画像: 東京大塚のれん街で足水しながらビアガーデン/9月11日(水)の東京イベント

東京大塚のれん街で足水しながらビアガーデン/9月11日(水)の東京イベント

大塚駅北口の“古民家10棟丸ごと”呑み食い横丁「東京大塚のれん街」にて、足水で涼を取りながらビールをはじめとしたドリンクやフードが楽しめるスポット『Water&Beer【水ba】(みずば)』がオープンしている。
“水ba”は従来のビアガーデンに掘りごたつ風の足水をプラスし、ひんやり冷えた足水に浸かりながら、ビール片手に裸足の付き合いを楽しめる。会場では常時キッチンカーが軽食を提供するほか、隣接する「東京大塚のれん街」から料理をデリバリーすることも可能だ。
昔懐かしいチンチン電車、都電荒川線の通過するエリアに広がる「東京大塚のれん街」は、古民家再生と飲食業の活性化をテーマとしたプロジェクト。古民家の持つ風情を最大限に活かしながら「新しいコト」を提案している。ノスタルジックなロケーションに海鮮居酒屋、たこ焼き、江戸肉酒場、焼きとんなど個性あふれる11店舗が軒を連ね、ついはしご酒をしたくなる。
最寄りの「星野リゾート OMO5 東京大塚」が入る「ba01」地下スペースには卓球×ガストロパブがコンセプトの「ping-pong ba」もオープンしており、会社帰りの一杯やデートスポットにもぴったりだ。今夜は『Water&Beer【水ba】』で、夏の名残を惜しみつつ足水とビールの夕涼みはいかがだろうか。
『Water&Beer【水ba】』
【期間】2019年7月26日(金)〜9月30日(日)
【時間】16〜23時(L.O.22時30分) ※雨天時休業、混雑時は時間制
【料金】300円+ワンドリンクオーダー
【会場】「東京大塚のれん街」内(東京都豊島区北大塚2-28)
【URL】https://www.otsuka-norengai.com

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.