画像: 「ディセンダント」のダヴとブーブーがファンミ! ハートに投げキッスで「大好きー!」

「ディセンダント」のダヴとブーブーがファンミ! ハートに投げキッスで「大好きー!」

米人気テレビ映画シリーズの最新作『ディセンダント3』に主演するダヴ・キャメロンとブーブー・スチュワートが来日、9日、都内でファンミーティングが行われた。
ダヴとブーブーは、2階席まである会場をぎっしりと埋め尽くしたファンの大歓声のなか登場すると、大きな舞台の右端と左端を順番に行き来し、投げキッスをしたり指で大きなハートマークを作ったりして、笑顔を振りまいた。
2度目の来日を果たしたダヴは開口一番「大好きー! 愛していまーす!」と日本語であいさつ。そして「日本に来られてうれしいです。世界中で一番好きなの」。
一方、ブーブーは今回が初来日。「日本の人はみんな優しくて親切で、素晴らしいんだ」と、端正な顔をクシャっとさせた。
ファンミーティングの前に、2人で原宿に繰り出したといい、イベントでは原宿でプリクラを楽しむ様子を写真つきで紹介。その様子が、スクリーンに映し出せると、2人は体をねじって大笑い。プリクラを気に入ったようで、司会者がプリクラを撮影場所に置いてみたらどうかとユーモアたっぷりに提案すると、「それはいい考えね!」とダヴ。「でも、きっと1日中プリクラをやってるわ」と、話した。
ブーブーはプリクラ以外にも初めての日本を満喫しているよう。「朝は和朝食を食べました。みそ汁と魚と......あと何か分からないけど素晴らしかった。これまで魚を全然食べなかったんですけど、きちんと魚を食べました。お昼にはお寿司を食べてびっくりするぐらいおいしかった」。司会者によれば、朝の魚は西京焼きだったよう。
シリーズは、悪名高いディズニーのキャラクターを親に持つ子どもたちが繰り広げる物語で、善と悪の狭間で揺れる心の葛藤を描くコンセプトや、歌やダンスで話題。ダヴは「眠れる森の美女」でオーロラ姫に呪いをかけた魔女マレフィセントの娘マル、ブーブーは「アラジン」で王国支配をたくらむ大臣ジャファーの息子のジェイを演じている。
最新シリーズも見どころがふんだん。ダヴは「楽屋でブーブーとも話していたんですが、一番楽しく踊れるのは『Good to Be Bad』だと思うんです。元気になるし、私たちも楽しくて、みんな好きになってくれるといいな」と、にっこり。ブーブーによれば、当初キャストがダンスする予定じゃなかったシークエンスを振付師らに頼み込んで、自ら踊っているという。
この日は、お笑いトリオのジャングルポケット、岡田結実、生見愛瑠も登壇して、おもてなし。みんなで、ヒット祈願を兼ねて、タピオカミルクティーの入った樽を鏡割りした。
『ディセンダント3』は、ディズニー公式エンターテインメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」で9月13日から先行配信される。
■Disney DELUXE公式サイト:https://www.disney.co.jp/deluxe.html
■Disney DELUXE公式Twitter:https://twitter.com/disneydeluxejp

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.