画像: 大阪大会で大金星の愛鷹が再戦でカリミアンの王座に挑戦【11・24 K-1】

大阪大会で大金星の愛鷹が再戦でカリミアンの王座に挑戦【11・24 K-1】

終始ピリピリムードのカリミアン
新体制になってからの初めての横浜大会となる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)の第1弾カード発表会見が9月6日、都内で開催された。
8月24日に開催された大阪大会で愛鷹亮に敗れたK-1 WORLD GPクルーザー級王者のシナ・カリミアンが早期のリマッチを要求したことから、同タイトル戦が開催されることとなった。
会見にはカリミアンはいつものサングラスにベルトを肩にかけ登場。対する愛鷹は「K-1のタイトルマッチなので敬意を表して」和装でびしっと決めて来た。
カリミアンは最初の2ショットを拒否し、早々に着席。いつにも増してのピリピリムードを漂わせた。
愛鷹は「タイトルマッチをやらせてくれてありがとうございます。これを目標に頑張ってきたのでうれしい。カリミアン選手はイランの英雄といわれ、国民にも慕われている選手。そこは希望を与えているので僕も尊敬するところですが、そこで物おじせず、自分も日本の英雄になりたいと思っている。勝ちます」と挨拶。
愛鷹の「チャンピオンにふさわしくない」に反論
カリミアンは「相手は前回の試合はついていたから勝てた。それでもお祝いを言いたい」とまずは静かな立ち上がり。
そして大阪大会の一夜明け会見で愛鷹がカリミアンが試合後に控室で暴れたことを挙げ「チャンピオンにふさわしくない」と発言したことについて「反論したい」と切り出し「私の試合を分析してくださった魔裟斗さんによると、あの日は私の日ではなかったと。ついていなかったということなので私はそれを信じています。愛鷹選手の空想の中では私はチャンピオンではないかもしれないが、私は去年のトーナメントでチャンピオンになった。そのあとの初防衛戦にも勝つことができた。愛鷹選手にはたまたま勝った試合の喜びを味わってほしい。しかしそれはそんなに長くはないと思う。そしてチャンピオンの悪口を言うのはやめてほしい」などと静かなトーンながらも怒りを漂わせながら語った。
そして前回の敗因については「興味深い質問。言い訳はしたくないが、彼はたまたま勝っただけ。私は外国の地で、慣れない過酷な環境の中で試合に臨んだ。精神的にもいい状況ではなかった。魔裟斗さんが言うように私は多くのテクニックの持ち主だが、すべてを見せることができなかった」などと重ねて愛鷹の勝利は偶然であると主張した。
愛鷹は「あまり格好よくない」とこの日もばっさり
このカリミアンの一連の発言について愛鷹は「あんまり格好よくはないですよね、今、聞いていても。あまり言いたくないですが、俺らは格闘家ですし、勝った負けたは五分五分であること。その試合後の話でどうこう言うのはあまりカッコいいものではない。もっとK-1王者らしく振る舞ってほしい」などと一夜明け会見と同様の主張を繰り返した。
これにはカリミアンも「彼に対しては言いたいことを言っただけ。今まで私には発言する機会がなかった。カッコ悪いと言われても仕方がない。私は彼が勝ったことにお祝いを申し上げたし、自分のインスタグラムで負けたことを多くの人に伝えたし、非も認めている。私が一番気にしているのは日本のファンが大勢応援してくれるのに、その人たちを喜ばせることができなかったのが一番悲しいこと」などと反論した。
また愛鷹は今回の試合については「前回はノンタイトル戦で、そんなに自分の名前が売れていなくて、油断していたと思う。その油断が練習に出ていなかったということはないと思う。今回はタイトルを賭けて戦うので100%で来ると思う。より強いカリミアンと戦うことになると思うので、自分はそれを超えて3倍練習して3倍強くなって必ずタイトルを獲ります」とタイトル奪取に意欲を見せた。
またこの日は合わせて、先日、村越優汰が返上した王座を争う「K-1 WORLD GP 第3代フェザー級王座決定トーナメント」の開催とK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊が復帰戦を行うことが発表された。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部弘嵩 vsブランドン・スぺイン(オーストラリア/Spain’s Muay Thai Gym)
◆K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
(日本/team ALL-WIN)安保璃紅 vsジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)江川優生 vsホルヘ・バレラ(スペイン/Team Jesus Cabello)
◆K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)西京春馬 vsアーサー・メイヤー(フランス/Singpatong Phuket)
◆K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン vs愛鷹亮(挑戦者/日本/ K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
〈出場決定選手〉
武尊(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.