画像: 田中要次「この番組に導かれたのかな」紀行番組『離島酒場』3代目旅人に就任

田中要次「この番組に導かれたのかな」紀行番組『離島酒場』3代目旅人に就任

CS放送の旅専門チャンネル「旅チャンネル」にて、各地の離島を訪ねて地元の居酒屋で島ならではの酒と肴を味わう紀行番組『離島酒場』。11月から放送する新シリーズ、シーズンIIIのナビゲーターが俳優の田中要次に決定した。初回放送となる礼文島ロケを終えた田中が都内で取材会に登場し、旅好きの間で近年人気上昇中の離島の魅力と、番組にかける意気込みを語った。
今回の旅では北海道の稚内沖に浮かぶ礼文島を回ったという田中。離島について「都会ほど交通の便がいいわけではなく、朝に飛行機や船が出なかったら1日動けなかったりする。島にいたらタイトなテンポで生活していると対応できないし、時間に対する大らかさがないと生きていけない」と語る。
実際に旅の洗礼も受けたそうで「ロケが終わった翌日の朝イチの飛行機で千歳空港に飛ぶはずだったんですが、欠航になってしまって。その日のうちに東京に戻るのは難しいと思っていたら、この番組の構成作家さんが時刻表を見るのが得意な方で、フェリーを乗り継いで稚内に行くと羽田の直行便に乗れるというルートを編み出してくれて。予定の便が欠航したことによってもっと早く帰れました(笑)」。離島ではそうしたハプニングも醍醐味といい、「帰ってくるまでを表現したほうが盛り上がったりしてね(笑)」とニヤリ。
礼文島で田中が出会った味覚に板ウニ(粒ウニ)があり、その味わいを「塩で挟むことによって味つけされていて、水分が抜けているので生ウニと同じ体積でもウニそのものは倍以上ある。飲み込んだ後に口に残る濃厚感は、普通のウニと違って染み渡る感じ。あれ、なんで番組の時にこういうこと言えなかったんだろう(笑)」と表現する。
また、離島ならではのものとして「島の信号はすぐ変わりますね。押したらすぐ黄色になる(笑)。だいたい学校のそばにあって、将来信号のある街で暮らすかもしれない子どもたちに覚えてもらうためのもの。だから、島では信号機のボタンを試してみます(笑)」と“離島あるある”を披露。
田中の旅の必需品は、カメラと御朱印帳だという。カメラは、独自の視点にも役立っており「立ったり座ったりしてる状態から見たものは誰が撮っても同じ画になるんですけど、俯瞰で見たりしたから見上げたりすると、また違って見えたり。名所と言われる場所でも、違うアングルがあったらおもしろいですよね」。
御朱印帳は「(テレビ東京系)『バス旅(ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z)』の神社でいただいて、最初の頃は持ち歩いて時間があったら寄りたいなと思ってたんですけど、そういう感覚を楽しむと視聴者が怒るみたいで。なんなんだ、あの番組は(笑)。そういう意味ではこちらは本当にゆっくりできて」と苦笑い。
長野県出身の田中だが、「最寄駅が“木曽福島”で、母の実家のバス停が“島”っていうんですよ。だからこの番組に導かれたのかなって。海なし県と言われる場所で、なぜか“島”という地名の場所で生まれ育って、島を巡ることになっている。『海のない島育ち』を僕のキャッチフレーズにしていきたいですね(笑)」とアピールした。田中が3代目旅人を務める「旅チャンネル」の『離島酒場』、新シリーズの初回放送は11月16日午前9時30分からスタートする。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.