画像: 鈴木勇人が初防衛。敗れた左右田は引退を表明【8・31 K-1 KRUSH】

鈴木勇人が初防衛。敗れた左右田は引退を表明【8・31 K-1 KRUSH】

鈴木が左ミドルでペースを握る
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)で行われた「KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ」で王者・鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)が左右田泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)を相手に初防衛を果たした。
試合は1Rから鈴木の左ミドルが冴え渡る。左右田の右脇が早くも赤くはれていく。しかし左右田は1Rこそ左ミドルを被弾し続けたものの、2Rになるとそのミドルにパンチを合わせるなどすぐに対応。ローキックから左ボディーに右ストレートとパンチにつなげ反撃。
鈴木も左の蹴りをハイ、ミドル、ローと蹴り分け、そこにパンチを交え左右田に対抗する。
しかし徐々に左右田のボディーブローが効き始め、鈴木の蹴りが減ってくる。
延長にもつれる熱戦を鈴木がしのぎ勝つ
3Rに入ると左右田は鈴木の左ミドルを殺すべく、距離を縮めての削り合いに持ち込む。頭をつけて押し合いながらのパンチの打ち合いとなるが、どちらも下がらず手を止めずに打ち合っていく。
3Rが終わってジャッジは3者とも29-29で延長ラウンドへ。
延長戦でも2人は3Rの終盤同様に距離を詰めての削り合い。序盤こそ左右田が押し込む場面もあったが、後半は逆に鈴木が押し込む場面も。左右田も手を止めることなくパンチを繰り出すが、徐々に形勢は鈴木に傾いていく。
ゴングが鳴って両手を上げて勝利を確信する鈴木に対し、左右田は自らのコーナーに戻って大きく息をついた。
判定はジャッジ3者とも10-9で鈴木を支持。鈴木が難敵を下し、初防衛に成功した。
試合後のリングで鈴木は「今まで対戦した選手とは全然違くて、根性とかすごい伝わってきた。こんなに顔がボコボコになったのは初めて。これで自分もファイターだって胸を張って言えるようになったと思う。ベルトを獲ってからがスタートだと思っていて、これから自分の第2章が始まるのでよろしくお願いします」と挨拶。
左右田は試合後「気持ちがいい試合ができた。もう、終わりです」
試合時以外は常にマスクを着用している左右田だったが、判定が出てリングを降りるときにはマスクを脱ぎ、会見場にも素顔のまま現れた。どこか吹っ切れた表情の左右田は「すごい気持ちがいい試合ができた。延長は取られたと思いました。本戦が取れてたらなというのはあります。鈴木勇人というチャンピオンが相手だったからなのか、悔しいというよりも、出し切ってスッキリした。しんどい試合になるのは予想していたが、ここまでとは思わなかった」などと試合を振り返った。
鈴木については「鈴木勇人という人間がすごく好きで、試合が決まる前はちょこちょこ会ったりしていた。たまたま、行きつけの銭湯が一緒だったり。彼がジムに来たときに、僕がミットを持ったりもしていた。だから、スッキリした気持ちなのかなって思います」とかねてから親交があったことを明かした。
そしてマスクを脱いだことについて「もう、終わりです。だから、最後にみんなに挨拶しようと思って。そんな感じですね」と引退を表明した。最後も顔なじみの記者に改めて「鈴木は強かった」という言葉を残し、会見場を後にした。
鈴木は試合後の会見で「(左右田は)強かったです。あと、顔が痛いです。全部予定どおりの展開でした。あの展開になれば負けないと思ってた。最後は気持ちの戦いだと思っていた。いつもなら1Rを取って押し切れると思ったんですけど、左右田さんに巻き返された。強かったですね」などと試合を振り返った。
左右田が引退を表明したことについては「左右田さんはすごくいい方で、本当に尊敬していました。でも、勝負事は自分が蹴落としていかなければいけないので。左右田さんの意思をついで上に上がります。KRUSHの絶対王者になって、なおかつK-1のベルトを取りにいきたい」などと決意を新たにした。
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R
●清水 卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)(3R1分4秒、TKO)寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)◯
◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R
△内田 晶(チーム・タイガーホーク/拳聖空手)(判定0-1=29-30、29-29、29-29)吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)△
◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R
◯璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-27、30-28、29-28)晃弘(K-1 GYM横浜infinity)●
◆第1試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(3R32秒、KO)中島千博(POWER OF DREAM)◯
◆第2試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●優谷(WSRフェアテックス西川口)(2R、TKO)SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)◯
◆第3試合/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
◯佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)森坂 陸(エスジム)●
◆第4試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯瑠久(K-1 GYM横浜infinity)(2R2分46秒、KO)松岡翔大(ISHITSUNA MMA)●
◆第5試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯朝久泰央(朝久道場)(判定3-0=30-29、30-29、30-29)横山 朋哉(リーブルロア)●
◆第6試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
◯金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(30-28、30-29、30-28)林 勇汰(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)●
◆第7試合/K-1 KRUSH FIGHT女子-52kg契約/3分3R・延長1R
◯ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)(判定3-0=30-28、30-28、30-28)壽美(NEXT LEVEL渋谷)●
◆ダブルメインイベント第1試合(第8試合)/初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)(2R1分45秒、KO)RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)●
◆ダブルメインイベント第2試合(第9試合)/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
◯鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)(延長判定3-0=10-9×3 ※本戦0-0=29-29×3)左右田泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.