画像: テーマは「もっとつながる。もっとたのしい。」 東京ゲームショウが12日に開幕!

テーマは「もっとつながる。もっとたのしい。」 東京ゲームショウが12日に開幕!

最新ゲームやゲームに関する情報が世界から集まる「東京ゲームショウ2019」が12日、幕張メッセで開幕する。4日間の日程で、12・13日がビジネスデイ、14・15日が一般公開日となる。8月28日時点で、出展小間数は2417、出展社数は655、出展タイトル数は1368となり、過去最大規模での開催となる。
「もっとつながる。もっとたのしい。」がテーマ。家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなどさまざまなプラットフォームに向けて、新作ゲームやeスポーツに採用されるタイトル、VR(仮想現実)に対応した最先端のゲーム、ゲームをより楽しむためのアイテムや情報も国内外から幕張メッセに集結する。
1300を超える出展タイトルのなかでも、最も注目を集めているひとつがスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーVII リメイク』(2020年3月3日発売予定)。ブースでは、いち早く試遊ができる。スクウェア・エニックスでは、27日に発売が迫った『ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて S』『ファイナルファンタジーXIV』など注目のタイトルが登場する。
eスポーツ人気も今年の東京ゲームショウに反映されている。ゲーム、関連アイテムを含めた出展スペースが増えた。eスポーツステージ「e-Sports X(イースポーツクロス)」では、一般公開日に『パズドラ』『DEAD OR ALIVE 6』『ストリートファイターV アーケードエディション』など8タイトルの大会を実施。中学生以下の子どもと家族のための専用エリア「ファミリーゲームパーク」でも、小中学生を対象にしたe-スポーツ大会も行われる予定だ。
コスプレをテーマとしたステージショー「Cosplay Collection Night @TGS presented by Cure WorldCosplay」(14日開催)では、200人を超える国内外のコスプレイヤーがパフォーマンスを繰り広げる。コスプレを披露したり、撮影ができる「コスプレエリア」も設けられる。
イベントの様子はTGS公式動画チャンネルでも見られる。日本語版は「You Tube」「Twitter」「niconico」「Facebook」「OPENREC」。英語版、中国向けの配信もある。
東京ゲームショウの一般公開日は14、15日の2日間。10〜17時。前売券は1500円、当日券は2000円。小学生以下は無料。ファミリーゲームパークは、中学生以下と同伴保護者は入場無料。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.