画像: ディカプリオとタランティーノの2ショット姿に日本のファンも大感激

ディカプリオとタランティーノの2ショット姿に日本のファンも大感激

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のジャパンプレミアが26日、都内にて行われ、レオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ、シャノン・マッキントッシュプロデューサーが登場。初の2ショット来日をはたしたディカプリオとタランティーノ監督を日本のファンが大歓声で迎えた。
熱狂的なファンにたっぷりとサービスを行った2人。タランティーノ監督は、日本のファンが呼ぶ愛称“タラちゃん”がお気に入りと見え「日本に戻ってくることができてタラちゃんはベリー・ハッピー。実は妻が妊娠して、小さなタラちゃんが生まれてくるんだ」と日本のファンに報告。飛び交う祝福の声に感激の面持ちを見せていた。
ディカプリオは「20年以上、日本に来続けていますが、今日のファンはとくに最高」と会場のファンに笑顔。「本作で一番よかったことは監督と仕事できたこと」と、もはや黄金タッグとなったタランティーノ監督をたたえ、共演のブラッド・ピットについては「俳優として素晴らしいのはもちろん、人間的にも余裕があって、いろいろなものを与えてくれる人。同じ業界で同時期に育ってきた僕らだから、役にもすぐになりきることができたよ」とバディー役の手ごたえを語った。
そんな2人についてタランティーノ監督も「2人の共演シーンは、カメラ越しに見ている僕も映画館にいるような気になったよ」とハリウッドの2大スターとの仕事を振り返った。
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.