画像: K-Jeeが弟分のRUIにKO勝ちで初代クルーザー級王座獲得【8・31 K-1 KRUSH】

K-Jeeが弟分のRUIにKO勝ちで初代クルーザー級王座獲得【8・31 K-1 KRUSH】

序盤はRUIのヒザに苦しむも...
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)で行われた「初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦」でK-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)とRUI(K-1ジム蒲田チームキングス)が対戦。
K-Jeeが2RKOで勝利を収め、初代王者に輝いた。
試合はRUIの蹴りとヒザにK-Jeeがパンチで対抗――というのが戦前の見方。
リーチの長いRUIに対し、距離を詰めたいK-Jeeだったが、RUIは前蹴りでK-Jeeを入れさせない。しかしK-Jeeは強引に前に出てローからパンチの連打。RUIのハイキックをバックステップで交わすと右ストレート、右ハイとヒットさせ、なおも追うが足を滑らせ追撃のチャンスを逃す。
2Rに2つのダウンを奪いフィニッシュ
2Rに入っても距離をめぐる攻防が続く。RUIは左ハイにミドルで前に出るがK-Jeeはカウンターの右ストレート。RUIがぐらついたところで追撃の左ストレートで最初のダウンを奪う。
立ち上がったRUIはプレッシャーをかけ前に出るがK-Jeeは押し負けず、右ヒザからパンチの連打で2度目のダウンを奪うと、今回はRUIは大の字。レフェリーが試合を止め、K-JeeがKO勝ちを収めた。
2人はかつて福岡のジムで同門として切磋琢磨した仲だったのだが、兄貴分のK-Jeeが面子を保った形となった。
K-1福岡大会の開催をアピール
試合後のリングでK-Jeeは「いま九州の選手が育っている。もとは俺もRUIも成合選手も小倉の同じジムで練習していました。いま九州の格闘技のレベルが上がっていて、ファンも増えています。この勢いでさらに盛り上げて来年、K-1福岡大会、ぜひやりましょう」とK-1九州大会の開催をアピール。
そして「先週、愛鷹選手がチャンピオンのカリミアン選手を倒して、かなりシビれました。ダイレクトリマッチがあるのか分からないけど、愛鷹選手とは1勝1敗で決着がついてないんで、一緒にクルーザー級を盛り上げられたらと思ってます。よろしくお願いします」と早くも次の目標としてK-1のクルーザー級戦線への殴り込みを宣言した。
試合後の会見では「無事に勝ててよかった、それだけ。コンビネーションとか細かいパンチを当てようと思ったら距離が遠くて自分のやりたいことができなかった。大きいのを狙っていくしかないなって感じだった。ヒザ蹴りを空振りさせて、そこを狙っていってという感じ」などと試合を振り返った。
そして「ルーザー級のベルトはレベルが低いので。選手たちが価値を上げないと、いいベルトにならないと思う。倒すだけじゃなく、技術的なところもアピールしていきたい。クルーザーは倒れるというのは3試合して証明できたと思う。個人の成長と階級の成長を楽しんでもらえるといい」などと王者としての今後の目標を語った。
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R
●清水 卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)(3R1分4秒、TKO)寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)◯
◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R
△内田 晶(チーム・タイガーホーク/拳聖空手)(判定0-1=29-30、29-29、29-29)吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R
◯璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-27、30-28、29-28)晃弘(K-1 GYM横浜infinity)●
◆第1試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(3R32秒、KO)中島千博(POWER OF DREAM)◯
◆第2試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●優谷(WSRフェアテックス西川口)(2R、TKO)SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)◯
◆第3試合/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
◯佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)森坂 陸(エスジム)●
◆第4試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯瑠久(K-1 GYM横浜infinity)(2R2分46秒、KO)松岡翔大(ISHITSUNA MMA)●
◆第5試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯朝久泰央(朝久道場)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)横山 朋哉(リーブルロア)●
◆第6試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
◯金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(30-28、30-29、30-28)林 勇汰(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)●
◆第7試合/K-1 KRUSH FIGHT女子-52kg契約/3分3R・延長1R
◯ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)(判定3-0=30-28、30-28、30-28)壽美(NEXT LEVEL渋谷)●
◆ダブルメインイベント第1試合(第8試合)/初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)(2R1分45秒、KO)RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)●
◆ダブルメインイベント第2試合(第9試合)/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
◯鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)(延長判定3-0=10-9×3 ※本戦0-0=29-29×3)左右田泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.