画像: 西京の王座に挑戦のぺタスが「3度目はない」と不退転の決意【9・16 K-1 KRUSH】

西京の王座に挑戦のぺタスが「3度目はない」と不退転の決意【9・16 K-1 KRUSH】

スーパー・フェザー級タイトルマッチで西京とぺタスが1年5か月ぶりに再戦
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)の前日計量が9月15日、都内で開催され、全選手が規定体重をクリアした。
同大会のメインでは「K-1 KRUSH FIGHT スーパー・フェザー級タイトルマッチ」が行われる。
計量後に行われた会見には王者・西京佑馬と挑戦者のレオナ・ぺタスが出席した。
2人は昨年5月に対戦し、ぺタスが判定勝ちを収めている。王者の西京にとっては初防衛戦ではあるがリベンジマッチでもある。ぺタスにとっては2017年にトーナメントの決勝として同タイトルに挑んだが安保璃紅に敗戦。2年4カ月ぶりに巡ってきたチャンスとなる。
ぺタスは「僕は2度目のタイトルマッチ。1回目は失敗して負けてしまったが、今回は何が何でも獲らないといけないと思っている。絶対に何があっても獲ろうと思っています」とベルトへの並々ならぬ執念を見せた。
西京「1Rからお互い前に出てくる厳しい試合になる」
一方の西京は「今回の試合に向けて調整も減量もうまくいった。レオナ選手も調子がよさそうなので、明日は楽しみ」と淡々と応じる。
1年5カ月ぶりに計量で対峙したのだが「向かい合って、仕上がっていると思ったが、僕のほうが成長していると感じたので絶対に勝てるんじゃないかと思う」というぺタスに対し、西京は「(ぺタスの)体はあまり見ていないので分からない」と好対照な反応を見せた。
しかし試合展開についてはぺタスが「倒す練習はしてきたが、練習と本番は違う。もしぐだぐだな試合になっても延長まで戦えるスタミナはつけてきたし、どの場面になっても勝てると思っている。自信しかない。自分が勝つことに変わりはないと思っている」と言えば、西京も「多分1Rからお互い前に出てくる厳しい試合になると思う」とシビアな戦いになることを予想した。
世代間抗争ではなく「実力がある者同士の試合」
ぺタスは現在27歳で30戦のキャリアを誇る。対する西京は18歳。先日行われたK-1横浜大会の会見で卜部弘嵩が20代前半の選手との戦いについて「対新世代」というテーマを掲げたのだがぺタスは「僕はもう27歳ですが、まだ若いと思っているし、成長していると思っているし、まだまだ伸びしろはあると思っている。年齢にとらわれてはいない。西京選手は若くていい選手だとは思うが新世代とは思わないし、僕は自分のことをベテランとも思っていない。ただ実力がある者同士が戦うとしか思っていない」とし、一般的に若い選手に伸びしろを感じる風潮には「若い選手のほうが成長力があると思われがちだが、僕は格闘技歴が全然なく、僕より西京選手のほうが格闘技歴は長いと思う。そこに追いつけるように練習をしてきている。現役が長くなればなるほど、僕のほうが成長する率は高いんじゃないかと思っている」と真っ向反論した。
またこの試合はタイトルマッチでもあり、リベンジマッチでもあるというテーマが豊富な試合となるが、ぺタスは「僕は本当にKRUSHのベルトが欲しいと思っていた。プロデビューしてから7年間追い続けてきたベルトなので絶対に獲りたいと思っている。もしここで負けて、3度目というのはやりたくないので、絶対に負けない。ここで勝って、自分が一番強いということを証明したい。明日は何があっても僕がチャンピオンベルトを獲るので、信じて応援してください」と改めてKRUSHのベルトへの思いを語った。
西京も「同じ相手には2回負けられない。しっかり勝って次につながるような試合がしたい。明日は必ず、リベンジと防衛を果たします」と応じた。
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
八木正樹(ジムWSRフェアテックス三ノ輪)VS水津空良(優弥道場)
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHTバンタム級/3分3R
藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)vs鈴木力也(K-1ジム総本部チームペガサス)
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
足利和正(TEAM Aimhigh)VS藤田義文(優弥道場)
◆第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
倉崎昌史(GET OVER)vs安達元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆第2試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)vs関川和将(DTS GYM)
◆第3試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB)vs周藤亮太(Fighting Kairos)
◆第4試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
山際和希(谷山ジム)vs松本篤人(バンゲリングベイ・スピリット)
◆第5試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
伊澤 波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs髙橋直輝(若獅子会館)
◆第6試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)vs西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
◆第7試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
里見 柚己(K-1 GYM横浜infinity)vs横山 巧(リーブルロア)
◆セミファイナル(第8試合) K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
大沢 文也(TANG TANG FIGHT CLUB)vsワン・ジーウェイ(中国/遼寧創新ジム)
◆メインイベント(第9試合) K-1 KRUSH
FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vsレオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM
TOP ZEROS)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.