いいものにしようとそれだけ粘ったということですから」
上田・中泉「僕らがそれ言っちゃダメでしょ(笑)」
家族の仲は良いが友達はカメだけの内気な女子大生・亀田美羽。タレント家族の娘で、恋愛体質の女子大生・兎草早織。復讐代行屋の父とその日暮らしの生活を送る戌井小柚。まったく違う“ジャンル”を背負う3人の少女の物語が共鳴し合うにつれ、映画の展開は予測不能な方向へ。個性の違う3監督が各自を生かしつつ共同で演出するという、異例の手法が生み出したトリッキーさに翻弄されること必至。そんな監督たち自身は互いの“個性”をどうとらえているのかというと...。
上田「中泉さんはけっこう人情派でハートフルな人。浅沼さんはアーティストでありたい人というか“普通”を避ける人。その映画の演出方法として適しているかどうかよりまず“通常”を避ける、チャレンジングな人なんだと思う」
中泉「浅沼さんは確かにそういうところあるよね。上田さんはとにかくエンタメというか、お客さんの目線を強く持っていて、見る人をいかに楽しませるかを常に考えているし、映画を見ているときも、笑いにせよスリルにせよ楽しいか楽しくないか、感情が動く瞬間を大事にしている気がする」
浅沼「確かに中泉さんは人の気持ちを大切に描いているのは、演出を見ていても感じる。人情派だから、人物を真正面から見たい、撮りたいという感情が動くんだと思う。僕が上田さんておもしろいなと思うのは、僕は映画にはメッセージ性や社会批判の視点が大事だと思っているんですけど、上田さんは映画にメッセージを込めない(笑)」
上田「まあ、メッセージとかテーマ性は、にじみ出てくるのに任せたいんです。これを言いたい、というメッセージが映画より上にあってはいけない、と思っていて」
中泉「そこがエンタメ性というか、見ている人のことを考えて作ってるんだな、と思う。僕の場合だと、その時その人物がどう考えてどう感じているかが軸になるので、この人物ならここでこんな行動をしないだろう、というふうに理論的に考えていくけど、上田さんは“ここでどうなったらお客さんが楽しいか”という視点を忘れないもんね」
ちなみに、と好きな映画ベスト3を聞いてみると...確かに好みがバラバラ!
中泉「僕は、3本選ぶとしたら...『マイ・ガール』 (1991年) と『ビッグ・フィッシュ』(2003年)と...あと1本どうしよう。新海誠監督作から『雲のむこう、約束の場所』で」
浅沼「僕は自分のオールタイムベストランキングを作っていて、その都度、入れ替えたりしてますからすぐ出ます。2019年7月現在の上位3本、1位は『サンドラの週末』(2014年)、2位は『天国の日々』(1978年)、3位は『泥の河』(1981年)ですね」
中泉「どれも見たことない。やっぱり全然好みが違った(笑)」
上田「僕は3本あげるとまず『パルプ・フィクション』(1994年)...」
浅沼・中泉「上田さん、それ絶対入ってくるよね(笑)」
上田「あとは『ミッドナイト・ラン』(1988年)、 『スティング』(1973年)にしよう。いわゆる痛快エンターテインメントですね」
よく、ここまで好みが異なる3人で共同監督ができたものだが...。
上田「むしろ『パルプ・フィクション』と『ミッドナイト・ラン』と 『スティング』が好き、という3人だったら、逆にやる意味は無いと思います」
浅沼「それに、好みが同じだからこそちょっとした違いでぶつかっちゃうだろうね」
中泉「基本は分かり合えるけど、細かいこだわりが出てくるとお互い譲れないというか、最終的に理解し合えなくなってしまったでしょうね」
上田「やっぱり自分の範囲が似ているとディティールでぶつかるけど、好みのテイストが全然違うから発想がいろいろな方向に広がった。3人とも同じスタイルだったら方向性が狭くなっていたと思うよ」
中泉「おのおの運動しているけどやっているスポーツが違う、という感じかな。だからやりやすかった」
上田」「阪神ファンだけで野球映画を作ったらバイアスがかかりすぎるけど、阪神ファン、巨人ファン、ベイスターズファンで野球の映画を作れば、バランスもとれて、いろんな視点で楽しめる、ということですよね」
まったく好みの違う3監督が横一線で共同監督を務めるという異例の挑戦を経験した3人。お互いに、この先どんな挑戦を期待する?
浅沼「上田さんにはヤクザとかマフィア映画を作ってほしいかな。ちょっと大人なやつ」
上田「ビターなマフィア映画? なるほどね、それはいいかも」
浅沼「中泉さんは山登りが好きだから人情派の山岳映画を」
中泉「好きだけど(笑)。僕は浅沼さんにはサイレント映画をやってもらいたい。上田さんには『カメ止め2』。本当に、早く続編を作ればいいと思うよ」
上田「そうねえ...(笑)。僕は、中泉さんには、人情派監督が人情を抑制される映画製作の話を、自分を投影して作ってみてほしい(笑)。浅沼さんは、プロデューサーから“お前の作家性なんていらないから、とにかくエンタメを作れ!”とか言われて超娯楽映画に挑んだらどういうものができるのか見てみたい。それでも絶対に浅沼さんの作家性は残ると思うんだよね」
3人の次の挑戦も、予測不能!“混ぜるな、危険!”の3監督の個性がさく裂する、ハートフルでスリリングでチャレンジングなエンターテインメント。
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『イソップの思うツボ』
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢 出演:石川瑠華、井桁弘恵、紅甘他/1時間27分/アスミック・エース配給/ 8月16日(金)より全国公開 http://aesop-tsubo.asmik-ace.co.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.