画像: 香取慎吾「パラで人生観が変わった」、稲垣吾郎、草彅剛とともにパラリンピック1年前イベントで応援呼びかけ

香取慎吾「パラで人生観が変わった」、稲垣吾郎、草彅剛とともにパラリンピック1年前イベントで応援呼びかけ

東京2020パラリンピックの開幕1年前を祝う「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンイベント みんなのスポーツ×ファンフェスティバル」が25日、都内で行われ、香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎、国際パラリンピック委員会(以下、IPC)副会長のドゥエーン・ケール氏が出席した。
パラリンピック開幕まであと1年となったこの日、イベントに出席した稲垣は、「あと1年だなと実感します。僕らが発信することで、ファンの皆さんにパラスポーツを知っていただけているというムードを感じている。この勢いで盛り上げていきたいですね」と意気込んだ。
昨年の平昌パラリンピックで現地取材に行った香取は「平昌で大会を見たことが一番大きかったですね。こんなスポーツがあるんだ 、こんなにハッピーなものがあるんだ、ということを知った。皆さんもパラスポーツの全部を知らなくても、東京大会を見ることで人生観が変わると思います」と目を輝かせた。
パラリンピックの認知度向上へは、IPCケール副会長も3人に期待を寄せる。「日曜日の朝にこれだけのメディアが来ていることが、3人のすごさを証明している。これまでSNSを通じてパラリンピックの認知度あげてくれ、今までなかった人が興味を持ち始めている。慎吾は平昌大会に行き、そこでの体験が人生観を変えたとコメントいただいた。皆さんにも人生観が変わるような経験をしていただきたい」と語った。
IPC特別親善大使として活動を続ける3人は、パラリンピックの魅力についても語った。草彅は「選手の皆さんが明るくて圧倒される。見ているこちらを強くしてくれるような、選手の明るさが魅力ですね」とコメント。また稲垣は、「新しいスポーツ。ラグビーや水泳など、もとから知っているもののイメージを覆されます。ルールや細かいクラス分けなど、新しく発見する楽しさがある。学びながら見る楽しさがありますね」と魅力を語った。
その後、行われたイベントステージでは、3人が競技用の車いすに乗り、車いすテニスを体験。以前、車いすテニスの金メダリスト国枝慎吾から指導を受けたという香取は、伸びやかなスマッシュを披露。「僕が一番うまいと思います!」と自画自賛し、来場者を楽しませた。最後は3人が「パラリンピックチケットの抽選申し込みが始まっています。ぜひ申し込んで、会場で一緒に応援しましょう!」と呼びかけ、会を締めくくった。パラリンピック観戦チケットの抽選申し込みは、9月9日まで。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.