画像: 男性33歳「どうしたらLINEで仲良くなれるでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 113人目】

男性33歳「どうしたらLINEで仲良くなれるでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 113人目】

こんにちは、黒田勇樹です。
昨日(20日)、脚本・演出を担当しました舞台「リトルスーサイド」が終了しました。お盆という演劇を見るのにいいのか悪いのかよく分からない時期でしたが、たくさんの皆さんに来ていただきましてありがとうございます。
そして同じく昨日からSOD女子社員×三栄町LIVE「女子社員演劇倶楽部~来るなサンSyain〜」が始まっていまして、23日の夜の回から出演させていただきます。こちらは俳優・黒田勇樹をお楽しみください。
さて今週は人生相談やります。まだまだ相談も募集中ですので、ぜひ。
さて始めましょう。
いかりらじお(男性33歳)のお悩み
好きな女の子と面と向かっての会話はできるのに...
好きな女の子と面と向かっての会話はできるのにLINEになると中々話題が出てこなくてLINEが続きません!
話題を無理やり作ってLINEした方が良いのでしょうか?
どうしたらLINEで仲良くなっていけるのか教えてください!!
黒田勇樹のアンサーは次ページ!
黒田勇樹「時間や空間が違う相手とは、争うことも成り代わることもできないんです」
相談ありがとうございます!
良いですか!? LINEは1人でするものじゃないので、続かないということは、どちらか一方が続けたくないということです!
お互いがLINEを続けたいのであれば、スタンプだけだろうと、夕陽の写真だろうと、なんだってアクションを起こせばやり取りが続いていきますが、どちらか一方が続けたくなければ、猫の動画を送ったところで、会話はすぐ終わってしまうんです!
相談者さんが続けたいと思っているのに、続かないということであれば相手は話題に関わらず続けたくないのだと考えた方が良いでしょう。
続けたくない相手からのLINEが連投されれば、段々と返事が1言だけになり、スタンプだけになり、既読スルー、未読、ミュート、最終的にはブロック!
LINEで女の子と仲良くなろうと思ったら、相手からの連絡には即レス。自分からの連絡は最低限かつシンプルにを心がけて下さい。
そして、話す話題は...
飯に誘え!映画に誘え!
会う約束して出てくればそれまでですし、出てこないなら脈がないから粘らず他に行け!
いいですか? どんなにメディアが発達しても、使う側は中世か原始人から大して進歩していないんです!
食欲に訴えるのが一番の近道です!
食欲が強い女は、性欲も強いから!
気をつけなければいけないのは、確実に相手を誘い出そうと「好きな食べ物は?」とか「どこのお店行く?」とか、何個も質問したりしないこと。
言いましたよね?自分からの連絡は最低限かつシンプルに。
「今夜、肉でも食いに行かない?」
こんなんで良いです。
相手にその気があればあとはどんどん話が進んでいきます。
僕に至っては、面倒な時は「セックスしたい」だけ送ったりしますが、これも相手にその気がある場合はあれよあれよと実現するす、無い相手とは縁が切れるのでおススメです。
相手の話はよく聞いて、自分からの話は事務的に相手の欲望をつついていく。
LINEはあくまでも呼び出すための罠! 手紙や電話、メールの延長。本番は、物理的に対面してからということをお忘れなく!
<人生相談の宛先はこちら>
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。
黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。
公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23
<最近の黒田くん>
「近況は、ブログでちぇっく!
https://ameblo.jp/kurodax-blog/entry-12489312029.html
「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog
「ファンクラブ始めました!」
https://camp-fire.jp/projects/view/10006

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.