画像: 福岡伸一教授「子どもの“センス・オブ・ワンダー”を刺激」、『あけてみよう かがくのとびら』展スタート

福岡伸一教授「子どもの“センス・オブ・ワンダー”を刺激」、『あけてみよう かがくのとびら』展スタート

1969年に創刊された親子向け月刊科学絵本「かがくのとも」。創刊50周年を記念して開催される『あけてみよう かがくのとびら』展に先駆け、22日に都内でプレス内覧会が行われた。
現在601号を数える「かがくのとも」から生まれた初の科学展。主催者の福音館書店の佐藤潤一代表取締役社長は、アポロ11号の月面着陸やいざなぎ景気などに湧いた当時の時代背景に触れ、「子どもの想像力を育んでいこうと、ひとつの物語のうえに立って科学を楽しんでもらうという意図で創刊され、そうした編集理念はいまでも続いている。著者の方々が子どもの心と向き合って1点1点丁寧に作り上げてくださったのが601号の積み重ねだと思っています」と挨拶した。
続いて監修を務める生物学者の福岡伸一青山学院大学教授が、本展の見どころを「入ったところにこれまでに出版された601点すべての表紙が出ていて、『こんな本があったな』、『これも覚えているな』と非常に懐かしい思いがした。子どもたちが持っている好奇心、“センス・オブ・ワンダー”を刺激して科学への扉をひらき、目の凝らし方や耳の澄ませ方、鼻の近づけ方をいろいろな形で教えてくれる」と解説。
さらに、「かがくのとも」から自身のおすすめとして4タイトルを紹介。音を出す虫を取り上げた『むしたちの おとのせかい』は「セミやコオロギといった虫だけでなく、近づいてきた鳥を脅すために“カチカチ”と不思議な音を出す幼虫がいます。虫が変な音を出すことに気がついていても、どういう意味があっていつその音を出すのか、思いが至らない子どもたちを誘(いざな)ってくれる」。また「今回も夜の展示コーナーがあるが、夜は怖いものであると同時に魅力的。子どもたちの好奇心を刺激してくれるとても優れた絵本だと思います」という『よるのいけ』。
『なりすます むしたち』は「保護色や擬態など自然になりすましたり、別のものに変身したりして身を隠す虫たちの特徴が克明に描かれています」。そして『チョウのふゆごし』は「夏はひらひら飛んでいるけれど、秋は数が少なくなって冬になるといなくなってしまう。すべてのチョウは死んでしまったのか、どうして次の春に現れるのか、チョウはいったいどう冬越ししているのかという疑問に見事に答えてくれる」と、それぞれの魅力を語った。
「こういった優れた本が601冊も蓄積されているだけで素晴らしいアーカイブであるとともに、未来への約束みたいなものであるとも思います」と締めくくった福岡教授。
本展では子どもたちの身のまわりにある科学への入り口を「しぜん」、「からだ」、「たべもの」、「のりもの」の4つのエリアから体験できる。夏休み最後のお出かけにぴったりの『あけてみよう かがくのとびら』展は、千代田区の「アーツ千代田 3331」1Fコミュニティスペースにて23日から9月8日まで行われている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.