画像: T.T彩たまが琉球との激闘制し悲願の開幕戦勝利【8・30 Tリーグ】

T.T彩たまが琉球との激闘制し悲願の開幕戦勝利【8・30 Tリーグ】

ダブルスは彩たまの黃鎮廷、平野友樹組が勝利
卓球「Tリーグ」の「T.T彩たまvs琉球アスティーダ」(8月30日、東京・アリーナ立川立飛)で彩たまが3-1で勝利を収めた。
2年目を迎えたTリーグは前日の「木下マイスター東京vs岡山リベッツ」で開幕。彩たまと琉球にとってはこの日が2年目のスタートとなった。
昨年、彩たまは3位、琉球は4位と悔しいシーズンとなった。
彩たまはリアム・ピッチフォード、トルルス・モーレゴードと欧州2選手を補強。琉球は大きく離された4位でなおかつエースの丹羽孝希が木下マイスター東京に移籍という苦しい状況ではあったが、李平、朱世赫、木造勇人、開幕前に吉村真晴を補強し厚い選手層で今シーズンに臨むこととなった。
ファーストマッチのダブルスは彩たまが黃鎮廷、平野友樹、琉球は李平、木造勇人のペア。
黃は昨年、ダブルスで岡山の森薗政崇、上田仁に次ぐ3位にランキング。平野も6位と実績のあるペア。琉球の2人は今季から加入のフレッシュなペア。木造は全日本選手権の男子複チャンピオンで昨年、ダブルスでの勝ち星が伸びなかった琉球にとっては鍵を握る存在だ。
第1ゲームはコンビネーションで勝る彩たまペアが中盤に7ポイント連取。一気にペースを握るとそのまま11-5で第1ゲームを取る。
第2ゲームは序盤こそ琉球が先制もすぐに彩たまが逆転。ここで琉球はタイムアウトを取って、打開を図るが、彩たまの2人の勢いは止められない。鮮やかなスマッシュを立て続けに決められマッチポイントを迎える。
10-7となったところで彩たまがタイムアウト。再開後に琉球が2ポイントを返し1点差まで詰め寄ったが、最後はレシーブが外れ、11-9で彩たまペアが取り、2-0で第1マッチを制した。
Tリーグデビュー戦のピッチフォードがフルゲームのシーソーゲームを制し初白星
第2マッチは彩たまのリアム・ピッチフォードと琉球の吉村真晴によるシングルス。
ピッチフォードは今季から加入の世界ランク12位の世界でもトップクラスの選手。開幕直前に獲得が発表された吉村は2016年リオ五輪の団体銀メダルのメンバーだ。
第1ゲームはピッチフォードが正確なバックと強烈なフォアで吉村を攻め立てるが、吉村も食らいつき10-10。今季からジュースが廃止され、ここでポイントを奪ったほうがこのゲームを奪うことになる。激しい動きのラリーの末、ピッチフォードがバックで逆サイドを突き、このゲームをものにした。
第2ゲームはネットにかかるラッキーなプレーもあり序盤は吉村が8-2と大きくリードするが、ピッチフォードは怒涛の追い上げ。7-9まで押し返すが最後は11-7で吉村が取り1-1のタイとした。
第3ゲームはこれまでと違い派手なラリーこそなかったが、1点を取り合うシーソーゲーム。最後はピッチフォードのバックのレシーブがネットに当たり大きく外れ、吉村が11-7で取り、2-1とした。
第4ゲームも第3ゲーム同様、一進一退の攻防が続く。ピッチフォードのバックが冴えわたり、徐々に吉村を引き離すと11-8で取り2-2のタイとした。
最終の第5ゲームは6-6からスタート。地力で勝るピッチフォードが9-8としたところで琉球がタイムアウト。ここから吉村が反撃を見せ、10-10。
第5ゲームはジュースあり。吉村のレシーブがネットにかかり方向が変わるなど、ピッチフォードにとってアンラッキーなプレーもあったが、11-11からピッチフォードが2ポイントを連取し、吉村を振り切った。
3-2でピッチフォードの勝利となり、これで彩たまの2勝となった。
ピッチフォードは試合後「試合自体は個人的にもチーム的にも良かった。初めての試合で緊張したが勝てたし、Tリーグも全体的に良かった。最初の3ゲームは良くなかった。監督のアドバイスでバック対バックで勝負したほうがいいと言われたなかで、レシーブも4、5ゲームで良くなってバック対バックの展開が作れて良かった」などと試合を振り返った。
またTリーグについては「世界のトップ選手がたくさんいて、来年の五輪に向けて強い選手と試合をしていくのが自分にとって重要だと思ったので参戦を決めた。ヨーロッパリーグはもっとお客さんが少ない。演出も含めて、Tリーグのほうがよりプロフェッショナルな感じ」などと話した。
村松が黃鎮廷にしのぎ勝つ
第3マッチは彩たまの黃鎮廷と琉球の村松雄斗によるシングルス。
村松は昨年はケガで1試合も出場できず、この日が晴れてのTリーグデビュー戦となる。
第1ゲームは序盤、村松のカットが冴え黃を翻弄。しかし黃は4-8の劣勢から3ポイントを連取。強烈なスマッシュに村松のカットがネットとなる場面が続いたが、村松は修正。11-8で黄を振り切り第1ゲームを先取した。
第2ゲームに入り、なおも村松のカットが冴えわたる。しかし黃も打ち返し、ラリーが続く。村松のカットも含んだ緩急のついたラリーに観客は声援も忘れ見入る場面も。しかし村松のレシーブがオーバーする場面が続き、このゲームは11-6で黃が取る。
第3ゲームになると村松が緩急をつけた攻撃で黃を揺さぶるが、百戦錬磨の黃も速いレシーブで応戦。黃が10-9とリードしたところで彩たまがタイムアウト。しかし再開後、村松が2ポイントを連取し逆転。ゲームカウントを2-1とした。
第3ゲームの逆転の勢いのまま、第4ゲームは村松が序盤4-1と引き離すが、黃もすぐに追いつく。9-7となったところで琉球がタイムアウト。しかし再開後に黃が3ポイントを連取し10-9と逆転し一気にゲームポイントを迎えると最後は強烈なスマッシュを決め11-9で取り、2-2のタイとした。
第5ゲームは6-6からのスタート。最初のポイントから長いラリーが続く。村松のカットに根負けせず打ち勝った黃だったが、その後3ポイントを失い7-9となるが、ここから2ポイントを取り返し9-9。最後までもつれる展開に会場が沸く。
ここからなおももつれ10-10とジュースとなるが村松は続けてスマッシュを決め12-10で黃を振り切った。
村松が3-2で勝利。琉球が初勝利を挙げた。
神がTリーグ初勝利
第4マッチは彩たまの神巧也と琉球の朱世赫によるシングルス。ともにこの試合がTリーグデビュー戦となる。
第1ゲームは神の強打と朱のカットで長いラリーが続き、一進一退の攻防が続くが最後は朱が11-7で先制。
第2ゲームも朱の粘り強いカットにあう神だったが、最後までしっかり打ち返す。ともにミスをすることなく長いラリーが続くが、徐々に神が押し込み、11-7で取り返す。
第3ゲームになって流れを引き寄せたのは神。強打で朱を追い込み、10-5とゲームポイントを迎えると最後は豪快なスマッシュを決め10-7で取り、ゲームカウントを2-1とした。
第4ゲームを取ればチームの勝利となる神だったが、力んだか一時は5-1とリードを許す。しかし黄のミスに乗じ、5-6と追い上げると琉球がタイムアウト。再開後、神が2ポイントを連取し7-6と逆転。しかし黄がここから底力を発揮。7-8から4ポイントを連取し逆転。2-2のタイに戻した。
第5ゲームは6-6からスタート。
いきなり朱のレシーブが台の角に当たり、これはサイドボールと判定。神のポイントとなり、神がここから2ポイント連取。9-7となったところで彩たまがタイムアウト。再開後、神が取って10-7とマッチポイントとするが、朱は逆サイドへのスマッシュで8-10。なおもポイントを重ね9-10と詰め寄ったが、最後は神が振り切り11-9でこのゲームを取り、3-2で勝利を収めた。
これで3勝1敗とした彩たまが今季の開幕戦を飾った。
「魂のカット打ち(笑)。小技はできないんであれしかない」
勝利を決めた神は「いつも通りのカット打ちをしただけ。僕はスマートなプレーはできないし泥臭くやるだけ。いつも通りの、魂のカット打ちです(笑)。小技はできないんであれしかないです。朱世赫に勝てたのは自分としてはうれしい。フォアでしていたレシーブをチキータに変えたのが功を奏した。そこで思い切れたのが良かった」などと試合を振り返った。
試合後、彩たまの坂本竜介監督は「見てるほうは手の汗が乾く暇がなかった。昨年は開幕戦で負けてしまったので、今シーズンはなんとしても勝ちたいと思っていた。琉球さんも素晴らしいプレーで卓球ファンを楽しませてくれたんではないと思う。チームは完璧。ピッチフォードは来週からヨーロッパ選手権がある中で日本に来てくれた。今日は初戦でかなりプレッシャーがある中で大きな勝ち星を挙げてくれた」などと試合を振り返った。
琉球の張一博監督は「紙一重。勝ってもおかしくない試合だった。悪くない。前シーズンはダブルスの勝率は低かった。今シーズンはいろいろなペアを組んで行けるようにしたい。負けたけど悪くない出来。負けたけど全ての試合が惜しかった。勝っても負けてもおかしくなかった」と敗れはしたものの今シーズンに向け大きな手応えを感じたようだった。
「T.T彩たまvs琉球アスティーダ」(8月30日、東京・アリーナ立川立飛)
T.T彩たま(3-1)琉球アスティーダ
◆第1マッチ
〇黃鎮廷、平野友樹(2-0=11-5、11-9)李 平、木造勇人●
◆第2マッチ
○リアム・ピッチフォード(3-2=11-10、7-11、7-11、11-8、13-11)吉村真晴●
◆第3マッチ
●黃鎮廷(2-3=8-11、11-6、10-11、11-9、10-12)村松雄斗〇
◆第4マッチ
〇神 巧也(3-2=7-11、11-7、11-7、8-11、11-9)朱 世赫(チュ セヒョク)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.