画像: 松岡茉優、松坂桃李に「最初はバンビのようでした」。“天才”への変貌ぶりを絶賛

松岡茉優、松坂桃李に「最初はバンビのようでした」。“天才”への変貌ぶりを絶賛

映画『蜜蜂と遠雷』完成披露イベントが16日、都内にて行われ、出演の松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士と石川慶監督が登壇した。
原作は恩田陸による同名ベストセラー小説。国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す4人の若きピアニストたちのドラマを描く。劇中に登場する多彩な楽曲を、河村尚子ら世界で活躍する日本最高峰のピアニストが奏でる。
この日は映画にちなみ、スタンドアップ・オーケストラによる演奏で幕開け。シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」第4楽章のあと、キャストたちが登場。2曲め、サティの「ジュ・トゥ・ヴ」のメロディーと盛大な拍手に包まれ会場を歩いてステージに上がった。
「我々にとって挑戦というより戦いのような映画でした」と振り返った主演の松岡。原作者からの絶賛の言葉に「音が頭に鳴り響くような素晴らしい本でした。たくさんの方が映像化したかったと思うのですが、東宝さんがその権利を得、栄伝亜夜を主人公にすえると決め、多くの若手女優がいる中、私を亜夜役に起用していただいた。奇跡の連続で私のところまでこの役が届いたからには、恩田先生に納得していただける作品にしなければならないと強く決意していました」と振り返った。完成した作品について「撮影監督もポーランドの方で、映像も日本映画離れしていますし、クラシックといっても縦ノリできるというか音楽が好きな人なら楽しめる楽曲も多く、新しいクラシック映画ができたかと思っています」と胸を張りつつ「大きなこと言っちゃった(笑)」と照れ笑い。
天才ピアニストを演じたキャストたちに石川監督は「本人が弾いて見えるシーンではCGなど使わず、本当にキャストが弾いています」と明かし「あれだけ、音楽のことを描ききった小説もそうないので、音楽については妥協しないと決め、キャストの皆さんにも無茶振りをしてしまったが、自信を持って皆さんにお届けできるものができたと思います」と迫真の演奏の演技を称えた。
その無茶振りについて松岡は「私は小さいころにピアノを習っていたので、マンツーマンで教わりながらうたた寝をしてしまうような不真面目な生徒ではあったのですが、根気よく教えていただいたおかげで鍵盤になじんではいました」と明かしつつ「松坂さんと鈴鹿くんは鍵盤に触れるのも初めてだったそうで、鈴鹿くんの練習方法がすごくかわいくて」と鈴鹿に話を振ったが、映画初出演、舞台挨拶も初体験という鈴鹿はとつとつと「僕は楽譜が読めないので、紙に鍵盤を書いて...音ゲーみたいにして...」と説明。それを共演者たちがフォローするというほほえましい光景に会場も笑い。
同じピアノ初心者の松坂が「ほぼ触ったこともない状態からだったのでなかなかのハードルの高さでした。先生から“ドはどこでしょう”と聞かれ“ここですかね”、“それはファですね”、“ファー!”みたいな(笑)」とレッスン当初を振り返ると、その様子を垣間見たという松岡が「失礼ですが、バンビみたいでした。立ち上がる子鹿みたいな。そこからのあの演技、あのときのバンビはなんだったのかと」と笑いを交えつつ称えると、松坂は「だましだましやっております」と苦笑。
王子キャラの役どころを演じる森崎は「自分でも音楽流行っているのですがクラシックはほぼ経験がなかったんです。最初に監督から、本番は全部弾いてもらうから、と言われ私も負けず嫌いなもので音楽教室にも通って練習しました。自分でもセンスはあると思います」と胸を張ると松岡から「ウィンくんファンの方は、今まで見たことのない森崎ウィンが見られると思います」と口を添えた。
さらにこの日はコンクールに立ち向かう物語にちなみ“今、戦っているもの”を質問。松岡は「本作の宣伝として期間限定でインスタグラムを開設したんですが、若手女優群雄割拠の1人としては、フォロワー数がちょっと足りない」と、フォロワー数を増やすため日々戦っていると語った。
松坂は「戦い終わったんですが、事務所との戦いが」と切り出し、登壇者と会場をざわつかせたが「お仕事をさせていただくようになって10年、アウトプットの連続で息つく間もなかったので...」と、休暇の許しを得たことを明かし、松岡は「私のフォロワー数の話が飛んだ」と苦笑していた。
映画『蜜蜂と遠雷』は10月4日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.