画像: 宇垣美里がスパイダーマン愛たっぷり語る! ジェイコブ「そこまで考えたことない!」

宇垣美里がスパイダーマン愛たっぷり語る! ジェイコブ「そこまで考えたことない!」

大ヒット映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のブルーレイ&DVDのリリースが決定し、16日、都内で行われた大ヒット祈願イベントにジェイコブ・バタロンが出席した。イベントにはフリーアナウンサーの宇垣美里も登壇、あふれんばかりのスパイダーマン愛を語った。
ジェイコブは、主人公ピーターの親友ネッド・リーズ役で出演。大きな体を揺らしながら登場すると、「みなさんの応援がなければ、この場所にはいなかった。これからもアメージングなスパイダーマンを作り続けていきますので、楽しみにしていて」とあいさつした。
宇垣は、大きなだるまのプレゼントを持って加わり「スパイダーマン、ピーターにネッドが居て本当に良かったと思うんです。一番の親友のネッドが居てくれるからピーターは帰ってくると思う。今日はお会いできてうれしいです」と、キラキラした笑顔を見せた。
宇垣はアメコミのヒーローたちに強い思い入れがあることで知られる。トークの中で、司会者にそのことについて聞かれると「特にマーベルのヒーローたちって完全無欠じゃないところが好き。人間的に未成熟な部分があったり、どうしても悩んでしまう部分があったり、でも大きな使命を持っていて......その揺らぎが描かれている部分がたくさんある。その部分を見るのが好きです。私たちと変わらないのに、彼らはこんなに大きなものを背負って、それでも立ち上がるのだから、私たちも頑張らなければと見るたびに思わされます。だから大好きです」。
熱っぽく語った宇垣に、ジェイコブは「奥深い、ものすごい聡明な解釈をされていましたけど、僕はそこまで考えたことがなかった」と、驚いていた。
イベントではジェイコブがファンからの質問に答えるコーナーも。「アドリブをしたシーンは?」という質問には「飛行機のシーンは、ほとんどセリフがなかったこともあってその場でいろいろ指示を受けました。セリフがあるところは、結構アドリブのシーンは多かったですね」と、話した。
撮影では、ヴェネツィア、ベルリン、ロンドンなどヨーロッパの美しい都市を訪れ、空き時間を見つけては街を探検したという。初めての日本、東京でも同じのようで、「昨日は秋葉原、渋谷、明治神宮に行って、ディナーは権八でした。買い物をしまくっています。クールなストリートファッションや、ガンダムとかドラゴンボールZとか...おもちゃも大好きなんです」と話し、次々とキャラクターの名前が飛び出して、通訳を苦笑いさせた。
「秋葉原ならではのDVDーBOXとかたくさんあったり、フィギュアもたくさんあってワクワクしますよね」と宇垣が共感すると、「そうなんだよ! 僕のオタクの夢が叶っているよ! アメージング!」と話し、滞在を満喫しているようだった。
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、主人公のピーターらが夏休みに旅行に出かけたヨーロッパでさまざまな敵に立ち向かっていくストーリー。
ブルーレイ&DVDは12月4日にリリース。デジタルでは11月6日から先行配信。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.