画像: 銀座で熟成肉をいただく「銀座焼肉 サロン ド エイジングビーフ(銀座)」

銀座で熟成肉をいただく「銀座焼肉 サロン ド エイジングビーフ(銀座)」

【今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵】
おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは...?
日本一地価が高いといわれる銀座四丁目交差点すぐ。お肉のお店がテナントで多く入る新しいビルが誕生。そこで今回は、そんな肉ビル(探偵命名)の11階にオープンした「銀座焼肉 サロン ド エイジングビーフ」を調査する。
こちらは日本初の「熟成和牛焼肉専門店エイジングビーフ」の系列店。同店ではもともと高いポテンシャルを持つブランド牛である米沢牛を、3週間前後かけてゆっくりと熟成。うま味と香りがギュッと凝縮された濃厚な味わいの肉を焼き肉スタイルでいただく。
そしてそのあとに九谷焼の美しいお皿で提供されたナムルの盛り合わせは、これまでのナムルの概念を覆す素材と見た目。姫大根、姫ニンジン、スナップエンドウ、ごぼう、わけぎ、赤軸ほうれんそう、カブなどなど、それぞれの繊細な味わいが感動ものの一皿だ。
いよいよ、肉。ここではお店の人が1枚1枚ベストな状態に焼いてくれる。ハラミもランプもザブトンも極上カルビもコクとうま味が牛牛牛(ギュギュギュ)っと詰まっていて、野性味のある荒々しさとミルキーなマイルドさが一度に楽しめ、もう最高! 部位ごとにうま味を一番引き出す味付けで提供してくれ、そのすべてが完璧だ。そして探偵が一番悲鳴をあげた(いい意味で)のが、サーロインのミルフィーユ。うすーく切ったお肉を一枚一枚たれにつけ、5層に重ねたそれは、芸術品のよう。焼くと表面がカリっと、そして中はミディアムレアと香ばしさと生々しさのハーモニー。それをすだちの入った柑橘ダレにつけていただくと、濃厚なのにさっぱり。これまで食べたことのない肉のミルフィーユに完全にやられた探偵であった。
銀座焼肉 サロン ド エイジングビーフ
【住所】中央区銀座5-7-6 iliv11階
【TEL】03-6264-5157
【営業時間】平日 ランチ:11時30分〜15時/ディナー:17時〜23時30分、土日祝 11時30分~23時
【HP】 https://ginza.agingbeef.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.