画像: キアヌ・リーブス、忍者の「印」を結ぶ表情が真剣すぎる!

キアヌ・リーブス、忍者の「印」を結ぶ表情が真剣すぎる!

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』ジャパンプレミアが10日、都内にて行われ、主演のキアヌ・リーブスとチャド・スタエルスキ監督、そしてきゃりーぱみゅぱみゅがサプライズゲストとして登壇した。
キアヌが伝説の殺し屋を演じる人気アクションシリーズの最新作。前作のプロモーションから約2年ぶりの来日となったキアヌは「ハロー、トーキョー! コンバンワー!」と日本語で挨拶し会場を盛り上げた。
この日は劇中に自身のヒット曲『にんじゃりばんばん』が使用されているきゃりーが花束を持って登場。忍者風衣装で現れたきゃりーにキアヌは「忍者ドレスが最高だね! 」と大喜び。「作品も拝見してすごく興味を持ちました。エンターテインメントでありながらすばらしい哲学がこもっていると思います」と絶賛した。
「スリルやアクションもすごいのですが、日本をモチーフにしているところがたくさん出てくるので、そこもぜひ注目してほしい」ときゃりーが言うように、本作の劇中には、キアヌが演じるジョン・ウィックが寿司店で日本刀を持った暗殺者と戦うシーンも。スタエルスキ監督は「キアヌも僕も黒澤明監督のサムライ映画が大好きで、日本のマンガやアニメ、武道にも感銘を受けていて、今回もいろいろ使わせてもらったんです」と日本文化愛を語り、キアヌも「僕が日本から受けた影響や情熱をこうして作品としてお返しできるのはとてもうれしいです」と笑顔を見せた。
さらにこの日は、江戸隠密武蔵一族の弥圓佐助が登場。「臨・兵・闘・者・皆・陳・裂・在・前」と唱えながら手刀を切るという、忍者の「印」を結ぶ動作を披露し、キアヌやきゃりーも一緒に挑戦。真剣な表情で「エイッ!」とポーズを決めると、会場からの喝さいに照れていた。
映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.