画像: レオナ・ぺタスが悲願のベルト獲得。「母のためにベルトを獲ると決めていた」【9・16 K-1 KRUSH】

レオナ・ぺタスが悲願のベルト獲得。「母のためにベルトを獲ると決めていた」【9・16 K-1 KRUSH】

王者・西京佑馬に2-0の判定勝ち
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)のメインで行われた「K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で挑戦者のレオナ・ペタスが2-0の判定で王者・西京佑馬を破り、悲願のKRUSH王座を獲得した。
ペタスは1R序盤からローキックや前蹴りで距離を制してはパンチで西京を追い込んでいく。
ペタスのローにパンチを合わせる西京だが、ペタスの勢いは止まらない。ペタスはプレッシャーをかけてコーナーに詰めると飛びヒザからパンチの連打。西京もパンチの連打を返すが、ここで会場には大レオナコールが沸き起こる。
なおもぺタスがコーナーに詰めるが西京は巧みに体を寄せてクリンチでしのぐ。
ブレイク後にパンチを放った西京がバランスを崩すとぺタスはすぐに追いかけ飛びヒザを放つなど1Rは完全にぺタスのペース。
3Rの西京の反撃をしのぎ切る
2Rに入ってもぺタスがプレッシャーをかける展開は続くが、徐々に西京も反撃を見せる。しかしぺタスは押し込まれても西京の頭が下がったときにヒザを突き上げるなど、ペースは渡さない。西京のミドルの打ち終わりにパンチをまとめるが、ここは西京ががっちりとガードを固めしのぎ切る。
3Rは西京が前に出る。西京はぺタスのミドルにフックを合わせると、ぺタスのボディーストレートにもパンチの連打を合わせるなど、ここにきて有効打が続くが、フィジカルで勝るぺタスは前に出てはパンチを放ち、前蹴りで距離を取り、一方的に攻撃を許すことはない。
最後まで打ち合った2人だがともに決定打を放つことはできず試合は判定に。1人が29-29としたが2人がぺタスを支持し、2-0でぺタスが勝利を収めた。2人は昨年4月に対戦し、ぺタスが判定勝ちを収めており、これでぺタスの2連勝となった。
試合後のリングでぺタスは「7年間ずっと追い続けて、甥っ子姪っ子、教えている子どもたち、支えてくれているチームのみんなに頑張ればチャンピオンになれるということをずっと証明したくて頑張ってきました。そこに来ているうちの母親の体調が悪かったんですけど、このベルトをお母さんにあげたくて頑張りました」と話し、フォトセッションではリングサイドで声援を送っていた母親にベルトを渡し1枚の写真に収まった。
「もっと欲しいベルトがあるんで、それを獲りに行こうかなと思う」
試合後の会見では「1回目にやった時よりもめちゃくちゃ強くなっていて危なかった。ギリギリ勝てた。1Rに、何をもらったか分からないが、膝が抜けたようになったが、母のためにベルトを獲ると決めていたんで気合でやった。2、3Rも相手に分からないように気合で戦った。1、2Rは絶対に取れたと思った。それで3Rは倒しに行こうと思ったんですけど、そこはまだ自分の甘いところで、守りに入ってしまった。チャンピオンになるんだったら倒しにいくところなんですけど、それは次回以降にチャンピオンとして使命を果たそうと思います」などと試合を振り返った。
念願のベルトを巻いたぺタスだったが「もっと欲しいベルトがあるんで、それを獲りに行こうかなと思う。いつも言ってるが、僕はこの階級で自分が一番強いと思っている。このベルトを守りつつ、同じ階級の選手を一人残らず倒せば自分が一番強いことを証明できると思う。防衛期限もありますけど、それよりも早い期間で防衛戦をやってもいいんで、僕とやりたいヤツは徹底的に潰そうと思います。7年間ずっとこのベルトを目標にやってきて、レオナ・ペタスの第一章に終止符を打つことができたと思います。第二章はこのベルトを守りつつ、このベルトと一緒に上のベルトを獲りに行こうと思います」とK-1のベルト獲りを今後の目標に掲げた。
初参戦の西元が名刺代わりの強烈ハイキックでKO勝ち
この日、スーパー・フェザー級では「友尊vs西元也史」の一戦も行われ、西元が1R1分52秒、右ハイキック一発でKO勝ち。KRUSH初戦で強烈なインパクトを残した。
友尊は前戦で元スーパー・フェザー級王者の郷州を破るなど現在2連勝中。対する西元は勝利はすべてKO勝ちのハードヒッター。
試合は開始早々から緊張感のある攻防を展開。友尊の鋭いローにミドルが西元を襲うが、西元も三日月蹴りで反撃。西元がジリジリとプレッシャーをかけ下がらせたところで狙いすました右ハイキック一閃。友尊の首筋にピンポイントでヒットし友尊は大の字にダウン。レフェリーがすぐに試合を止めた。
西元は試合後のリングで「上を目指してもっともっと頑張っていく」とアピール。スーパー・フェザー級にまた新たな強者が現れた。
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
△八木正樹(ジムWSRフェアテックス三ノ輪)(判定0-1=28-29、29-29、29-29)水津空良(優弥道場)三角
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHTバンタム級/3分3R
◯藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(判定2-0=30-29、29-29、30-29)鈴木力也(K-1ジム総本部チームペガサス)●
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
◯足利和正(TEAM Aimhigh)(3R2分19秒、KO)藤田義文(優弥道場)●
◆第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定2-1イコール30-29、29-30、30-29)安達元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)◯
◆第2試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
●竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)(1R41秒、KO)関川和将(DTS GYM)◯
◆第3試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB)(1R1分59秒、KO)周藤亮太(Fighting Kairos)●
◆第4試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●山際和希(谷山ジム)(延長判定1-2 ※本戦0-0=30-30、29-29、29-29)松本篤人(バンゲリングベイ・スピリット)◯
◆第5試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
◯伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長判定3-0イコール10-8、10-8、10-8 ※本戦0-1=29-30、29-29、29-29)髙橋直輝(若獅子会館)●
◆第6試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)(1R1分52秒、KO)西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)◯
◆第7試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
●里見 柚己(K-1 GYM横浜infinity)(1R2分47秒、KO)横山 巧(リーブルロア)◯
◆セミファイナル(第8試合) K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
◯大沢 文也(TANG TANG FIGHT CLUB)(1R2分21秒、反則)ワン・ジーウェイ(中国/遼寧創新ジム)●
◆メインイベント(第9試合) K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-0=29-28、29-29、30-28)レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)◯

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.