画像: 【インタビュー】FANTASTICS、新曲『Dear Destiny』で魅せ、聴かせる新しい魅力

【インタビュー】FANTASTICS、新曲『Dear Destiny』で魅せ、聴かせる新しい魅力

FANTASTICS from EXILE TRIBEがニューシングル『Dear Destiny』をリリースする。EXILEの活躍にあこがれアーティストを目指してきた、Jr.EXILE世代のグループのひとつとして、注目を集めている彼ら。この夏はJr.EXILE世代が集結したライブ「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」を経験。リーダーの世界がステージ上で負傷し離脱を余儀なくされるも、見事にやり遂げ、さらなる成長を感じさせた。新曲では、艶のある少し大人の雰囲気のナンバーに挑戦している。リーダーの佐藤大樹、パフォーマーの瀬口黎弥、ボーカルの八木勇征に聞く。
――八木さん、『Dear Destiny』を最初に聴いた時の印象はいかがでしたか?
八木勇征(以下:八木):バラード調だったので、きた!という感じでした。もちろんパフォーマンスありきですが、やっぱりボーカル曲になり得る曲だと思うのでしっかり歌わなければいけないと思いました。
――ボーカルが前面に出るタイプの曲ですから、自然と気合が入りそうですね。
八木:そうですね。今回の楽曲は、前作の『Believe in Love』とはまた違ったバラード曲で、歌詞は小竹正人さんに書いていただいています。ディープな曲調になっているんですけど、“運命の人に出会えた”というすごく希望のある歌詞なので、レコーディングをする上で、暗くなりすぎず明るくなりすぎずのバランスを表現するのは難しかったです。最初のイントロの歌い始めは僕が歌っているんですけど、ここで全てを掴みにいく気持ちで歌いました。
――レコーディングでトライしたことはありますか?
八木:レコーディングでは、息の成分を少し多くしてより深みを出すというか、本当に隣で囁いているような感覚で聴いていただけるようにと臨みました。颯太(中島颯太)も自分も、それぞれ考えてきたものをレコーディングで実践してみて、僕が気付けなかったことも颯太から気付かされることもありましたし、逆に僕が提案することもあったので、お互いに気付き合うことがたくさんありました。
――完成したものを聞いてみて、特に気に入っているところはありますか?
瀬口黎弥(以下:瀬口):颯太の、「生まれたときから〜♪」の「か〜ら〜」のところがめちゃくちゃ好きなんです(笑)。ちょっとかすれた感じで(笑)。すごく響くんです。ミュージックビデオの撮影の時もそこがずっと響いていて。「ときから〜♪」、もう「き」から始まっていますね(笑)。ここめっちゃ気持ちいい(笑)。本当に響きますよねズキズキと。
佐藤大樹(以下、佐藤):すごいね(笑)。めっちゃ響いてる(笑)。僕は、めちゃくちゃライブがイメージできる曲だなと思ったんです。特に、間奏が終わってからラストサビにいく前に、ボーカルの英語の語りがあってそれもまた新しいことをやろうとしているなと感じました。パフォーマンスもボーカルのそういった新しいところも早くライブで披露したいなと思います。
八木:僕は大樹くんが言っていた、颯太の語り口調があって、曲の雰囲気をまた一回ガラッと変えて、ラストサビに持っていくところが良いなと思います。語り口調があってから、「I won’t let you down」のところで転調して上がっていくんですけど、バラードにしてはその転調の仕方がすごく独特だなと思っていて、盛り上がりが壮大というか。
――いろいろなめぐりあわせがあって『Dear Destiny』がFANTASTICSのところにやってきたんだと思いますが、なぜこのタイミングでやってきたと思いますか。
佐藤:勇征と颯太がこの年齢で、あえてこういった雰囲気の曲を歌って、すごく映える声質を持っているってことだと思います。若さを生かしたフレッシュなセカンドシングル『Flying Fish』があった時に、あえてバラード調の艶やかな、どこか色気のあるボーカル2人の声を生かしたのが狙いかなと思いますし、新しく出す楽曲によって、また新しいことに挑戦しているなと思ってもらえるような楽曲なので。
――前作の『Flying Fish』では、作詞された小竹正人さんからトビウオの写真が送られてきたという話がありましたが、今作については?
佐藤:“親愛なる運命の人を見つけた”という大々的なテーマは聞いていたんですが、詳しい部分は聞いていなかったんです。でも、ミュージックビデオの撮影現場に、小竹さん自ら足を運んでくださって、差し入れもしてくださったりしました。プライベートでも一緒にお食事をさせていただく機会が多いので、僕たちの素に近い部分をすごく理解してくださっているんです。特に勇征と颯太のボーカル2人に関しては、歌詞の言い回しやこの曲調だと2人の声が映えるんじゃないかということを知っている方なんです。
――さて、今回の振り付けですが......世界さん?
佐藤:この楽曲はメンバーの澤本夏輝が担当しています。普段から澤夏(澤本夏輝)はR&Bというジャンルを得意としているので、すごく線が綺麗なんです。
――これまでは世界さんが担当されていたと思うんですが、何か理由があるんでしょうか?
佐藤:曲を聴いた時に、メンバー間で振り付けは澤夏にお願いしようとなったので、今回はリクエストもなく全て澤夏に任せようということになって、間違いない振り付けを澤夏が作ってきてくれました。
瀬口:夏輝くんが作るとまた独特な世界観がありますし、あ、そこで音取るんだというところもあって驚きもあったので、ある意味僕もこの振り付けを踊ることがすごく新鮮でしたし、FANTASTICSでバラードを表現することも新鮮でした。ライブでも皆さんに楽しんでいただける曲になっていると思います。
――カップリングの『Every moment』について教えてください。
八木:『Every moment』は全国高校野球の都道府県別大会のテーマ曲にも起用していただいている曲なんですけど、まずは応援ソングとして聴いている方のモチベーションが上がるような情景を思い浮かべてレコーディングに臨ませていただきました。レコーディングの前から、高校野球のテーマソングになるというお話は聞いていて、それに向かって歌うのと歌わないのとでは全然違ってくると思うので頑張っている皆さんを応援できるように意識して歌いました。
――『ターミナル』はいかがでしょう?
八木:この曲は「上京」というテーマがあるんですけど、上京して地元を想う心情だったり、離れ離れになった好きな人や仲間を想って、また地元に戻った時に集まってふるさとを懐かしむということを歌詞を読んで感じました。僕は東京出身なので、上京している方の気持ちがなかなかわからないところもあったのでレコーディングする上では結構難しかったです。帰省する楽しみがないので、地方出身のメンバーがお正月帰省しているときすごくうらましいなと思います。
――誰かの帰省について帰るしかないですね(笑)。
瀬口:「黎弥くんの実家一緒に帰っていいですか」ってよく勇征言ってくるよね(笑)。何でお前がくるんだよって言ってるけど(笑)。
八木:僕の場合帰るじゃないですけどね(笑)。
――このシングルでは『Dear Destiny』という曲そのものだったり、澤本さんが振り付けを担当したことだったり、また今日お話したことを含めて、グループの成長を確実に感じます。7月の「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~(以下、BOT)」の経験も大きかったのではないでしょうか。
瀬口:本当にすごく貴重な経験をさせていただきました。4チーム(GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ)が集まって、ライブするのってなかなかないことですし、本番のみならずリハーサルや普段の挨拶や行動さえも勉強になることばかりでした。Jr.EXILEで1番先輩のGENERATIONSさんが引っ張ってくれたおかげで、たくさん学ぶことができましたし、他のグループがいることでFANTASTICSの良さだったり、逆に足りない部分もわかって。これからFANTASTICSが活動していく中で持ち帰ることができる良い経験をさせていただきました。
八木:最初は不安なことが多かったですけど、リハーサルを続けていく中で先輩方から寄り添ってきていただいて、いろいろ教えてくださったりもしたので、すごく感謝しています。ボーカルリハでは、龍友さん(数原龍友)から声の質についてアドバイスいただいたり、片寄さん(片寄涼太)からもライブ自体が盛り上がるように煽りのタイミングなどを教えていただきました。ただ歌うだけではなくて、どのタイミングでどう歌うか、パフォーマンスするかをこのライブを通して学ぶことができました。初日のライブを終えて思ったんです、今まで自分は歌に集中しすぎていたなって。
――佐藤さんはどうですか。いろいろあったBOTですから、FANTASTICSのメンバーの頼もしさも感じたのでは?
佐藤:そうですね、僕たちFANTASTICSがめちゃくちゃ試されたライブでしたね。スケジュールの都合上、本番直前までFANTASTICS全員でリハーサルできる時間がなくて、グループとしてちゃんとひとつに見えるかという不安もあったし、いろいろなアクシデントもあったりしたので。「......さあ、どうする」っていう。めちゃくちゃ神様に試されてるなと感じました。でも、今まで僕たちはそれよりも大きなことをたくさん乗り越えてきたので、たくさんの経験が生きたライブになったと思います。
――これからのFANTASTICS、もっと見逃せなくなってしまいました。今からもう次の楽曲が楽しみです。
(TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
New Single「Dear Destiny」8.21リリース
タイトル曲のほか、「Every moment」「ターミナル」を収録。BonusTrackには「Flying Fish English version」も収録されている。【CD+DVD】のDVDにはタイトル曲のミュージックビデオを収録した。【CD+DVD】は1852円、【CD】は1204円。
■FANTASTICS from EXILE TRIBE:https://m.tribe-m.jp/Artist/index/168

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.