画像: 皇治が延長にもつれ込む熱戦の末、大岩を振り切る【8・24 K-1大阪】

皇治が延長にもつれ込む熱戦の末、大岩を振り切る【8・24 K-1大阪】

試合前はとことんかみ合わなかった2人だったが、試合は白熱の攻防を展開
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のメインで行われた皇治vs大岩龍矢の一戦は延長にもつれ込む熱戦の末、2-1の判定で勝利を収めた。
大岩はかねてから皇治戦をアピールしていたのだが、皇治はことごとく拒否。しかし大岩が「皇治争奪戦」が裏テーマだった6月のK-1両国大会での芦澤竜誠戦に勝利を収め、ついに実現にこぎつけた。
芦澤に勝利後もSNSで舌戦を繰り広げた2人。カード発表会見では皇治が大岩を武尊のマネジャー扱いし、スケジュール帳を渡すパフォーマンスで大岩をおちょくったものの、大岩は後日、「便利なノートだった。ありがたい」と話すなど柳に風。
前日会見では皇治が大岩のことを飼い主に従順な「名犬ラッシー」になぞらえ大岩のことをずっと「ラッシー君」と呼んでいたのだが、大岩には「アッシー君」と聞こえていたようで会見後半になって「ラッシー君? アッシー君って聞こえていた」などと暖簾に腕押し。最後までかみ合わない展開が続いていた。
本戦では1-0で皇治。延長でも2人が支持
試合は1Rから激しい打ち合いが続く。大岩がプレッシャーをかけコーナーやロープに皇治を追い詰めるが、皇治はガードをしっかりと固め、その猛攻をしのいではカウンターを狙っていく。
スタミナが心配された大岩だったが、終盤になっても動きは鈍らない。しかし皇治も持ち前のスタミナを発揮し、2R以降は手数で上回っていく。
大岩がコーナーに詰める場面も多く、ジャッジが難しいラウンドが続いたまま、あっという間に3Rが終了。
判定は1人が皇治を支持したものの、2人がドローで延長へ。
延長ラウンドもプレッシャーをかけて詰めてはパンチを連打する大岩と、下がりながらも手数で上回る皇治という展開は変わらず、最後まで2人は手を休めない。
今回も判定が難しいラウンドとなったが、2人が皇治を支持。皇治が判定ながら難敵の大岩を破った。
改めてK-1ファイターとしての他団体出撃をアピール
皇治は試合後の会見で「今回は、試合前から超きつかったんです。いろいろあって。大殺界なんですよ、今年。一番悪い時期で試合前から最悪なことばっかり。人生で一番最悪。試合まで延長までいって辛かったです」と試合を振り返った。
大岩については「まあ、予想通りというか強かったですよ。フィジカルもあったし。でも大阪で俺がメインやから負けるわけには死んでもいかなかったのでギリギリ最低限の結果でホッとしています」
大岩が判定に異議を唱えていることについては「なんとも思わないです。勝ちは勝ちなんで。まあ、そういうのって判定のとか、どうのこうの言っても、勝ったほうが強いので、なんとも思わないです」
判定をものにしたポイントについては「意地ですかね。何に負けても気持ちで負けへんので、そこが意地というか、器の差が出たというか。まだまだ、実力は俺自身あると思うし、そこをずっと出せるように挑戦して行かなあかんし。いい加減盛り上がるだけじゃなくて、格闘技なのでそういう形もありだとは思うけど、KOを見せなアカンので、正直悔しい。まだまだ自分の課題」
試合後のリングで他団体への出撃を改めてアピールしたのだが「俺はずっと挑戦してきたし、俺、チャンピオンじゃない。チャンピオンじゃないのにメインできるのは俺しかいない。だから、K-1が大好きで、チャンピオンは守らなきゃいけないし、看板を背負っているので勝手なことできない。俺はチャンピオンじゃないけど背負ってる気がある、挑戦し続ける義務がチャンピオンじゃないからこそある。動けるのは俺しかいない。不可能と言われたことに挑戦し続けてメインを張れている自分、他団体に行けるのんは俺しかいない。俺はK-1ファイターとして行きたい。格闘家人生は、もう30歳で短いので、お偉方にお願いしたいですね。K-1代表として行かせてほしい。それが武尊の挑戦ならうれしいし、守る試合はしたくない。大岩くんがKO連発してくれて、俺のところまで上がってくれたらやるし今の知名度じゃ俺はやらない」などと大岩との再戦には否定的。そして他団体への出撃にこだわる理由を明かした。
大岩は倒せなかった自分と判定に怒り
一方の大岩は「正直、結果には納得いってないです。もうよく分かんないっすね。勝ったと思ってます。ただ、倒さなきゃいけない、倒さなきゃ勝てない。よく分かんない感じです。ぶっちゃけ、あんま怒んないんですけど、ムカついたり、今、史上最強にムカついてます」と試合を振り返った。
その怒りについては「倒せなかった自分と、判定っすかね。結果が全てと言われたらしょうがないですけど、ただ本当にムカつく、鬱陶しいです、この結果が。この感情をどこにぶつけていいかわからなくらい、悔しい、ムカつく」
再戦については「試合そういうのも、とりあえず気持ちが整理できてないです。今は感情が、よく分からないです」とやり場のない怒りを静かに爆発させた。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級/3分3R
○SEIYA(MAD MAX GYM)(判定3-0=30-28、30-28、30-28)鈴輝勇太(team ALL-WIN)●
◆プレリミナリーファイト第2試合/-53kg契約/3分3R
△黒田斗真(隆拳塾)(判定1-0=29-29、30-29、29-29)野田 蒼(月心会チーム侍)△
◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1フェザー級/3分3R
●新美貴士(名古屋JKファクトリー)(28-30、28-30、28-30)斗麗(WIZARDキックボクシングジム)○
◆第1試合/ スーパーファイト/K-1女子-52kg契約/3分3R・延長1R
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(判定3-0=30-28、30-27、30-27)真優(月心会チーム侍)●
◆第2試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
●椿原龍矢(月心会チーム侍)(判定0-2=29-29、29-30、28-29)蒼士(昇龍會)○
◆第3試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
●松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)(1R2分18秒、KO)近藤魁成(大成会館)〇
◆第4試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
○篠原悠人(DURGA)(判定3-0=28-26、28-26、28-26)川﨑真一朗(月心会ラスカルジム)●
◆第5試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○大和哲也(大和ジム)(30-26、30-25、30-25)近藤拳成(大成会館)●
◆第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-27、30-27)平山 迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●
◆第7試合/日本vs世界・5対5/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
○愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(3R57秒、KO)シナ・カリミアン(イラン/WSRフェアテックス・イラン)●
◆第8試合/日本vs世界・5対5/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
○城戸康裕(谷山ジム)(2R1分48秒、KO)アントニオ・ゴメス(スペイン/MTK Marbella)●
◆第9試合/日本vs世界・5対5/-68kg契約/3分3R・延長1R
●大泉翔(昇龍會)(1R2分17秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)○
◆第10試合/日本vs世界・5対5/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(2R2分35秒、KO)サミ・ラミリ(スイス/Mejiro Gym Amsterdam)●
◆第11試合/日本vs世界・5対5/K-1ライト級/3分3R・延長1R
○林 健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)(2R3分3秒、KO)デニス・デミルカプ(ベルギー/Elite Training Center/Team Elite)●
◆第12試合/【株式会社メインステージPresents】スペシャル・スーパーファイトin大阪/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○皇治(TEAM ONE)(延長判定2-1=10-9、9-10、10-9 ※本戦1-0=29-28、29-29、29-29)大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.